お知らせ:ブログのリニューアルをしました。

ラノーンで宿泊したホテル【Thansila Resort(タンシラ・リゾート)】を紹介します。【ラノーン旅行2018⑥】

どうも、きーきあっです。

ラノーン旅行に関連する記事も今回が最後。最後に紹介するのは宿泊したホテルです。

例によって、今回の旅行も妻が全て手配してくれたので、僕は当日までどんなホテルに泊まるか全くわかりませんでした。

そんなホテルの名前は、

【Thansila Resort(タンシラ・リゾート)】

です!



【Thansila Resort(タンシラ・リゾート)】への行き方

場所はラノーン市街から少し離れた場所、以前紹介した【Raksa Warin Hot Spring】(ラクサワリン温泉)の近くにあります。

【Raksa Warin Hot Spring】(ラクサワリン温泉)についてはこちらの記事をどうぞ!

ラノーンの温泉【Raksa Warin Hot Spring】(ラクサワリン温泉)へ行ってきた!【ラノーン旅行2018②】
どうも、きーきあっです。先日タイ南部のラノーンというところへ行ってきたのですが、一番の目的はというと温泉!でした。え、タイにも温泉ってあるの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、あります!そしてラノーンは温泉の町としても有名なんです。という事...

ホテルはこんな感じです。

ホテルは3階建て。

  

僕たちが訪れた時期はタイの祝日で4連休だったこともありますが、この日は満室でした。

地図も載せておきますね。

施設の様子

まずは部屋から紹介します。部屋は川が見える部屋と見えない部屋の2種類。
見えない部屋はなぜか【BIKE】と名前が付けられています。

こちら【BIKE】の部屋のドア。ちなみにレンタルサイクルもあるそうです。

僕たちは川が見える部屋を予約しました。1階の一番奥の部屋です。

川が見える部屋には【River】の表記が。

部屋はこんな感じです。ほどよい広さ。

レトロな感じですがバスタブ!?付き。

そして川沿いの部屋という事でバルコニーからは当然川が見えます。椅子とテーブルもあります。

川はこんな感じです。雨季という事で結構な水量。

その他に冷蔵庫もきちんとありましたし、無料の水も2本置かれています。
もちろんエアコンもしっかり付いていました。涼しかったので使わない時間帯もありましたけどね。

その他の施設としては、レストランカフェも併設されていましたが、朝食なしのプランを選んでいたので利用しませんでした。



まとめ

温泉に近いというのが一番の魅力です!

僕たちはバイクで移動しましたが、歩いても行ける距離です。

川沿いということで、川の流れが聞こえるのですが、水量が多かったため結構大きな音でした。
僕も妻もそういうのには気にせず眠れるのですが、繊細な方は気になるかも。

あと、初日にシャワーのお湯が出ないというトラブルがありましたが、翌日には直りました。

値段も1泊1,000バーツ(約3,000円)くらいで泊まれるので、リーズナブルですね。

興味がある方はこちらで値段をチェックしてみてください。

【タンシラリゾート】の値段をチェックする!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です