バンコクに一生住む?

バンコクに住んで、バンコクからブログを発信しています。どうでもいい情報と、たまにはタメになる情報を!

【書評】【バンコク駅近タイごはん50店 BTS篇】を読んでみた!

time 2017/03/20

【書評】【バンコク駅近タイごはん50店 BTS篇】を読んでみた!

どうも、きーきあっです。

もうすっかり自分のお気に入りアイテムとなってしまった【kindle paperwhite】。

あわせて月々980円で多くの本が読み放題となる【kindle unlimited】に加入しているので、もう色々な本をダウンロードしまくりです。

さて、そんなkindle生活を満喫している中で、以前から気になっていた本を思い出しました。

それは

【バンコク駅近タイごはん50店 BTS篇】

です!

購入しようと思ったら、なんと読み放題の対象に入っていました。

これはラッキーとばかりにさっそくダウンロードしてみました。

あ、僕のはkindleでダウンロードしたので白黒ですが、実物はカラーですよ!

【バンコク駅近タイごはん50店 BTS篇】とは?

【バンコク駅近タイごはん50店 BTS篇】は超有名なタイブログ、

【激旨!タイ食堂】

のブログ主である西尾康晴さんの著書です。

【激旨!タイ食堂】といえば、タイのローカル食堂や屋台を紹介するブログです。僕もかなりお世話になっていて、ブログを読んで行ってみた店は数知れず。

ちなみにブログはこちらです。

そんなブログ主さんがこの本で紹介するのは50店。しかもそのうち32店がブログ未掲載の店!

更に紹介する店は全てBTSで行ける範囲なので、在住者だけでなく旅行者でも行きやすい場所ばかり。

これは非常にユニークな本です。

読んでみた!

今回の本のテーマが、BTS駅近の店を紹介するということなので、まず、BTSの路線図や乗り方の説明がありました。

そしてお店の紹介が始まります。

お店はBTSの駅別に掲載されているので、とても見やすいです。

実際掲載されているお店をチェックしてみたところ、これがバラエティに富んでいます!

まず場所ですが、日本人が多く住むトンロー、エカマイ、プロンポンはもちろんのこと、チャオプラヤー川を超えた川向こうのタラートプルーやクルントンブリーの店まで紹介されていました。

それに料理もカオマンガイやソムタムなどお馴染みのものから、ラートナーやカオ・ナーガイをはじめとする、旅行者には馴染みのないものまで、色々な料理が紹介されています。

中にはフカヒレの店まで紹介していたり!

またお店については店名や営業時間はもちろん、メニューの一部や値段、そしてBTS駅からの行き方まできちんと書いてくれているので、タイの土地勘がない人でも行きやすくなっています。

BTSの駅は出口が複数あるのできちんと「○番出口を出て~」という説明書きがあるのも嬉しいです。

本の中で紹介している店は、僕の知っている店もあれば、へー、こんな店あるんだと驚く店もたくさんあり、とても参考になりました。

実際いくつか行ってみたい店もありましたよ。実際行ったら僕のブログでも紹介する予定です。

まとめ

タイ在住者、そして食べ歩きが好きな僕が読んでもとても参考になる本でした。

タイ料理が好きで、ローカルな店で食べてみたいという方は、この本を片手に食べ歩きをしてみるのもいいですね。

値段も480円と安いですし、タイ好き、タイ料理好きなら買っておくべき!

ただ電子書籍のみの販売なので、そこだけはご注意を!

第2弾はMRT(タイの地下鉄)版を予定しているようですが、楽しみにしています。

以上、きーきあっがお伝えしました。

それではまたまた!

<広告>

down

コメントする




きーきあっ

きーきあっ

美味しいもの、一人旅、野球、サッカー、数少ない友達、彼女、 それさえあれば生きていけます。

広告

スポンサードリンク

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930