人気記事:全てのタイ・リーグファンに捧ぐ!今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2020

スアンルアンスクエアにある【Zapponfai】はヤムとガイトードが美味しい!

どうも、きーきあっです。

2020年3月22日(日)から、コロナウィルスの影響により、バンコクではデパートをはじめとした商業施設などが全て閉鎖となりました。
5月3日(日)から一部のお店では条件付きで営業可能となっていますが、まだ全ての店舗が通常営業になっているわけではありません。

そんな中でも少しずつ店内での飲食が(まだお酒はダメですけど)できるようになってきて嬉しい限りです。

と、そんな訳で今回紹介するのは、

【Zapponfai】

です!

正直言いましてこちらのお店、全くのノーマークでした。

というのも、元々別のお店に行く予定だったんですよね。で、そのお目当てのお店に行ったところ、営業していなかったという、我が家で毎度おなじみのパターン。

そこは妻が行きたいと行っていたお店でして、事前に営業しているかちゃんと調べてねと念押ししておいたのに、店の前に行ったらクローズと。

もうこのパターン何度目だよってちょっと険悪なムードになりつつ、怒りを抑えつつ、近くにあるスアンルアンスクエアというところへ行ったところ、今回紹介するお店を見つけました。

さて、そんな状況で訪れたお店ですが、美味しかったのでしょうか・・・。

【Zapponfai】への行き方

前述のとおり、お店はスアンルアンスクエアにあります。

スアンルアンスクエアとは、国立競技場近くにある飲食店などが密集する場所で、このブログでもいくつかお店を紹介したことがあります。

ちなみにBTSナショナルスタジアム駅から徒歩10分ちょっとかかります。

お店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

入口で体温を計られてから、店内へと案内されました。
また、名前と連絡先も書くように言われ素直に従います。

外食可能になってから、名前と連絡先を書くように言われることが増えましたが、こういうことをちゃんとやっているからこそ、タイはコロナの感染を最小限に抑えられているんだなあと。

で、こちらが店内の様子。

2階もあるようですが、現在利用しているのは1階と店の外側だけです。

こちらがメニューです。

メニューはタイ語、中国語、英語表記です。写真付きなのも嬉しいですね。

メニューを見て思ったのが、なんかオシャレ!ということ。メニューのデザインや写真がとても凝っているなあ。

注文を済ませ待つことしばし。料理が運ばれてきました!

まずはこちら。ヤム・ムーヨー・カイデンです。

ムーヨーとはタイのベトナム風ソーセージです。タイでベトナム風って訳が分からないですが、そう言います。
白い豆腐みたいなやつがムーヨーです。
あと、ヤムは和えるとか和え物的な意味で使います。

あとカイデンとはこちらの卵の黄身です。カイデンは赤い卵って意味です。

そしてこちらはヤム・プラームックです。イカが入ったヤムです。

そしてもう1品。ガイトード。フライドチキンですね。

そしてもちろんカオニャオも。もち米です。これは欠かせないです。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まずヤムですが、辛さと酸味のバランスがちょうど良いです。

もちろん見た目のとおり辛いのですが、ガツンという暴力的な辛さではないです。辛いけど美味しいを実感できる程度です。
これはトウモロコシが入っているのが大きいかも。トウモロコシの甘さが辛さを中和してくれます。

メインの具であるイカとムーヨー以外は、同じ具だし同じ味付けなので1種類で良かったのではと思わなくもないですが、でも美味しいからいいです。

そしてガイトード。

実は最初持ち帰りにしようとしていたんですよね。というか持ち帰りにしたかったんです。
理由は、まだ店内でアルコール類を飲むことはできないから。

やっぱりソムタムやヤムといった料理はビールを飲みながら食べたいわけで。
店内で飲めないなら持ち帰って、自宅でゆっくりビールとともに味わいたいなあと。

まあ冷静に考えると、バイクで訪れているわけですから店内でも飲めないんですけどね。

でも、店で出来たてを食べたいという妻に却下され、店内で食べることになり・・・。

そんな思いを吹き飛ばしてくれたのが、このガイトード!←前置き長すぎ

揚げたてのガイトードをかぶりついた時に、ああここで食べてよかったなあと。←単純

揚げたてだから美味しいというのはもちろんありますが、でもそれを差し引いても美味しいです。

辛いヤムとは対照的に、こちらのガイトードは割と味付けがあっさりめでした。

一応タレも一緒に付いてくるのですが、あっさり味が好きならタレがなくてもそのままでいけます。
しっかり味が好きな人はタレをつけてどうぞ。

ということでヤムとガイトード、そしてカオニャオをしっかりと完食です。

ちなみにカオニャオは妻が半分でギブアップし僕に残りを託してきたので、1.5人前を食べております。

もう毎回そうなんだよな。カオニャオ1個半はハードです。しかも半分寄こすときはだいたいその店のカオニャオの量が多い時なので、余計に辛いです。

そんな満腹状態でお会計です。

ここまで紹介した料理とペットボトルの水の料金を入れ、450バーツ(約1,575円)でした。

値段的にはまあまあといったところかな。高くもなく安くもないという微妙な価格設定でした。

最後に・・・。

こういうスタイルのお店が増えたのか、それともたまたま行く機会が増えただけなのかは分かりませんが、今年に入ってからちょっとオシャレめのヤム専門店が増えたような気がします。しかもこのエリアに。

そんな中でこちらのお店のヤムはかなり美味しかったです。他の店より辛さも控えめな気がしました。

そしてガイトードも美味しかったので、この店を訪れたらぜひ食べてみてほしいです。

満足度は高かったですが、でもやっぱりビールと一緒に味わいたいなあ。
店でお酒が飲めるようになったら、また来たいなあ。そしてその時はビールを飲みたいです。

新しいお店みたいでとてもきれいでおしゃれなので、あまりローカル過ぎる店は衛生的にちょっとなんて人は是非とも。
特にヤムが好きなら訪れてみてほしいですね。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Zapponfai
場所:22 ซอย จุฬาลงกรณ์ 12 Wang Mai, Pathum Wan District, Bangkok 10330
電話番号:092-446-6616
営業時間:16:00-23:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://m.facebook.com/puponfai/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です