バンコクに一生住む?

タイでの生活やタイ旅行がより楽しくなるための情報を!

バンコクの日本大使館近くにあるカフェ【Brooklyn Baker(ブルックリンベイカー)】へ行ってきた!

time 2016/12/14

バンコクの日本大使館近くにあるカフェ【Brooklyn Baker(ブルックリンベイカー)】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

最近、休みの日にちょっと早起きをしてカフェで朝食をとる、なんてガラでもないことをやっておりまして。

そんな中、以前からちょっと気になっていたカフェがあったのですが、ようやく行くことができたので紹介します。

今回紹介するのは

【Brooklyn Baker(ブルックリンベイカー)】

です!

アクセス

場所は日本大使館のあるウィッタユ通りから細い道を入って10分ちょっと歩いたところにあります。

こちらがウィッタユ通りです。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1872-20161209

日本大使館です。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1874-20161209

ラマ4通りから歩いて日本大使館を通り過ぎた1つ目のソイを入っていきます。こちらです。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1876-20161209

こちらをくぐり奥に進みます。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1877-20161209

この道を真っすぐ進み突き当たりを左に曲がります。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1878-20161209

突然こんなローカルな市場が出てきて焦りますが、間違ってないですよ。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1879-20161209

市場を抜けこの道を道なりに進みます。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1881-20161209

左手にこちらが見えてきます。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1884-20161209

お目当てのカフェはスパの1Fにあります。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1883-20161209

こちらがカフェの看板ですが、ちょっと気になることが。

営業時間が10時からと書いてあります。事前の情報では朝の8時から営業しているはず。ちなみに到着したのは9時。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1882-20161209

マジか!こんな辺鄙なところで1時間も時間を潰すのは無理です。大通りに戻ったとしてもカフェに行くためにカフェで時間を潰すなんて本末転倒です。

ガッカリしながら元の道を戻りながらも、ダメもとで店に電話を入れると電話に出た!店はオープンしているのかを確認したところ、オープンしているとの回答が!

なんだよ!紛らわしい看板だな!

もう、なんだよーと思いながらもホッとして店に戻りました。

皆さん、この看板に騙されてはいけませんよ!しかし何で違う営業時間が書いてあるんだろう・・・。

そうそう、分かりづらい場所なので地図を載せておきますね。

 

店内の様子

店に入るなり、営業時間が書かれている黒板発見。こちらには8時から営業と書いてあります。こちらが正解のようです。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1901-20161209

店内の様子。奥にあるカウンターがスパの受付のようです。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1900-20161209

こちらはカフェのカウンターです。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1917-20161209

ショーケースにはケーキが並んでいます。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1896-20161209

まだケーキは出そろっていないようですね。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1895-20161209

ケーキや料理の写真も飾ってあります。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1898-20161209

オシャレです。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1899-20161209

こちらがメニューです。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1919-20161209

この店に来たのは、これが食べたかったからです。「Egg Rothko」という名前です。240バーツ(約720円)となかなかいいお値段します。料理の詳細は後ほど。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1888-20161209

シンプルな「American Breakfast」です。でも値段は250バーツ(約750円)!

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1890-20161209

だったら、こっちのサンドウィッチの方が美味しそうだし値段も安いし魅力的なんですけど。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1893-20161209

フレンチトーストです。値段は300バーツ(約900)円。ちょっとオシャレなカフェだと値段ってこんなものなの?

