人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

【PR記事】日本の商品が海外から買える!受け取れる!通販サイト【ZenPlus】で買い物してみた!

どうも、きーきあっです。

タイに住んで約9年ですが、昨年まで最低でも年に1度、多い時は4回ほど日本へ一時帰国していました。

それがですよ。コロナウィルスのせいで、今年に関しては1度も日本へ帰れていません。

日本への一時帰国の楽しみと言えば、友人や家族と会ったり、美味しいものを食べたり、日本国内を旅行したりと色々ありますが、日本の食材やお酒などをたくさん買って帰ってくるというのも楽しみのひとつだったりします。

それらが1年以上できていないわけですから、コロナのバカ!って言いたくもなります。

それでもタイ、特にバンコクは日本の食品や書籍などが手に入りやすく、それも日本より少し高いくらいで買えるからまだマシですが、それでも買えないものは色々あるわけで。

そんな中、とある通販サイトを運営する企業様より、試しに買い物してみませんかとのご提案をいただきました。

なんということでしょう!もう二つ返事でOKしちゃいましたよ。そして思いっきり買っちゃいましたよ。

というわけで今回はその通販サイト

【ZenPlus】

を紹介しちゃいます!

ZenPlusとは?

皆さんはというサイトはご存知でしょうか?

正直に言うと、僕は今回このお話をいただくまで知りませんでした。

それもそのはず、ZenPlusは日本語版を正式に後悔したのが2021年10月1日と、まだ3か月経ってない新しいサイト。
なるほど、それなら知らなくても仕方ないです。←決して開き直ってるわけではないです

そんなまだ生まれたてのサイトである、ZenPlusについて簡単に説明しますね。

ZenPlusは、日本のお店が日本国外に住む人々に商品を販売する、新しいショッピングプラットフォームです。日本からの購入プロセスを可能な限りスムーズにするために、国境を越えた取引に最適化されています。(以上Webサイトより引用)

平たく言うと、僕のように外国に住んでいる日本人が日本の商品を買うことができる通販サイトです。この後に紹介しますが、手続きも注文も全て日本語でできますし、すごく簡単でした。

で、そのZenPlusを運営しているのは大阪に本社を置く日本の企業、ゼンマーケット株式会社です。
ゼンマーケット株式会社は買い物代行サービスの「ZenMarket」や定期購入サービスの「ZenPop」なども運営しています。

サービス自体は新しいですが、このように色々なサービスを提供している会社ですので、しっかりとしたノウハウがあるわけなんです。

ZenPlusの魅力とは!?

と、ここまで簡単に説明したところで、次にZenPlusの魅力をまとめておきました。
おすすめできるポイントはこんな感じです!

  1. 手数料無料・・・代金は商品代と送料のみなので分かりやすい!
  2. 世界中にお届け・・・EMSやDHL等さまざまな配送方法を利用していることもあり、世界150か国以上へ発送実績あり!
  3. 日本のお店から購入・・・ZenPlusには1,500店舗以上の日本のお店が登録しており、直接商品を購入できる!
  4. 豊富な品揃え・・・取り扱いのある商品は700万点以上!あれもこれも買える!
  5. 無料のおまとめ梱包・・・それぞれ別のお店で買い物した商品も全てまとめて梱包してくれるので、送料も抑えることができる!
  6. 安心の返金保証・・・不良品など、届いた商品が購入時の条件と反する場合、全額保証あり!
  7. 待ち時間なし・・・カートに商品を入れた時点で支払額が確定するので、金額がすぐにわかる!

と言ったところです。

実際僕も利用しましたが、確かに商品の数が豊富でどれを買おうか悩んでしまいましたし、人気商品からちょっと変わった商品までバラエティに富んでました。

ZenPlusを利用してみた!

僕も実際に利用してみたので、会員登録から注文、そして商品の受け取りまでの流れを説明しますね。

まずはこちらのサイトにアクセスします。

ZenPlusトップページ

するとこのようなトップページが出てきます。

初めての人は会員登録をする必要があります。
会員登録のボタンをクリックすると、メールアドレスや氏名、パスワードなどを入力する画面に移行します。

必要事項を入力し会員登録ボタンを押すと、入力したメールアドレスに認証メールが届きます。
そこに記載された認証コードを所定の画面に入力すれば会員登録完了です。

注文画面も少しお見せします。商品はジャンルごとに分かれています。

買いたいものが決まったら、あとは買い物かごに入れるだけ。
その際、送料を含めた総額が表示されるので、あとは支払い方法を選択し確定するだけ。

注文が確定した後、それから商品が日本から発送された際にそれぞれメールが届きます。
発送後のメールには荷物の追跡番号が記載されているので、今どこに荷物があるのかもすぐに分かります。

ということで、今回注文したのがこちらです!

