人気記事:彼氏&夫にするなら一人旅好きの男性が絶対的におすすめ!

今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

どうも、きーきあっです。

昨年2018年に初めてタイ・リーグの観戦ガイドなるものを作成してみました。
これが思いのほか好評で、その影響なのかタイ・リーグを観戦してみたいという方から結構な数の質問をいただきました。

お問い合わせをいただいた方の大多数が日本在住で、日本に住んでいる方でもタイ・リーグに興味がある方が意外といるんだなあという印象でした。

これもチャナティップやティーラシン、ティーラトンなどタイ人選手の活躍が少なからず影響しているのだと思います。

こうなるとやっぱり今年もタイ・リーグの観戦ガイドを更新しなくてはという変な義務感が芽生え、ついに更新することにしました。
昨年のフォーマットを踏襲しつつ、より詳しいガイドになっていると思います。

2019シーズンのT1(タイの1部リーグ)の開幕は2019年2月22日(金)と、奇しくもJ1と同じ日。
そして、ちょうどこの記事を更新する2019年2月9日はT2というタイの2部リーグの開幕日。

今シーズンのタイ・リーグは話題も多く、昨シーズン以上に盛り上がること間違いなし!
既にタイ・リーグを観戦する予定の人も、少し興味を持っただけの人も、ぜひこのガイドを読んでタイ・リーグをより好きになってください!

1.タイ・リーグとは・・・

タイ・リーグは名前の通りタイのプロサッカーリーグです。
以前はタイ・プレミアリーグという名称でしたが、現在はタイ・リーグという名称です。

リーグは1部~4部まであり、それぞれT1~T4の略称で呼ばれています。
T1は16チームで構成され、ホーム&アウェー方式で30試合行われます。
上位2チームはアジアチャンピオンズリーグへの出場権が得られ(2位はプレーオフから)、下位3チームが降格します。

ちなみにリーグスポンサーは我らがトヨタです。

T2リーグは18チームで構成され、同じくホーム&アウェーで34試合を戦います。
上位3チームがT1へ昇格、下位2チームがT3へ降格します。

リーグスポンサーは栄養ドリンクのM-150です。

T3リーグは北部と南部に別れており、それぞれ14チームで構成されています。
こちらもホーム&アウェーで26試合を戦い、それぞれの地区の優勝チーム、
そして2位同士がプレーオフを行い、勝利チームがT2に昇格します。
また、北部、南部それぞれの地区の最下位がT4に降格します。

リーグスポンサーはタイのお菓子、EURO CAKEです。美味しいですよ。

T4はバンコク地区、東部、西部、北部、東北部、南部と分かれています。
バンコク地区13チーム、東部8チーム、西部9チーム、北部13チーム、東北部13チーム、南部8チームで構成され、各地区でホーム&アウェーで戦い、
それぞれの上位12チーム(地区によって異なる。またプレーオフもあり)
がさらに2組に分かれチャンピオンズリーグと呼ばれるリーグ戦をおこない、各組の1位がT3へと昇格します。

リーグスポンサーはT3と同じくEURO CAKEです。

※リーグ昇降格のルール及びチーム数は流動的なので、変わる可能性があります。

このT1~T4のチーム数を合計すると、なんと126チーム!
タイは全部で77都県ですから、各都県に1チーム以上あるんですよ。
これだけでもいかにタイはサッカーが盛んな国かがよくわかります。

また、リーグ戦以外にトーナメントで行われるカップ戦があります。
1つはFAカップ。優勝チームにはアジアチャンピオンズリーグの出場権(プレーオフから参戦)が与えられます。
そしてもう1つはリーグカップ。
どちらもT1~T4全てのカテゴリーのチームが参加します。

と、こんな感じでタイのリーグ戦及びカップ戦が行われます。

2.観戦に便利なサイト一覧

と、ここまでタイ・リーグの概要を説明したところで、次に観戦に役立つサイトを紹介します。

①タイ・リーグ公式サイト

https://www.thaileague.co.th/official/?r=Site/Index

まずはなんといってもこちらの公式サイトです。
タイ語だけでなく英語もあります。
こちらのサイトでは日程もチェックできるので、観戦時には重宝しています。

②タイプレミアリーグに行こう!

http://tpljp.net/

こちらのサイトもタイ・リーグ観戦をしたことがある方なら1度は見たことがあるだろうというくらい、有名なサイトです。

今でこそタイ・リーグの情報は増えてきていますが、以前は日本語での情報はこのサイトが頼りでした。
サイト名は以前のリーグ名のままですが、更新はされていますので引き続き参考になるサイトですよ。

