人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

サパーンクワイにあるタイレストラン【Yang Gao Gorn 】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Yang Gao Gorn 】

です!

先日妻の実家へ行った際、夕飯を食べようという事になり、行ったのがこちらの店。
妻の家族と一緒に行く時には料理の選択は全て皆に任せて僕はひたすら食べるだけなのですが、今回もそんな感じでした!



【Yang Gao Gorn 】への行き方

場所はパホンヨーティン通りのソイ14、BTSサパーンクワイ駅とBTSアーリー駅の間くらいです。
どちらの駅からも歩いて10分ちょっとで行けますよ。

こちらがそのお店です。一軒家のレストラン。なんかそれだけで美味しいだろうって勝手に想像してしまいます。

地図も載せておきますね。

店内の様子

店内の様子をお伝えする前に、屋外の席をまずは紹介。こちらも良さげ。

こちら店内の様子。思ったよりカジュアル。

こちらがメニューです。

メニューはタイ語と英語表記。一部のメニューには写真もあります。

メニューの最初のページにはおすすめの料理が紹介されていました。
こちらには値段が書いてませんが、他のページにはちゃんと値段の表示があるのでご安心を。

メニューを見るのも疲れるほど、たくさんの種類の料理がありました。
全体的に値段はそれほど高くなかったです。

一応僕もメニューを見てみたりしたのですが、基本的に妻の家族と食事に行く時は全て皆に任せます。
その方がきっと美味しい料理や普段食べたことがない料理を食べられるからです。
決して発言権がないわけではありません。決して・・・

それはさておき、ここからは注文した料理を紹介します。
まずはこちら。トードマンプラー。さつま揚げみたいな料理です。割とベタな料理ですね。

次はミー・クローブ。かた焼きそばみたいな揚げ麺です。ちょっと甘めの味付けです。

挽肉や海老など具だくさんです。

こちらはチャオムという野菜と春雨を炒めたもの。チャオムはよくオムレツの中に入っています。

こちらはスズキを揚げたやつ。ニンニクチップがたっぷり。

そしてカイ・パーロー。見た目も味付けも豚の角煮みたいな料理です。
これは辛くないので、辛いのが苦手な人も食べられます。
今回甥っ子&姪っ子が一緒だったので、彼ら向けに注文しました。

そしてこちらはカニの身が入ったココナッツミルクベースのディップと生野菜を一緒に食べるやつです。
ちょっと辛めです。
クリームシチューみたいな感じです。ご飯にかけたくなる味です。

こちらは魚が入ったスープ。辛くそしてちょっと酸味があります。
少しクセがある味なので、好き嫌いは分かれそうではあります。

こちらも魚料理。魚の身をレッドカレー味で炒めたやつ。正式名称不明。

 

一気にデザートまで紹介します。こちらはクラッシュアイスとシロップの中に、なんだかわからない果物が入ったやつ。
って、あまりに雑な説明になったので妻に確認したところ、「ルークタン」というプラムのシロップ漬けとのことでした。

そしてもう1品。僕が大好きなロッドチョン。今回は義母が注文したのですが写真を撮らせてもらったついでに、僕も1口いただきました。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

いや、どれも美味しいです!決して高級感溢れるって感じではなく、家庭料理っぽいんだけど、すごく丁寧な味付けでした。

カイパーローも普段屋台や食堂で食べるぶっかけ飯のおかずとは違うクオリティーです。
ご飯もボウルで注文したのですが、ご飯がすすむおかずばかりなのでガッツリ食べてしまいました。

ここまで紹介した料理を大人6人、幼児2人であっという間に完食です。
お会計は1,825バーツ(約5,475円)でした。

この人数でこの値段ならまあ安いんじゃないでしょうか。
って、お会計は妻が払ったので偉そうな事言えないんですけど。



まとめ

ほどよくカジュアルだけど安っぽさはなく、料理の味も素朴だけど丁寧な味付けで気に入りました!
デートとかアテンドで利用するよりは、家族と週末に食事に行くような店ですね。

こういう店が近所にあって、通い続けて常連とかになったら素敵な感じです。

なんかカジュアル感をやたら強調していますが、実はタイ航空の機内誌にも紹介されたことがあるみたいで、隠れた名店のようですね。どうりで美味しいはずだ。

という事で、興味がある方はぜひ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Yang Gao Gorn
場所:パホンヨーティン通りソイ14
電話番号:099-024-2021
営業時間:11:00-21:00
定休日:火
URL:
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/YangGaoGorn/

<広告>









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です