人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

【内田家】の新メニュー、二郎らーめんを食べてきた!

どうも、きーきあっです。

ジャンク系のラーメンとして、超有名なラーメン二郎。
僕も大好きで、日本に住んでいた時にはちょくちょく通っていました。
ちなみにお気に入りは関内二郎でした。

バンコクにはラーメン二郎はないものの、二郎系ラーメンはいくつかのお店で食べられます。
それはそれでありがたいことなのですが、食べられるお店が増えるのは大歓迎。

そして今回、内田家で二郎系のラーメンが食べられると聞き、それならと行ってきました!
という事で今回紹介するのは、

【内田家】

です!

ガッツリ食べてきましたよー!

【内田家】への行き方

場所はタニヤ通りの真ん中ほどのところにあります。BTSサラデーン駅からも歩いて2~3分ほどと、アクセス的にも便利です。

こちらがそのお店です。

店の前にも「二郎らーめん」の看板が出ています。
ネーミングがそのままなのね。「らーめん」をひらがなにしているのでパクリにはならないのかな。

地図も載せておきますね。

店内の様子

こちら店内の様子。開店直後に行ったので、こちら側は誰も座っていませんが、僕が座っているテーブル席側ニハ2組ほどお客さんがいました。

いつもはメニューを紹介しますが、今回はもう何を食べるか決めていたので全く見ず。
お目当てはもちろんこちら。

その他通常のメニューなんかはこちらの記事をどうぞ!

どうも、きーきあっです。バンコクにはたくさんのラーメン屋があって、このブログでもいくつか紹介をしています。何度も言うように本当にバンコクのラーメン屋は数が増えるのと同時にレベルも高くなっています。それでも家系ラーメンを食べられる店というのはそれほ...

 

注文を済ませ、サービスで出てくる水を飲みつつしばし待ちます。

そして待つこと数分、ついにやってきました!
二郎らーめん!値段は通常250バーツ(約875円)のところ、プロモーション中で5月末まで199バーツ(約696.5円)でした。

注文時に無料で野菜増しにできるのでお願いしたところ、見事な盛りに!

麺は二郎系っぽく太めです。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

まず先にスープについて感想を述べますと、正直ちょっと甘めかなあと。
二郎系のラーメンだったら、もう少し醤油の味が強いほうがそれっぽいかもなあと思いました。

あと、豚(二郎系はチャーシューとは呼ばず「豚」と呼びます)も他のラーメンで使っているであろうチャーシューをそのまま使っているのが、イマイチこだわりきれていないのかなあ。
ただ、麺は確かに二郎っぽいし、それなりに二郎系のラーメンを食べている気分にはなりましたけどね。

しかし野菜の量はなかなかでした。もちろん野菜増しをお願いしたからなんですけど、それにしても結構な量でした。
ですので、自信がない方は普通にしておくのが賢明だと思います。

久しぶりに二郎系のラーメンを食べたなあと思いながらも、あっという間に完食です。

お会計は199バーツ(約696.5円)でした。
内田家は税・サービス料込なのが嬉しいですね。

ちなみにこの値段で食べられるのは5月末までなので、お早めに!

まとめ

スープに関しては正直そこまで好みではなかったのですが、麺と野菜はいかにも二郎って感じでした。
250バーツという値段についても、内田家は税サービス料込なので、そこまで割高感はないかなあ。

シーロムエリアで二郎系ラーメンが食べられるところがないので、どうしても食べたくなったらスクンビット方面まで行くのが面倒だったら、ここでもいいかな。
ただ内田家は家系ラーメンが美味しいから、ついそっちを食べてしまうという悩みもありますが・・・。

それにしても内田家は年々店内が豚骨臭くなってきているのが気になります。
元々豚骨の臭いはしてましたが、先日訪れた時はかなり強烈でした。
僕は平気な方ですが、これが苦手な人も多いだろうなあ。特にタイ人とか。

と、話はそれましたが、二郎系ラーメンが好きな方は1度お試しあれ。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:内田家 タニヤ店
場所:タニヤ通り
電話番号:02-237-7365
営業時間:11:00-2:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/uchidayaramen

<広告>

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です