③各チームのFacebookファンページ

実は意外と役に立つのが、各チームのFacebookファンページなんです。
というのも、タイ・リーグは日程や試合時間を変更する事が少なくありません。
先ほど紹介したリーグの公式サイトにも日程が載っていますが、その変更について更新されていない事があります。

また、T3やT4の昇格プレーオフやチャンピオンズリーグの日程もなかなか公式サイトにアップされなかったりします。

そこで役に立つのが、各チームのFacebookファンページ。
チームのファンページには試合日程が載ります。それもどこよりも早く。
僕も下部リーグの日程はここでチェックすることがあります。
ですので、こちらの情報も欠かせませんよ!

3.チケットの購入方法

タイ・リーグに興味を持ち、じゃあ観戦しようと思った時に、次に気になるのがチケットの購入方法。
さて、どうやって買うのかという話ですが・・・

スタジアムでの当日購入でOK!

本当です。むしろ前売りという概念がまだタイ・リーグにはほとんどないです。
よほどの人気カードでなければ、当日スタジアムへ行って購入することができます。

昨シーズン、唯一前売りで完売になったのがSCGスタジアムで行われたムアントン・ユナイテッドとブリーラム・ユナイテッドのタイ・ナショナルダービーでした。

という事でムアントン・ユナイテッドのチケットはこのサイトで購入できます。

https://www.ticketme.co/events

またムアントン以外のいくつかのチームの試合はこちらのサイトから購入することができます。
ただ全チームの試合が買えるわけでもないですし、先ほど書いたとおり当日スタジアムで購入できるので、別におすすめはしません。

http://www.thaiticketmajor.com/index.php?la=en

そうそう、チケットの値段ですがとても安いです。
僕が応援するポートFCはメインスタンドでも150バーツ(約450円)です。
他のチームも同じようなもので、高くても250バーツ(約750円)くらいです。

4.T1のチームひとこと紹介!

さて、ここでT1の16チームを紹介します。
チーム名だけ紹介してもアレなので、ひとことコメント付きで紹介します。

1.ブリーラム・ユナイテッド 本拠地:ブリーラム県
ひとこと:昨年度の王者 今年は細貝萌も加入し3連覇を目指す!

2.バンコク・ユナイテッド 本拠地:パトゥンターニー県
ひとこと:攻撃力はリーグ随一 今シーズンはハーフナー・マイクが加入!

3.ポートFC 本拠地:バンコク都
ひとこと:サポーターの熱さ(品のなさ)とアルコール摂取量はリーグNo.1!オーナーは美魔女!

4.ムアントン・ユナイテッド 本拠地:ノンタブリー県
ひとこと:コレオなどサポーターの応援センス抜群。今年はティーラシンも復帰。

5.チェンライ・ユナイテッド 本拠地:チェンライ県
ひとこと:北の雄。スタジアムがかっこいい。キャラクターはカブトムシ。

6.PTプラチュアップFC 本拠地:プラチュアップ・キーリーカン県
ひとこと:昨シーズン最大のサプライズ。昇格組なのに快進撃で昨シーズンは6位。今シーズンは果たして・・・

7.ナコン・ラーチャシマ・マツダFC 本拠地:ナコン・ラーチャシマ県
ひとこと:東北最大の都市にあるクラブ。マツダが親会社。サポーターも熱い。

8.サムット・プラカーン・シティーFC 本拠地:サムット・プラカーン県
ひとこと:昨シーズンまではパタヤ・ユナイテッドの名前で活動。今年から本拠地もチーム名も変更。

9.チョンブリーFC 本拠地:チョンブリー県
ひとこと:かつては毎年のように優勝争いをしていた強豪チームも、ここ最近は低迷気味。

10.スパンブリーFC 本拠地:スパンブリー県
ひとこと:エンブレムは象。サポーターも熱い。スパンブリーはドラえもんのお寺でも有名。

11.スコータイFC 本拠地:スコータイ県
ひとこと:遺跡で有名な古都をホームタウンに持つチーム。サッカー観戦も観光も楽しめる!

12.ラーチャブリーFC 本拠地:ラーチャブリー県
ひとこと:スタジアムがめちゃくちゃ素晴らしいと評判。ぜひ観に行きたい。

13.チャイナートFC 本拠地:チャイナート県
ひとこと:ピンクのユニフォームと、こちらもスタジアムが評判。ただアクセスが・・・。

14.PTTラヨーンFC 本拠地:ラヨーン県
ひとこと:2018シーズンのT2チャンピオン。2014シーズン以来のT1で旋風を巻き起こせるか?

