人気記事:全てのタイ・リーグファンに捧ぐ!今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2020

トンローの中華風居酒屋【TAKAKI】で「あの」ラーメンが食べられる!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【TAKAKI】

です!

こちらのお店ですが、コロナウィルスの影響で店内での飲食ができなかった頃、そう、持ち帰りかデリバリーしかできなかったあの頃です。

そんな持ち帰り生活の時に、ツイッターで

『予算〇〇バーツでお任せしますとかいう注文を受付してくれるお店ってないですかね』的なツイートをしたところ、真っ先に反応してくれたのが【TAKAKI】でした。

で、実際予算1,000バーツ(約3,500円)でお願いしたら、それこそ食べきれないくらいの量で。
その時の様子はこちらの記事をどうぞ!

5月ですよ奥さん!どうも、きーきあっです。2020年3月22日(日)から、コロナウィルスの影響により、バンコクではデパートをはじめとした商業施設などが全て閉鎖となりました。閉鎖対象の中には飲食店も含まれており、飲食店は持ち帰りやデリバリーのみ営業可能とな...

 

それ以来お店に行って食べたり、そこでお店の方とお話ししたりする機会があり、だいぶ仲良くなったわけなんですが、そんな【TAKAKI】が少し前からツイッターのTLによく出てくるようになりまして。

理由はこちら。

スクンビットソイ24の【ライブキッチン天翔】の井上虫歯二本さんが監修したラーメンが食べられるんです。

【ライブキッチン天翔】といえば、本来はラーメン屋さんではなく高級和食屋さんなのですが、会員証を作って会員しかそのラーメンが食べられないというシステムが物議をかもした話題になったお店です。

僕は残念ながらそちらのお店を訪れたことはなく、当然会員でもないのでそちらのラーメンが食べられないのですが、【TAKAKI】では会員でなくてもそのラーメンが(正確に言うとそのラーメンに近いものが)食べられるのだと。

【ライブキッチン天翔】のラーメンを食べてみたいけど、会員じゃないから食べられない、でも食べたいという人が【TAKAKI】に行くという、そんな流れで話題になったのでした。

そうなると、僕も食べてみたいなということで、先日行ってきました。

ちょうど僕が訪れた時にそのラーメンを改良しようかという日で、色々面白いことがあったので、そちらも併せて紹介しちゃいますね。

そうそう、お店の方と知り合いにはなりましたが、ちゃんと自腹を切って食べてますし、PR記事として書くつもりはない(この書き方だと逆にお店に失礼か?)のでその辺は勘違いなさらないよう。←って書くと何か逆に怪しい感じになるな

【TAKAKI】への行き方

お店の場所ですが、スクンビットソイ55、トンロー通りをスクンビット通りからずーっと奥に進んだ右手側にあります。
もう少し行ったらペッブリー通りだよってくらい奥です。

BTSトンロー駅からだと徒歩25分くらいかかるので、バイタクとかシーローとかで行くのがよろしいかと。

お店の外観はこんな感じです。って、この日は元々ブログ記事を書こうかどうか決めてなかったので、お店の外観とか店内の写真は撮ってませんでした。

なので、前回いや前々回の画像を使い回します。

地図も載せておきますね。

話題のラーメンを食べる前に・・・

実はこの日、【TAKAKI】を訪れた目的は2つ。1つはその話題のラーメンを食べること。
そしてもう1つの目的もあったのですが、その前に。

実はこの日、【TAKAKI】のメニューをリニューアルするべく、料理の写真を撮る作業を行っていまして。
僕の他に2名集まっていて、そのうちの1人が写真撮影係。そして写真撮影を終えたものを食べるという流れになっていました。

話題のラーメンを食べる前に、色々な料理を食べなければならないというハードルが課せられたわけですが、僕からしたらむしろラッキーだし、僕が置かれた役割は理解したので、遠慮なくいただくことにしました。

こちらはその料理の一部です。まずは麻婆豆腐。

チンジャオロース。【TAKAKI】のチンジャオロースは具材が太めだよねという意見があり、細めのリクエストで作ったもの。

回鍋肉。このあたりでご飯をお願いしたくなりましたが、この後の事を考え自重。

キクラゲと卵の炒め物。

その他にもチャーシューメンマとか、梅キュウリとか、餃子とか数品が出てきては写真を撮り、その後食べるという繰り返し。
いつになったら目的が果たせるのか、いや、目的のラーメンが食べられるのかという不安も若干。