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1892-20161209

その他のメニュー。もうこのへんからは解説なしでいきます。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1902-20161209

その他のメニューその2。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1903-20161209

これはちょっと惹かれました。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1904-20161209

こちらは週末限定メニューのエッグベネティクト。300バーツ(約900円)。

いつも思うんですがエッグベネティクトって何でこんなに高いんだろう。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1913-20161209

パンケーキもあります。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1914-20161209

もう1つパンケーキ。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1915-20161209

朝食メニューだけでなく、食事のメニューもいくつかありました。パスタ。スパゲッティー・キーマオってやつですな。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1905-20161209

ツナサラダ。250バーツ(約750円)。値段に関してはもう何も言うまい・・・。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1908-20161209

ご飯ものもありました。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1909-20161209  

こちらドリンクメニュー。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1886-20161209

ドリンクメニューその2。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1887-20161209

注文はこの紙に書いて店員さんに渡します。英語表記なので安心です。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1891-20161209

待つこと数分。まずカフェラテがやってきました。こちら90バーツ(約270円)。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1920-20161209

そして注文した「Egg Rothko」もやってきました。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1922-20161209

チーズトーストと、ソーセージ、ベーコン、そしてトマトとパイナップルのサラダ、あとはサニーレタスです。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1921-20161209

このチーズトースト、一見ただのチーズトーストに見えますが・・・

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1923-20161209

中には半熟状態の目玉焼きが。

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1925-20161209

真ん中から切ると、黄身が流れ出すんです。最高のビジュアルです!

%e3%81%8d%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%a3img_1926-20161209

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まずなんといってもトーストが美味しいんです。すごくサクサク。タイでパンが美味しいとなんか嬉しくなりますね。チーズと半熟の黄身と一緒に食べるともう最高です。

付け合わせのソーセージは噛むとパキッとするタイプ。これまた美味しいです。

トマトとパイナップルのサラダも微妙な甘みと酸味のバランスが良く、意外といけます。

サニーレタスにかかっていたドレッシングも酸味があり、ちょっと変わってますが美味しいですね。

うーん、わざわざ来た甲斐がありました。

あっという間に完食です。

さて、お会計。先ほどのカウンターまで出向き、お会計をします。

サービス料10%が加算され363バーツ(約1,089円)でした。

うーん。いつもここで疑問に思う事が。

このサービス料って、なんなんだろう。

いや、例えばホテルのレストランとか、高級なレストランだったらわかるんですよ。それなりの接客をしてくれますし。

でも、この店はサービス料を払うようなサービスは受けていないはずなんですよね。

というのも、まずオーダーは自分で紙に書いて、それをカウンターまで持って行ったし。お会計だって、こちらからカウンターに行ってお金を払っているし。ほぼセルフサービスじゃん。

券売機のあるラーメン屋でボタンを押して食券を買うのと変わらないじゃん。

店員さんがやったことは料理を運んできたことだけ。それってサービス?いや、仕事でしょ。

例えば日本の店みたいにお冷やおしぼりを出してくれたり、お水のお替わりを注いでくれたりしたら、まだわかるんですけどね。

だったらそのサービス料とやらを別にせず、いっそ料理の値段に入れておいてくれた方がまだいいや。

ただでさえ場所の割にはいいお値段をする店なのになあ、それなのにまだサービス料を取るかと、何だかモヤモヤが残った状態で店を出ました。

まとめ

とはいえ。料理は美味しかったし、店の雰囲気も良かったですけどね。店員さんも感じ良かったし。

お茶だけするためには不便な場所にあるし、ランチを食べに行くほど魅力的なメニューはなかったし。

やっぱり朝食を食べるために行くというのがいいのかなあ。

僕が食べた「Egg Rothko」は確かに美味しくておすすめです。

値段とサービス料に納得できる方は是非行ってみてください!

僕は一度食べて満足したので、次はいいかなあ。でも食べておいて良かったです。

しかしあそこのパン、どこで売っているんだろう。あのパンが買えたら自宅で作れるのにな。

以上、きーきあっがお伝えしました。

それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Brooklyn Baker
場所:Retreat on Vitayu spa, 51/7 Soi Polo (between soi 2 &3), Wireless rd バンコク
電話番号:081-855-7090
営業時間:8:00-16:30
定休日:水曜日
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/brooklynbkk/

<広告>

down

コメントする




きーきあっ

きーきあっ

美味しいもの、一人旅、野球、サッカー、数少ない友達、タイ人嫁、 それさえあれば生きていけます。

広告

スポンサードリンク

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930