15.トラートFC 本拠地:トラート県
ひとこと:こちらも昇格組で初めての1部リーグ。本拠地はカンボジア国境の街でチャーン島が有名。

16.チェンマイFC 本拠地:チェンマイ県
ひとこと:2018シーズン最後の昇格組。最終節で劇的に昇格を決めた古都チェンマイのチーム。

 

うーん、あんまり参考にならなかったかもしれないので、改めて今シーズン注目のチームを3つ紹介します。

1.ブリーラム・ユナイテッド

まず最初に紹介するのはブリーラム・ユナイテッド。
2連覇中の強豪チームです。

先日行われたAFCアジアカップUAE2019でもゴールを決めたスパチャイ選手をはじめ、タイ代表選手を多く抱える、まさにタイ・リーグ最強のチームです。

3連覇を狙う今シーズンも、元日本代表の細貝萌選手など補強をおこない、今シーズンも盤石の体制!
と言いたいところですが、昨シーズン34ゴールを挙げ得点王に輝いたジオゴ選手が何とマレーシアのジョホールFCへ移籍!

これが果たしてどう影響するか・・・。
ただ、先日行われたリーグ戦王者とFAカップ王者が対戦するチャンピオンズカップではFAカップ王者のチェンライ・ユナイテッドを3-1で下し、今シーズンも強いなあという印象を受けました。

また、今シーズンのACLでは浦和レッズと対戦するのでこれも楽しみです。
浦和サポーターはぜひブリーラムのホームスタジアムであるチャーン・アリーナの美しさにびっくりしてほしいです。
チャーン・アリーナはこちら。

シーズン中は敵ですが、ACLはブリーラムを全力応援します。

2.ポートFC

次に紹介するのは、バンコクに本拠地を置く唯一のT1チーム、ポートFC(通称タールア)です。
そう、僕がタイ・リーグで応援しているチームです。
昨シーズンに続いて今シーズンも、さっそくシーズンチケットの申し込みをしました。

昨シーズンは最終節の勝利でなんとか3位に滑り込み、あわやACLプレーオフ出場!?というところまでいきました。(FAカップ決勝でブリーラムがチェンライに敗れたため出場ならず)

さて、今シーズンはというと、今年も期待できます!
昨シーズンの主力はほぼ残留した中で、昨シーズンのリーグMVPのタイ代表、スマンヤー選手をバンコク・ユナイテッドから獲得!

昨シーズンのシーズンMVPが我がチームにやってくる!
Jリーグで例えるなら、川崎フロンターレの家長選手が自分の応援しているチームに移籍してくるようなものです。
これでテンションが上がらずにいつテンションが上がるのかって話ですよ奥さん!

ちなみに一昨年は同じくバンコク・ユナイテッドから得点王のボスコビッチ選手を獲得しております。
きっとバンコク・ユナイテッドのサポーターは我がタールアを恨んでいるだろうなあ。

それ以外にも数名の補強をしており今シーズンも更なる躍進が期待できます。
ただ唯一心配なのが、中盤の要キム・スングァン選手がスパンブリーFCへ移籍したこと。
昨シーズン、彼のプレーがかなり効いていただけにとても残念です。

ただキム・スングァン選手が移籍した理由というのは、元ブリーラムや仁川ユナイテッドでプレーしたコ・スルギ選手を獲得したという事があるので、彼にキム・スングァン選手以上の働きを期待したいです。

という事で戦力はかなり整ったと思いますが、あとはその選手たちがうまく実力を発揮してくれるかどうか。
今シーズンは優勝争いを期待します!
という事で、今シーズンも僕はこのPATスタジアムで熱い声援を送ります!

3.チェンマイFC

最後の注目チームとして挙げるのは、チェンマイFCです!
今シーズンT2から3チームが昇格してきましたが、T2で3位に入り昇格を果たしたチームです。

という事は単純に考えて、T1の16チームの中で1番実力が劣るのではないかと。
そんなチームを何故注目チームに挙げるのは理由があります。それは・・・

貴重な北部のチームだから!

先ほど書いたとおり、タイは1部から4部まで126チームあり、もちろん北部にもたくさんのチームがあります。
ただ、T1に所属する北部のチームはしばらくチェンライ・ユナイテッドのみでした。
あ、一応スコータイも北部になるのか。

そこでタイ北部最大、タイ第2の都市のチェンマイをホームタウンに持つチェンマイFCが昇格してきたのです!
チェンマイFCにとっても、初めてのT1昇格!これは楽しみです!

