人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

チャン通りの中華料理店【鼎泰福】はバンコク1のコスパ!?

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【鼎泰福】

です!

バンコクの中華料理店を色々と食べ歩いていますが、この店のコスパは尋常じゃないです!
タイトルにバンコク1のコスパと付けてしまいましたが、満更大げさでもない気がします。

という事で早速紹介します!



【鼎泰福】への行き方

と、ここまで煽っておいてなんですが、お店はチャン通りとサトゥープラディット通りがぶつかる交差点の近くという、ローカルな場所にあります。

ちなみにラムカムヘンやラムイントラにも支店があります。といっても、こちらもまたローカルチックな場所ですね。
詳しくはグーグルマップを見てください。←最近多くなってきたこの手抜き感

で、こちらがそのお店です。

ド派手な看板が出ているのですぐに分かります。

地図も載せておきますね。

店内の様子

僕たちが訪れた時はまだオープンして1週間とのことでした。それでもお客さんは結構入っていましたよ。

厨房の様子も見えます。また麺はその場で打ってくれます。

こちらがメニューです。

     

小籠包や餃子、麻婆豆腐など一般的なメニューが並びますが、特筆すべきはその値段。
どれも100バーツ(約350円)前後で、200バーツ(約700円)を超える料理が1つもないんです!

値段にビックリしつつ注文を済ませ、しばし待ちます。
こちらはお通し的なやつ。

ここからは料理を紹介します。
まずはこちら。汁なし担々麺です。値段は90バーツ(約315円)です。

これで90バーツとは。しかも麺は手打ちです。

そしてお次は小籠包。6個入りで110バーツ(約385円)です。

そして店員さんがおすすめと言っていた、インゲンの炒め物。値段は95バーツ(約332.5円)です。

おすすめだけあって、確かに美味しそうです。

そしてお待ちかねの焼き餃子。10個入って95バーツ(約332.5円)です。

ちゃんと羽根もついています。というかこれは羽根と呼ぶのか?

そして絶対に欠かせない麻婆豆腐!値段は90バーツ(約315円)です。

こちらも見た目からして美味しそうです。

もちろんご飯も頼まないと。10バーツ(約35円)でした。

もちろんご飯の上に麻婆豆腐をオン!

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーーい!

まずお伝えしたいのが、小籠包の美味しさ!
ちゃんと中に熱々のスープがたっぷり入っていて、そのスープも美味しい!
個人的にはバンコクで食べられる小籠包の中では上位クラスといっても良いくらい。
何よりこの値段で食べられるのですから、余計に満足度が高いです。

そして焼き餃子。こちらも同様に美味しい!ニラがたっぷり入っていました。
あとインゲンの炒め物も、ニンニクの味付けとインゲンの歯ごたえがたまりません。

最後に麻婆豆腐ですが、これはまあまあかな。
いや、美味しかったんですけど、その数日前に別の店で食べた麻婆豆腐があまりに美味しかったので、存在が霞んでしまった感じです。

あとこの店は餃子や小籠包が美味しかったのでそれと比べると・・・というのもあります。
あ、平均点は大きくクリアーしているので、別に不満とかでは全くないです。

と、結構頼みましたが妻と一緒にガッツリ完食です。

そして食後のデザート。僕が選んだのはマンゴープリン。上にはココナッツミルクがかかっているのでマンゴー感はゼロですが・・・

中はこのとおり。

そして妻が選んだのは、生姜スープの中に団子が入っているやつ。←正式名称は違います

この団子の中には胡麻がたっぷり入っていました。

僕にはこの生姜スープの良さが分かりませんが、妻は大好きなんですよね。
ちなみにこのデザートはどちらも50バーツ(約165円)です。

という事でデザートまでしっかり食べて本当に満腹状態でした。
お会計は615バーツ(約2,152.5円)でした。

安い!もちろん税・サービス料込の値段でした。



まとめ

安い!それなのに美味しい!と、本当に満足度の高いお店でした。
この近辺はもちろん、シーロムやサトーンエリアに住んでいる方も是非足を運んでほしいお店です!

僕もこの店は間違いなく通います。下手したらバンコクで一番通う中華料理の店になるかもしれません。

という事で、中華料理好きはぜひ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:鼎泰福
場所:1299, 5 Soi Chan 23/2, Khwaeng Thung Wat Don, Khet Sathon, Krung Thep Maha Nakhon 10120
電話番号:02-550-9200
営業時間:11:00-21:30
定休日:第2・第4火曜日
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です