人気記事:全てのタイ・リーグファンに捧ぐ!今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2020

コンベント通りのイサーン料理屋台【To Rungruan】でムーガタを食べてきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【To Rungruan】

です!

実は少し前に同じコンベント通りにあるレストラン【Glom Glorm Thai Eatery & Bar】へ行ったのですが、
その店の前でムーガタやチムチュムを食べる人が見え、それが美味しそうだったんですよね。

で、結局その数日後に行ってしまったという。
ということで紹介しちゃいます!

あ、【Glom Glorm Thai Eatery & Bar】についてはこちらの記事をどうぞ!

どうも、きーきあっです。今回紹介するのは、【Glom Glorm Thai Eatery & Bar】です!妻が見つけてきたこのお店、オープンしたばかりだそうで。なんでも良さげなお店だということで、期待に胸を膨らませ行ってきました!【Glom Glorm Thai Eatery & Bar】へ...

 



【To Rungruan】への行き方

場所はシーロム、コンベント通り。
BTSサラデーン駅から徒歩3~4分といったところです。

お店の外観はこんな感じです。お店っていうか屋台ですけどね。

地図も載せておきますね。

店内の様子

こちらのお店はいわゆる屋台で、歩道にテーブルと椅子を出して営業するスタイルです。

テーブルはこんな感じ。

こちらがメニューです。

まあお店の感じからいって当たり前といえば当たり前ですが、メニューはオールタイ語です。

とりあえず注文を済ませしばし待ちます。

イサーン料理といえばビールが飲みたくなりますが、バイクで来たので水で我慢。
それなのに氷が入ったバケツはLEO。誘ってくるなー。

そしてムーガタの鍋が運ばれてきました。
ムーガタとは上のドーム状の部分で焼肉、周りの溝にスープを入れて鍋が楽しめるという、
1粒で2度美味しい料理なんです。

豚の脂が上にのっていて、ここで脂が流れ肉を焼けるっていう寸法。

そして肉のセット。牛、豚、鶏のセットです。

そして野菜もたっぷり。

肉は焼いて野菜は鍋にするのが一般的な食べ方です。

こちらは追加用のスープです。

そしてこちらはソムタムスペシャル。正式名称は違いますが、お店特製のソムタムという名前でした。

スペシャルだけあって、半熟のゆで卵やムーヤーン(豚の炙り焼き)、カノムジーン(素麺)など
具沢山!

そしてカオニャオ。もち米です。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

久しぶりにムーガタを食べたのですが、やっぱり美味しいですね。
そんなにあちこちでムーガタを食べたわけじゃないから、他の店とどうなんてことは言えないのですが、
美味しかったですよ。
それに焼肉と鍋を両方食べられるのは本当に嬉しいです。

またソムタムも美味しかったですよ。
今回はムーガタを食べたので、あれこれ頼めなかったですが、これなら他のイサーン料理も
美味しいんだろうなって思いました。

そんなわけで妻と2人であっという間に完食です。

お会計は300バーツ(約1,050円)でした。
最初は400バーツ(約1,400円)と言われ、お会計後に内訳のメモ紙を渡してもらえたのですが、
それを計算してみたら100バーツ高かったという・・・。

単純な計算ミスで、お店の人に言ったらめちゃくちゃ謝ってきたので悪意は全くないと思います。
だったらメモ紙をこちらに渡さないですからね。

ちなみにムーガタのセットは169バーツ(約591.5円)でした。



最後に・・・。

久しぶりにこういう路上のイサーン料理屋でムーガタを食べましたが、やっぱりいいですね。
衛生面でこういう店はちょっと・・・という方の気持ちももちろん理解できますが、
でもこういった屋台で食べるのもタイ生活の楽しさだったりもするので、機会があればチャレンジしてみてほしいです。

その時はお客さんがたくさんいる店、少しでも清潔そうな店を選ぶのが大事です。←なんかごく当たり前の事を言ってるな

ムーガタ、美味しいんですがただ一つだけ残念な点が。
それは、〆の雑炊や麺がないこと。

鍋の醍醐味といえば〆の雑炊やうどんなどの麺だと思うんですよ。
そのために色々な具をスープに入れ、スープをどんどん美味しくなるよう育てているようなものです。←若干極論

タイスキだったら麺や雑炊ができるのですが、ムーガタってないんですよね。
実際最後にスープを飲んでみたら美味しくて、やっぱりこのスープを使って〆の雑炊や麺を食べたいなと
思ってしまいました。

もしかしたら実際はあるのかな?詳しい方、教えてください!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:To Rungruan
場所:ソイコンベント
電話番号:
営業時間:不明 夕方から夜まで!?
定休日:不明
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です