ということで目的の1つであるこちらを早々にお願いしました。
そう、カレーです。

正式名称は「中華店のカレー」です。値段は189バーツ(約661.5円)です。
少し前に「うちのカレーも美味しいんだよ」とお店の方に言われたので、それだったら食べないわけにはいかないだろうと注文してみました。

特徴は中央にあるそぼろ。甘辛く味付けしてあります。

福神漬けもちゃんと載ってます。

そしてカレーも食べ終わり、その後もメニューの写真撮影をする料理がいくつか運ばれてきたのをつまみつつ、ラーメンはまだかと待ちました。

で、ようやくラーメンが食べられることに。
最初に書いた通り、この日ラーメンを少し改良するという話になっていて、監修者である井上虫歯二本さんが店にやってくるというのです。

逆に言うと彼が来ないとこの日はラーメンが食べられなかったわけで、彼の到着を待ちわび、そしてようやく登場しました。
この右下の写真の彼です。

挨拶をし、少し話した後にさっそくラーメンを作ってもらいました。
それがこちらです。

井上虫歯二本監修の「井上式中華そば」です。値段は249バーツ(約871.5円)です。
確かに評判になるのがわかる、美しいビジュアル。

具だくさんで、真ん中のナルトもいい感じです。

最大の変更点はこちらの麺。

食べた人の感想で、スープは概ね好評だけど麺については評価が分かれる(若干配慮した書き方)とのことで、だったら麺を改良しようかということになりました。

今までは縮れ麺を使ってましたが、今回はストレートの麺で試してみることに。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まずスープから飲んでみたのですが、魚介の風味がガツンときます。
確かに美味しいです。またチャーシューや味玉など、具も美味しいですね。

そして麺。僕は前の麺を食べてないから比べようがないのですが、確かにこの麺とスープは合っている気もします。

ということで、ここまで色々食べたにもかかわらず、あっという間に完食です。

この時点でかなりお腹いっぱいになったのですが、実は麺は2種類用意されていて、先ほどの麺よりも細いタイプでもう1杯作ってくれました。

いくらお腹がいっぱいになったとしても、出されたものを残すのは食いしん坊キャラ(キャラじゃないけど)としていかがなものか。

ということでもちろん食べ始めます。

当たり前ですが、ビジュアルは1杯目とほぼ同じ。

写真だと分かりづらいですが、確かに1杯目の麺よりも細いです。
茹でる前の麺も見せてもらったのですが、その時はよく見れば違うかもくらいの差でした、
でも茹で上がりは確かに違うなというのが実感できました。

で、食べた感想としては、麺は1杯目の方がスープに合っていたかなあと。

それでも美味しいことに変わりはなく、2杯目もしっかりと完食しました。
ちなみにこの時点で23時を回っていました。

もうなかなかの年齢のおっさんが、夜中にラーメンを2杯。そしてその前にカレーも平らげ、しかもそれ以外にも餃子だ回鍋肉だと色々食べてます。

若いな。まだまだ若いな。←満腹中枢がおかしいだけ

で、食べ終わった後に各自感想を言い合い、また監修者の井上虫歯二本さん(名前のクセ!)も味とか作り方についての説明をしてくれ、最終的には今後の方向性が定まったようでした。

そして夜も深まりつつあったので、ここでお開き。
僕は門限が迫っていたので、バイクを飛ばして帰宅しました。

最後に・・・。

最終的にどう改良されたのかは、実際に食べてみてのお楽しみということで。というか僕もどうなるかはわかってないし。

あと、本家!?である【ライブキッチン天翔】さんのラーメンとどう違うのかが気になる方は、【ライブキッチン天翔】さんのラーメンと食べ比べてみてください。

あ、そうそう、カレーの感想を書き忘れましたが、確かに美味しかったですよ!
カレーのルーは辛くないので、辛いのが苦手な人でも食べられますし、甘辛く味付けされた挽肉もアクセントになっていて、一緒に食べるとなんか面白い感じです。

【TAKAKI】のご飯ものといえば天津飯をイメージする人が多いと思いますが、カレーもアリだと思うのでお試しあれ。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:TAKAKI
場所:936/3 ถนน สุขุมวิท Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110
電話番号:087-050-2968
営業時間:月~金 17:00-1:00 土日 11:30-0:00
定休日:なし
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です