人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

店内飲食再開の1食目はやっぱりラーメン!タニヤ通りの【内田家】で豚骨ラーメンを食べてきた!

どうも、きーきあっです。

2021年9月1日に、条件付きではありますがバンコクでは店内での飲食が可能になりました。
まだお酒は飲めませんが、それでもお店で出来たてを食べられるというのは本当にありがたいです。

とはいえ、その条件とやらが色々ややこしかったり曖昧だったり厳しかったりするので、まだ持ち帰り&デリバリーのみで営業するお店も少なくありません。

僕もまだ持ち帰り&デリバリー中心の生活を続けるかと思いますが、それでもお店で食べるという選択肢があるのは嬉しいことです。

で、その店内飲食一発目は何を食べようかと考えていましたが、やっぱりラーメンかなと。

そんなわけで今回紹介するのは、

【内田家】

です!

【内田家】はもう何度も利用しているお店ですが、やっぱり昼休みに行けるラーメン屋さんだとここになるんですよね。

そういえば前回の店内飲食解禁の際も、【内田家】でラーメンを食べてました。なんと単純な行動パターン。

どうも、きーきあっです。持ち帰り&デリバリーでの生活もそれなりに楽しんでいますが、でもやっぱり店内で出来立ての料理を食べるに越したことはないわけで。特にラーメンはやっぱり出来立てを熱々のうちに食べるのが間違いなく美味しいわけで。ということで今回紹...

 

ということでさっそく紹介しちゃいます!

【内田家】への行き方

お店はタニヤ通りにあります。あとスクンビットソイ39、フジスーパー2号店の近くにもありますが、今回僕が訪れたのはタニヤ店でした。

お店の外観はこんな感じです。店内飲食禁止期間中は店を閉めていたので、おかえりなさいって気分でした。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。席の間隔も空けていて、またパーテーションも設置するなどコロナ感染対策もしっかり取っていました。

こちらがメニューです。

【内田家】は九州豚骨、家系、二郎系、つけ麺など色々なラーメンがあるのですが、今日は九州豚骨にしようと入る前から決めていました。

ということで注文を済ませ待つこと数分、ラーメンが運ばれてきました!

今回注文したのは、九州豚骨スペシャルです。値段は260バーツ(約910円)です。
チャーシュー、海苔、味玉、高菜など、フル装備状態です。

いつもだったらシンプルな九州豚骨ラーメンにするところですが、店内での飲食が再開されたということでお祭り気分で頼んでしまいました。

麺はこんな感じ。そうそう、麺は硬めでお願いしました。

そして(個人的に)欠かせないのがご飯。小ライスを選んで40バーツ(約140円)でした。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

熱々のスープ、そして茹でたての麺。あー、これこれ!これを待ってたんだよって気持ちになりました。

以前は当たり前だったことが、こんなにありがたいと思えるとは。

そんな感傷的な気持ちになりつつ、それでもあっという間に完食です。

って、ちゃんと味わいましたよ。やっぱりここのラーメンは安定の美味しさです。
家系も美味しいのですが、ここは豚骨ラーメンも美味しいんですよね。

お会計は300バーツ(約1,050円)、税・サービス料込の料金でした。

久しぶりのラーメンに満足しましたが、ご飯までいっちゃったせいか、午後は眠くて仕方なかったです。

最後に・・・。

店内飲食禁止期間中も、ラーメン屋さんは色々な工夫をしてくれ、美味しいラーメンを提供してくれましたが、やっぱり店内で食べるラーメンは格別の味でした。

もう2度と店内飲食禁止なんてことが起こらないよう、1日も早くコロナ感染が落ち着いてほしいものです。

さて、これからも基本的に持ち帰り生活は続けていきますが、たまにはこうやってお店で出来たての料理を味わいたいと思います。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:内田家 タニヤ店
場所:タニヤ通り
電話番号:02-237-7365
営業時間:11:00-22:00 ※規制期間中の特別営業時間
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/uchidayaramen

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です