まずは日本酒。全部で3本買いました。
お酒は日本酒の他にもワインや焼酎、ビールや洋酒などいろいろありましたよ。

そして酒を買ったら欲しくなるのがつまみ。

こちらも魅力的な商品がたくさんあったのですが、今回選んだのはこちら。

このサバ缶、ご存知ですか?
僕は少し前にこのサバ缶の存在を知り、食べたいなあって思っていたんですよ。

そうしたらこちらのサイトにあったので、小躍りしながら買い物かごに入れました。
今回は5種類のアソートセットを買いました。

そして昔懐かしい、やきとりの缶詰。これ好きだったんですよ!ですのでこちらも購入。

今年の年末年始は数年ぶりにどこにも行かずバンコクの自宅で過ごすので、年越しそばを自宅で食べようとこちらを購入。

と、ここまで僕が食べたいものしか買っていないことに気が付きました。
ということで、妻の分としてあんみつを買いました。

以上の品を購入したわけですが、商品代金が9,748円、そして日本からバンコクまでの送料が15,880円、トータルで25,668円でした。

お酒に関してはやっぱり安いなあと思いますが、送料はやっぱりそこそこかかりますよね。
ポイントとしてはこの送料をどう考えるかだと思うんですよ。

僕としては、現状日本へ帰れないわけだし、日本に行くなら航空券代がかかる。その航空券代と考えればいいんじゃないかと。
自宅まで届くわけですし。

で、無事に受け取って、めでたしめでたし・・・というわけにはいかなかったんです。

商品発送メールが届いてから、追跡番号で荷物をチェックしていたのですが、バンコクに着いてから数日経っても止まったまま。
妻にお願いして郵便局に問い合わせてもらったところ、関税を払わなければならないため、ここで止めているとのこと。

本来なら税関から呼び出し状が届いてその事実を知るのですが、電話口の人が言うにはもう受け取りに来ても構わないとのこと。

じゃあ仕方ない、行ってやるかと思ったところ、場所はドンムアン空港の近く、そして受付時間は平日の8:30~16:30のみ。
しかも昼休みの1時間も閉まっているとのこと。

どうやっても会社勤めには無理な時間帯、そして場所。

こういう時に頼りになるのが妻。ということで、妻にお願いして行ってきてもらうことにしました。
また、その際の委任状なども妻に用意してもらい、僕はそれにサインするだけ。←ダメ夫

こんなことならあんみつだけじゃなく、もっと色々妻のために買っておくべきでした。

ちなみに取りに行く場所はこちらです。

この時点では追加でいくら支払うのかが分からず、現地に行った妻からLINEで〇〇バーツ支払ったよという連絡が来ました。
この画像とともに。

関税、酒税にVATなどトータルで4,140バーツ(約14,490円)でした。

商品代金だけで1万円分買ったわけだし、お酒も3本あるからある程度覚悟はしていましたが、思っていたよりかかったなあというのが正直なところ。

それでも日本酒や食べたかった缶詰など、注文した商品が手元に届いた喜びには代えられません。
心して飲んで食べたいと思います。

それと関税の支払いや荷物の受取については、ウド子さんのブログのこちらの記事に詳しく載ってますので、ぜひ参考にしてください。

日本からタイに届いた荷物をチェンワッタナにあるPostal Customs Service Division(郵便税関サービス部門)まで受け取り&関税を支払いに行った話。 - 夫婦でバンコク移住下町滞在日記

最後に・・・。

というわけで、今回初めてZenPlusを利用してみたわけですが、会員登録から注文までとても使いやすく、分かりやすかったです。
日本から商品を発送するのも意外と早かったですし。

あとはタイに着いてからのやり取りについては、こちら側の問題ですし、あと日本酒を3本も頼んだ僕のせいでもあるので、その辺はさておきまして。

日本から荷物を送ってもらったり、そしてそれを現地で受け取るという際の送料や関税というのはどうしても海外在住者にはついて回る話でして。

特に我々タイ、特にバンコクに住む人間は日本の商品が割と手に入りやすく、どうしても有難みは薄れるかもしれませんが、そうでない地域、国に住んでいる人にとってはすごく便利なサイトだと思います。

特にコロナで気軽に日本に帰れなくなっている今は余計に重宝するのではないでしょうか。

最後にもう一度サイトのリンクを貼っておきますので、まずはZenPlusのサイトを見て、どんな商品があるかだけでもチェックしてみてはいかがでしょう。

ZenPlusトップページ

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>

             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です