チェンマイにT1があるということは、チェンマイにサッカー観戦の旅へ行けるということです!(まあT2でも観には行けますけどね)
チェンマイといえば観光スポットもあり、カオソーイというカレー味の麺もあり、これは楽しみ!
もちろん僕も今年はチェンマイまでサッカー観戦の旅へ出かける予定です。←まだ妻には了解を得てません

毎年チェンマイへサッカー観戦の旅に行くためにも、チェンマイFCにはぜひ頑張ってほしいです。
以上、注目の3チームを紹介しました!

って、T1の3チームを紹介しただけだと、お前本当にT4まで観ているのか、なんか知識が浅くないか?と言われそうなので(そんな事誰も言わないって)、T2とT3からも注目のチームをそれぞれ紹介します!

まずはT2から。T2で注目のチームは・・・

BG Pathum United

です!

どこだよ?聞いたことない名前だなって思った方もいらっしゃるかもしれません。
それもそのはず。今シーズンからチーム名が変わりました。ちなみに旧チーム名は、

バンコク・グラスFC

ほら、この名前なら聞いたことがあるはず!
そう、FC東京やセレッソ大阪などでプレーした茂庭照幸選手も在籍したことがあるチームです。
タイFAカップも優勝したことがある強豪チームですが、昨シーズンはまさかのT2降格・・・。

それでも戦力はT2でも屈指。先のアジアカップでも出場したタナブーン選手を中心にT1でも戦えるんじゃないかっていう充実ぶりです。
今シーズンは馬場悠企選手も加入するので、さらに楽しみです。

また、選手だけじゃなくホームスタジアムのLEOスタジアムもかっこいいので必見です。
こちらがそのスタジアムです。

あと、美人サポーターが一番多いのがBGパトゥムだと思います。←あくまで個人の感想です。
ちなみに我らがタールアのサポーターは・・・いや、僕はタールアを応援する女性は全員好きです。

さて、注目のチームラストはT3から。T3はいわゆる3部リーグで、北と南でそれぞれ分かれています。
という事で、北と南でそれぞれ1チームずつ紹介します。まずは北から。北で注目なのは・・・

コンケーン・ユナイテッド

です!

昨シーズンはT4という4部リーグだったのですが、東北地区で2位につけると過酷なT3昇格チャンピオンズリーグで優勝し、見事T3に昇格しました!
ちなみにそのT3昇格チャンピオンズリーグを僕も観に行きました。
その様子はこちらからどうぞ。

どうも、きーきあっです。昨日に引き続き、コンケーンでのサッカー観戦ネタです。昨日はT2というタイの2部リーグの試合、しかもT1(タイ1部リーグ)への昇格がかかった試合を観戦してきました。その様子はこちらからどうぞ! これを観ただけでもコンケーンに来...

 

T4から今シーズン昇格したばかりですが、はっきりいってT3でも十分上位、なんならT2への昇格も十分狙えると思います。
何よりコンケーン・ユナイテッドには熱狂的なサポーターが付いています。
ちなみに2018年シーズンの平均観客数は3,910人です。
4部のチームですよ。ホームタウンのコンケーンには、T2に所属するコンケーンFCというチームもあるのですが、そのコンケーンFCよりも観客数が多いんです。

これって凄くないですか?
そんな熱いサポーターのためにも今シーズンも頑張ってほしいです!
さて、それともう1チーム。南地区の注目チームは・・・

ノース・バンコク・ユニバーシティーFC

です!
こちらも先ほどのコンケーン・ユナイテッドと同じくT4からの昇格組です。
このチームもT4を圧倒的な強さで勝ち進み、T3に昇格しました。
そんな試合を僕はしっかりと観戦しています。
その時の様子はこちらからどうぞ。

どうも、きーきあっです。T1リーグも全試合が終了し、残すところはトヨタリーグカップとタイFAカップの決勝戦。この日はトヨタリーグカップの決勝が行われました。本来ならこの試合を観戦するつもりでいたのですが、会場である「タマサートスタジアム」は正直遠い!...

T3に上がった今シーズンも、かなりやるんじゃないかなって思います。
名前の通り北バンコク大学のチームで、スタジアムは先ほど紹介したT2のBGパトゥムのスタジアムと歩いて10分弱くらいの距離なので、ハシゴ観戦も可能です。

ちなみに同じくT4から昇格したもう1チーム、ナコンパトム・ユナイテッドもかなり強いです。
という事で、今シーズンのT3はT4昇格組が旋風を巻き起こす気がしてなりません。

と、軽く紹介するつもりが、T2とT3についても熱く語ってしまいました。
T2やT3を観戦するのもすごく楽しいですよ!僕はT3を観戦するのが大好きだったりします。
個人的にはT2よりT3の方が好きなチームが多いかなあ。

5.おすすめの観戦スケジュール!

