注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

ボルガライスって何だ?スリウォンの【もっこりラーメン】でボルガライスを食べてきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【もっこりラーメン】

です!

【もっこりラーメン】といえば、料理の種類が多すぎてラーメン屋と呼んでいいのか、中華料理屋なのか中華居酒屋なのかよくわからないけど、バンコクで長いこと営業している有名なお店です。

もちろんこのブログでも何度か紹介していますが、今回食べるのはラーメンではありません。

皆さん、ボルガライスって知ってます?

おそらく名前を聞いたことも食べたこともない人が大多数だと思うのですが、なんでも福井県越前市のご当地グルメだそうで。

ボルガライスって何なの?って人のために説明しますと・・・

福井県武生市(現:越前市武生地区)で、1980年以前に登場したメニューで、オムライスの上にカツをのせソースをかけた洋食である。オムライスの中身がチャーハンだったりピラフだったり、かけられるソースもドミグラスソース、トマトソース、中華風あんかけ、カツもトンカツではなくメンチカツだったりと提供する店ごとに特色がある。越前市産の食材を3種類以上使ったボルガライスはプレミアムボルガライスと呼ばれる。

上記のオムレツにカツをのせソースをかけるスタイル以外にも、ドリア風ボルガライス、うどんの上にふわふわの卵とカツを乗せる「鍋ボルガ」、ホットドッグや押し寿司の形状のボルガライスも販売されている。

越前市内にはボルガライスを提供する店は、2010年には5店舗で地元でも2割程度しか知っている人がいない料理だったが、日本ボルガラー協会(後述)の活動が功を奏して2017年には20店舗と増加している。

2012年頃には学校給食として提供されたこともある。(以上Wikipediaより引用)

ということだそうです。

簡単に言えば、

オムライスの上にカツを載せてソースをかけたもの

ということですね。え?何それ、美味しそうじゃん。というよりこれで美味しくないわけがないですよね。だって美味しい要素しかないですもん。

そんなボルガライスをバンコクで出しているのが【もっこりラーメン】なんです。

これは食べてみるしかないだろってことで行ってきたので、さっそく紹介しちゃいます!

 

【もっこりラーメン】への行き方

場所はナラティワート通りソイ1、スリウォン通りとシーロム通りの間、日本食のお店がいくつか並ぶ一帯にあります。
BTSチョンノンシー駅から歩いて8~9分くらいと、余裕の徒歩圏内です。

お店の外観はこんな感じです。

この日は昼時に訪れたのでランチセットの看板も出ていました。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。店の壁(何なら天井まで)にびっしり貼られたメニューやオーナーと有名人との写真が圧倒胃的な存在感を放ってます。

そしてこちらがメニューです。

相変わらずのメニューの多さ。お目当ての料理を探すのも大変です。

ようやく見つけたのがこちらです。そう、ボルガライスです。

ボルガライス一択のつもりで入店しましたが、実はこちらもめちゃくちゃ気になりました。
宮崎のご当地グルメ、辛麺です。

以前宮崎を訪れた時に食べたことがあって、すごく美味しかった記憶が。インスタントラーメンも買って帰ったほど気に入ったので、正直ボルガライスはやめてこっちにしちゃおうかなとも思ってしまいました。

そんな中で注文を済ませ待つこと数分、ついにやってきました!

今回注文したのはもちろんボルガライスです。値段は288バーツ(約1,008円)です。

事前の情報通り、オムライスの上にトンカツが載っていて、そこにデミグラスソースがかかってます。

中のご飯はちゃんとケチャップライスです。

スープも付いてきました。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味い!

まずオムライスですが、これは普通に美味しかった!オムライス単品のメニューもありますが、今度は単品で食べてみてもいいかなってくらいです。

そのオムライスの上に載っているカツですが、サイズは大きいもののやや薄め。カツカレーに載っているならまあいいかなって思うけど、とんかつ定食のカツがこれだったらちょっと残念って思うかなって感じです。

あとデミグラスソースはB級グルメ感をより強く感じさせる味で、これはこれでいいと思います。

ただ一緒に付いてきたスープはびっくりするくらい残念な感じでした。味が薄い中に何だこれはというテイストが顔を出してきて、それを解明するために3口ほど飲みましたがそこで断念するほど。

ということでスープは残したものの、ボルガライスはしっかりと完食です。

炭酸水30バーツ(約105円)を含め、お会計は318バーツ(約1,113円)でした。
税・サービス料込の料金でした。

最後に・・・。

初めてのボルガライスを福井ではなくバンコクで食べるという貴重な経験をしたわけですが、いい意味でも悪い意味でも想像の範囲内という感じでした。オムライスとカツとデミグラスソースだったらそうなるよなって。

ただ、福井県の有名なお店で食べたらもっと違う感想になるのかなとも思いましたし、本場で食べてみたいという気にもなりました。

あくまで今回は【もっこりラーメン】のボルガライスを食べた感想ということでひとつ。

というわけで気になる方はチャレンジしてみてくださいね。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:もっこりラーメン
場所:Silom-Surawonge Condo, 43/1, Soi Anumarnratchathon
電話番号:02- 634-2319
営業時間:火~日 11:00-14:30/17:00-23:00
定休日:月
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です