人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

ワット・ポー近くのベトナム料理店【東京安南(トンキンアンナン)】はやっぱり美味しくておすすめ!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【東京安南(トンキンアンナン)】

です!

こちらのお店はベトナム料理店なのですが、オープン当初から美味しいと評判になり、あっという間に人気店になりました。
妻の実家の近くにあり、また義母がお気に入りのお店だったりするので、僕も何度か訪れた事があります。

このブログでも紹介しています。って、紹介したのは5年も前なのね。ということで5年前の記事をどうぞ。

どうも、きーきあっです。僕はタイ料理は大好きですが、ベトナム料理も大好きです。(嫌いな料理はないだろってツッコミごもっとも)といっても、タイ料理ほど色々料理を知っている訳じゃないですけどね。実際、ベトナムには3度ほど行ったことがあります。実際現地で...

 

で、先日久しぶりに訪れたこともあり今回記事にしてみたわけですが、このお店の常連といってもいい義母と一緒に行ったこともあって、珍しめの料理も登場するのでお楽しみに!

【東京安南(トンキンアンナン)】への行き方

場所は涅槃像でお馴染みのワット・ポーのすぐ近く、マハラート通りから1本細い路地を入ったところにあります。

ターティアンの船着き場から近いのですが、この船着き場は現在閉鎖しているのでMRTサナームチャイ駅から歩くのが一番シンプルかな。
ちなみに歩いて7~8分くらいです。

こちらの路地の右手側にあります。隣はマンゴースイーツで有名な【Make Me Mango】があります。
【Make Me Mango】についてはこちらの記事をどうぞ!

どうも、マンゴー大好き、きーきあっです。タイはマンゴーが安く食べられますので、マンゴー好きにはたまりません。マンゴーそのものだけでなく、マンゴーを使ったスイーツを出す店も多いです。その中でも一番有名なのは、やっぱりサイアムスクエアにある【マンゴー...

お店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。

プラスチックの衝立もあるし席の間隔も空いているので感染対策もバッチリです。

こちらがメニューです。両面になってます。
タイ語と英語表記で写真はありません。

ベトナム料理に詳しくない人は文字から料理をイメージしましょう。

ドリンクメニュー。

お皿にも店名の表記があります。

今回は常連である義母と一緒なので、料理のチョイスは全て義母と妻に任せ料理が来るのを待ちました。

そしてここからは注文した料理を紹介していきます。
まずはこちら。「Nem nuong」という、焼いたつくねのようなものを野菜やハーブと一緒に、春巻きの皮で包んで食べる料理です。

値段は310バーツ(約1,085円)です。

こちらが春巻きの皮です。パリッとしているので巻きづらいかと思ったらそんな事はなかったです。

こんな感じでお好みの野菜やハーブを載せ、タレをかけます。

あとはこのように巻いて食べるだけ。

こんなタレも別に付いてきます。

そして続々と料理が運ばれてきます。

こちらは「Crispy rice ball with sour pork salad」です。値段は220バーツ(約770円)です。

最初運ばれてきた時はチャーハン?って思ったけど、揚げたお米とネームという発酵ソーセージ、あとは玉ねぎや豆が入ったサラダのようなものです。でもお米もちゃんと入ってます。なのでご飯ものなのかサラダなのか微妙な料理です。

こちらは「Banh Bot Loc」です。値段は250バーツ(約875円)です。

バナナの葉のようなものに包まれたその中身は・・・

モチモチの皮の餃子のようなものが出てきます。こちらの中身は海老でした。

中身の具は2種類あり、こちらは豚挽肉です。形が違うのも面白いです。

そしてこちらは「Ground shrimp wrapped in egg roll sheet fried」です。
値段は220バーツ(約770円)です。

海老のすり身をワンタンの皮のようなもので挟んで揚げたものです。

こちらは「Thit Nuong La Lot」です。値段は250バーツ(約875円)です。

こちらの料理は牛肉が割と一般的なのですが、義母は牛肉が食べられないため豚肉バージョンを注文しました。

そしてもう1品。「Banh Canh」という麺料理。値段は150バーツ(約525円)です。

とろみのあるスープに小間切れの麺が入ってます。

実はこちらの料理、注文しておらず店側が間違えて出してきたのですが、広い心と大きな胃袋を持つ我々はそのまま受け取りいただくことにしました。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーーい!

もう何て言うかね、全部が美味しいんですよ。

って全然味の説明になっていませんが、とにかく味付けが絶妙。

ベトナム料理ってタイ料理に比べあっさりした味付けなんですけど、しっかりと美味しさが感じられるというか。

そして野菜やハーブをたくさん食べるので、なんか身体に良いものを食べてる感があります。

6品と結構な量でしたが、義母は小さい体に似合わずたくさん食べるので、我々3人でしっかりと完食です。

お会計は水20バーツ(約70円)と氷10バーツ(約35円)を含め1,430バーツ(約5,005円)でした。
税・サービス料込の料金でした。

最後に・・・。

多分訪れたのは1年ぶり以上なんですけど、相変わらず美味しかったです。

ベトナム料理好きはもちろん、このエリアに観光で訪れた方にはぜひ食べてほしいお店です。

ただ人気なので、できれば予約をした方が良いかと思います。

また、夜に訪れた時にはライトアップされたワット・ポーやワット・アルンを見ることもできるので、ぜひそちらも楽しんでほしいです。

ということで、久しぶりに訪れても変わらぬ美味しさに大満足だったきーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:東京安南(トンキンアンナン)
場所:69 ท่าเตียน ถ.มหาราชบรมมหาราชวัง พระบรมมหาราช, Phra Nakhon, Bangkok 10200
電話番号:093-469-2969
営業時間:水~月 11:00-16:00/17:00-21:00
定休日:火
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/tonkinannam/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です