ここで日本から訪れる方のために、おすすめの観戦日程をプロデュース!
日本の祝日などを考慮し、3つほど観戦スケジュールを提案します!

1.ゴールデンウィーク観戦プラン

と書いたのですが、実は5/4(土)の週に試合がありません。
これはラマ10世の国王戴冠式が予定されているからなんです。

この時期にタイに旅行で来られる方、観戦を予定されていた方がいらっしゃると思うので、これは残念。
という事でその前週である4/27(土)の週を提案します。
こんな感じでいかがでしょう?

1日目 4月27日(土)20時 ポートFC対スパンブリーFC PATスタジアム
2日目 4月28日(日)19時 バンコク・ユナイテッド対PTプラチュアップFC Trueスタジアム(旧タマサートスタジアム)

まず土曜日にポートFCの試合を観戦。ポートFCのホームスタジアムであるPATスタジアムはT1屈指の好アクセスを誇り、タイの土地勘があまりない方でも観戦しやすいスタジアムです。
そして翌日はハーフナー・マイクが移籍し、今シーズンも優勝候補の1つである強豪バンコク・ユナイテッドの試合を観戦するというプランです。
もし、2日目のカードが気に入らなければ、代わりにT2のエアフォース・ユナイテッド対BGパトゥム・ユナイテッド(旧バンコクグラスFC)のT1降格チーム同士の試合を観戦するのもアリです。

2.お盆休み観戦プラン

続いて提案するのは、夏休みに観戦する方へのおすすめプランです。
こちらは2パターン用意してみました。

<1パターン目>

1日目 8/10(土)18時 BGパトゥム・ユナイテッド対タイ・ユニオン・サムットサコーンFC LEOスタジアム
2日目 8/11(日)18時 ポートFC対ムアントン・ユナイテッド PATスタジアム

1日目にバンコク・ユナイテッドの試合もあるのですが、ここはあえてT2の試合を。
LEOスタジアムは非常にユニークな形のスタジアムなので観てほしいのと、BGパトゥムはT2とはいえ昨シーズンはT1に所属していたチーム。タイ代表の選手も在籍していて戦力的にはT1と遜色なし。
観戦する8月にはT1の首位争いをしていると思います。
あと、サッカーバカを自任する方は、この試合の前にT3のノースバンコク・ユニバーシティーの試合が16時からあるので、ハシゴ観戦をする手もあります!

そして2日目。これは好カードです!タイ・リーグで最も仲が悪いサポーターとしてすっかりお馴染みのポートFCとムアントンの試合です。
ちなみに昨シーズンは、過去のサポーター同士のトラブルによるペナルティなのか、それぞれアウェーチームのサポーターが入場できない状態で試合が行われました。
果たして今シーズンはそれが解禁されるのでしょうか?

ちなみに8/7(水)にはタイFA杯の準々決勝が、8/14(水)にはリーグ杯の準決勝がそれぞれ行われる予定です。
日程に余裕がありバンコク近郊のチームが勝ち上がっている場合は、こちらの試合も観戦できます!

<2パターン目>

1日目 8/24(土)20時 バンコク・ユナイテッド対ポートFC Trueスタジアム(旧タマサートスタジアム)
2日目 8/25(日)18時 ムアントン・ユナイテッド対スパンブリーFC SCGスタジアム

航空券の高いお盆時期を外して夏休みが取れる方にお勧めしたいのがこのプラン。
まず土曜日の試合ですが、昨シーズンはエースストライカーのボスコビッチ、そして今シーズンはリーグMVPのスマンヤーを持っていかれたバンコク・ユナイテッドと、その両選手の移籍先であるポートFCの因縁の試合です。
果たしてその両選手がバンコク・ユナイテッドに恩返し!?するのか、それとも抜けた穴をもろともせずバンコク・ユナイテッドがポートFCを粉砕するのか、興味深いカードです。

そして日曜日はサンフレッチェ広島から復帰したティーラシン選手が所属するムアントン・ユナイテッドの試合です。
ティーラシン選手だけでなく、ミャンマーの至宝アウン・トゥ選手や、今年のアジアカップでも活躍したベトナム代表のGKダン・バン・ラム選手など、東南アジアのスター選手を観ることができます。
また、長めの休みが取れるなら8/21(水)にもリーグ戦があり、そこでポートFC対チャイナートFCの試合を観戦することもできます。

今回のプランの中では1番充実した観戦プランかもしれません!
ただ雨期真っ盛りということで、天気だけが心配なんですけどね。

3.シルバーウィーク観戦プラン

最後に紹介するのが、シルバーウィークの連休を使った観戦プランです。

1日目 9/15(土)19時 ムアントン・ユナイテッド対ブリーラム・ユナイテッド SCGスタジアム
2日目 9/16(日)19時 アーミー・ユナイテッド対タイ・ユニオン・サムットサコーンFC アーミースタジアム

まず土曜日に行われるのが、タイのナショナルダービー、ムアントンとブリーラムの試合です。
これはタイ・リーグファンとしては1度は観ておきたい試合です。
ただタイで1番の人気カードという事で、前売りでの完売は必須!チケットが手に入らない可能性もあります。
その時は同じ土曜日にポートFC対コラートFCの試合がありますので、そちらを観戦するという保険もかけておきます。

一方日曜日はT1でバンコク近郊での試合がなく、T2のアーミー・ユナイテッドが1番現実的かと。
ただカード的には弱いですね。
ナショナルダービーかポートFCの試合どちらかが日曜日に開催していれば、このプランは最高だったんですけどね。
ちなみに僕はポートFCの試合を観戦するため、今年はナショナルダービーを観られません。

そうそう、9/18(水)にタイFA杯の準決勝が行われる予定ですので、もし日程に余裕があればこちらの観戦も可能です。
準決勝になるとだいたいバンコク近郊で試合が行われるので観戦もしやすいです。

という事で、日本の祝日や休みに合わせて3パターン(正確には4パターンですね)の観戦プランを作ってみました。
タイへのサッカー観戦旅行の参考になれば嬉しいです。

なお、タイ・リーグは日程や試合時間の変更が行われる事が多いので、公式サイトなどで日程を確認していただくようお願いします。

6.観戦にあたってのアドバイス!

さて、ここでは実際に観戦する時に役立つ情報や注意すべき点を紹介します。
初めて観戦する方はぜひ目を通してください!

1.観戦時に持っておくと便利なもの

①ユニフォーム

せっかくタイ・リーグを観戦するなら、応援するチームのユニフォームを買っちゃいましょう!
実際観戦するとわかりますが、タイ・リーグ観戦時のユニフォーム着用率がめちゃくちゃ高いです。
たぶんJリーグよりも高いと思います。

理由はユニフォームが安いというのもあります。
最近はユニフォームの値段も上がってきてはいますが、それでもだいたい3,000円くらいから購入可能です。
やっぱりユニフォームを着て応援するとチームに愛着が湧きますし、何より旅の良い思い出、自分自身へのお土産にもなります。

ちなみにこちらはポートFCの昨シーズンのユニフォームです。
僕のお気に入りです。

②雨具

タイ・リーグが行われるのは2月から10月の間ですが、5月下旬くらいからシーズン終了まで雨期に入ります。
雨期といっても1日中降るわけではないですが、試合前や試合中に降ることもあります。
という事でこの時期に観戦する際には雨具を用意することを強くお勧めします。

雨具といっても傘はおすすめしません。この時期の雨は激しく傘なんかでは太刀打ちできません。
それに観戦時にも邪魔になります。
そこでお勧めするのがレインコートです。

日本で買ったもの、使っているものを持参してもいいですし、タイのセブンイレブンでも安いレインコートが売っているのでそれを買うのでもよいです。
ちなみにセブンイレブンで売っているのはこんなやつです。
値段も29バーツ(約87円)と安いです。その代わり使い捨てみたいなものですけどね。

あと荷物が濡れないよう、ごみ袋を持っていくのもおすすめです。

③ウェットティッシュ

これもおすすめ。スタジアムの椅子を拭いたり、汗を拭いたり。それとスタジアム周辺の屋台で食事をするなんて時には、スプーンやフォークを拭いたりするのにも使えます。

こちらもコンビニやスーパー、商店なんかで買えますので、見かけたら買っておいたほうがベターです。
もちろん日本から持ってきてもいいです。

2.観戦時の注意点

1.キックオフ前に国王を讃える歌が流れるので起立しましょう!

タイ・リーグではキックオフに必ず、国王の映像がスクリーンに映し出され、国王を讃える歌が流れます。
その時は全員起立しますので、一緒に立ちましょう。その際、帽子も取りましょうね。

2.アルコールの持ち込みはスタジアムによってはNG!

やっぱりビールを飲みながらサッカー観戦したいよねという方へ。
スタジアムによってはビールの持ち込みは禁止されています。
残念ながら僕が応援するポートFCのスタジアムがそうです。
ほとんどのスタジアムはOKですが、ポートFCのように一部ダメなところがありますのでご注意を。
あと、飲み物は蓋がなければ持ち込みOKというところがほとんどです。

ちなみにACLの試合は持ち込みがかなり厳しいです。ブリーラム戦を観戦される浦和レッズサポーターはご注意を!

3.スタジアムの安全性について

タイは子供を連れた家族連れや女性だけの観戦も目立ちます。
つまりタイのサッカー観戦については日本同様安全といえます。

また試合後には例え応援しているチームが負けたとしても、ブーイングするのではなく健闘を称え、また対戦チームの選手にも試合後は拍手を送るという素晴らしい文化があります。
ということで、サッカー観戦に関しては基本的に危険は少ないですが、相手チームのサポーターを挑発したりすることのないようにしましょう。
かなり熱いサポーターが多いので、その場合の保障はできません。

あと、安全といっても、貴重品など荷物を席に置いてトイレなどに行くのはやめましょうね。

4.帰りの交通手段を確保しましょう!

日本とは違い、タイのスタジアムはアクセスが良くないところが多いです。
特に地方のスタジアムへ観戦に行く時には、帰りの足を予め確保することをお勧めします。

バンコクは別として、タイの地方ではタクシーやトゥクトゥクがスタジアム周辺にいなかったりします。
泊りがけで行くのであれば、できるだけスタジアムの近くのホテルを手配する事をお勧めしますし、そうでない場合はタクシーやトゥクトゥクと予め往復での交渉をしておくなどするのがベストです。

僕も今までに帰りの交通手段がなく、絶望的な気分になったことが何度かあります。
その時は幸い、タクシーやトゥクトゥクが通りがかったり、サポーターの人に乗せてもらったりしましたが、このような事にならないよう、気をつけてください。

以上が観戦時の注意点です。
基本的にはJリーグを観戦する時と同じような事を気をつけていれば大丈夫です。

7.今年もやります上位予想!

昨年もやりましたが、今年も優勝チームと上位5チームを予想したいと思います。
ちなみに昨年の予想は、

優勝 チェンライ・ユナイテッド
2位 ブリーラム・ユナイテッド
3位 ポートFC
4位 ムアントン・ユナイテッド
5位 バンコク・ユナイテッド

と予想しました。結果はというと、

優勝 ブリーラム・ユナイテッド
2位 バンコク・ユナイテッド
3位 ポートFC
4位 ムアントン・ユナイテッド
5位 チェンライ・ユナイテッド

なんと、

上位5チームを全て的中!

凄いと思いませんか?

なーんて偉そうに言ってますが、確かに5チームを当てたものの順位まで当たったのは3位と4位のみ。
それでも僕が応援するポートFCを3位と予想し、見事に的中したのは我ながら凄い!
だってその前のシーズンは9位ですからね。それを3位と予想するのはかなり攻めてます。

と、自画自賛も程々にして、さっそく2019シーズンの上位5チームを予想したいと思います。
昨シーズンの成績とここまでの補強の動向などを踏まえ、出した結論がこちら!

優勝 ムアントン・ユナイテッド
2位 ブリーラム・ユナイテッド
3位 ポートFC
4位 バンコク・ユナイテッド
5位 スパンブリーFC

優勝チームはすごく悩みました。ブリーラムの3連覇か、ムアントンの王座奪回か。
ブリーラムも強いのは間違いないです。タイ代表の選手も多いし、戦術的にもレベルが高いです。
2位にした理由はジオゴが移籍したことと、ACLに出場するということ。
その点ムアントンはリーグに専念できるのと、ティーラシンが復帰したのが大きいです。
あとはポリス・テロからアウン・トゥ、それとベトナム代表GKダン・バン・ラムを獲得し戦力アップしました。

昨シーズンはティーラシンやティーラトン、カーウィンが移籍したにもかかわらず、その穴を埋めるような補強をしなかったのですが、今シーズンはやる気を感じます。
課題は青山選手が抜けたセンターバック。ここがきちんと埋まれば優勝候補の筆頭になるかと。

さて、我がタールアことポートFCですが、昨年に続いて3位と予想します。
本当はもう少し上、2位あたりと予想したかったのですが、上の2チームとは少し差があるかな。
いや、正確に言うと戦力的には遜色ないのですが監督の選手起用や戦術にちょっと不安が。
決して今の監督も悪くはないのですが、優勝争いをするチームの監督としては心もとないです。
爆発力はトップクラスだと思うので、開幕戦で勝って勢いをつけ、その勢いでどこまでいけるかってところです。

昨シーズン2位のバンコク・ユナイテッドは4位と予想しました。
アジアカップでも活躍したトリスタン・ドゥを獲得したりとチーム強化をしているのですが、今年は意外ともたつくのではないかなって思います。
本当はハーフナー・マイクもいるし、彼にも活躍してほしいのですが、先日のコンサドーレ札幌とのプレシーズンマッチを観た限りでは、あまりフィットしていない気が。
とりあえず、ACLプレーオフは勝ち進んでほしいです。

5位にはスパンブリーFCを選びました。
本来ならチェンライ・ユナイテッドを上位に予想するのが普通だと思うのですが、これは個人的にはかなり攻めた予想というか、いいところを突いているのではないかなって思います。
元々いい選手は多いですし、タールアやバンコク・ユナイテッドがもたつくようなら、もっと上の順位も狙えるのではないかと思います。

ってな感じで予想してみましたが、果たしてどうなるやら。
もし思いっきり外したとしても、そこはまあご勘弁を。

ちなみにダークホース的存在はPTTラヨーンFCです。
このチームは後々強くなると思いますし、今シーズンにブレイクするかもしれません。

なんて予想していたら開幕が待ち遠しくなりました!

8.まとめ

あれも書きたい、これも伝えたいと色々と書き足していったら、とんでもないボリュームになってしまいました。
でもそれだけタイ・リーグは面白いですし、魅力を伝えたいという熱意の表れだと思っていただければと。
これでもまだタイ・リーグの魅力を伝えるには足りないくらいなんですけどね。

先日のアジアカップでも決勝トーナメントに進出したように、タイ代表は実力をつけてきていますし、タイ・リーグも年々レベルが上がっています。

そんなタイ・リーグをぜひ観てほしいですし、興味を持ってほしいと思います。
タイ在住のサッカーファンはもちろん、日本に住むサッカーファンの方にも、タイを訪れてタイ・リーグを観戦してほしいと思います。

そしてそんなタイ・リーグの魅力を少しでも伝える事ができれば、このガイドを作った甲斐があるなあと思っています。

タイ・リーグを観戦するにあたり、質問や疑問があれば、ツイッターかブログの問い合わせ欄よりご質問くださいませ。
できる限りお答えしますし、協力したいと思っています。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>

6 Comments

きーきあっ きーきあっ

焼きマシュマロさん
コメントありがとうございます。
LEOスタジアム、行かれたんですねー。あそこ、いいですよねー。
これからタイは暑くなったり雨季になったりしますが、また機会があればいらしてくださいねー!

アバター 焼きマシュマロ

お久しぶりです、焼きマシュマロです〜
3月30日にレオスタジタムでBGを観てきました!
個性的なスタジアムでラビットガールズと共にゴール裏で盛り上がってきましたよ。
できればまた訪れてタイリーグを楽しみたいのですが暑期はあまりにも暑くて、5月のブリーラムvs浦和戦の浦和サポが試合前にぶっ倒れないか不安です

きーきあっ きーきあっ

焼きマシュマロさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
ご質問の件ですが、バンコク中心というならBGパトゥム、サッカーを楽しみたいならブリーラムですかねー。
チェンマイは遠いのでその旅程ではハードではないかなあと、初めてならバンコク周辺でよいのではないかなあと思います。
初めてのタイ旅行、楽しんでくださいねー!

アバター 焼きマシュマロ

はじめまして~!
来月28日から31日まで初タイ旅行予定のサッカー好きおじさんです。
今回観光を兼ねてサッカー観戦をしますがどのチームを見に行こうか悩んでいます。
①ブリーラム(バンコクから遠くて周りには何もないけど専用スタジアムで立派)
②チェンマイ(トラック付きのスタジアムだけどチェンマイだから観光もできる)
③BG Pathum United(専用スタジアムでバンコクから近いけど2部)

初めてのタイでバンコクを中心に観光もサッカー観戦もしたい!という場合、どこがおすすめですか?

きーきあっ きーきあっ

きーぽんさん
コメントありがとうございます!
チェンライに行かれるんですね?いいですねー!
スタジアムは必見ですよ!
また感想聞かせてください!

アバター きーぽん

今年もよろしくお願いします、私事ですが開幕戦チェンライ行っちゃいまーす。
初チェンライなので観光も含めて楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です