お知らせ:ブログのリニューアルをしました。

東南アジア最強を決める戦い!【2018AFFスズキカップ】観戦ガイド!(タイ・バージョン)

どうも、きーきあっです。

サッカーの祭典といえばなんといってもワールドカップですが、東南アジアに負けないくらい盛り上がるサッカーの大会があるのです。

それが、これから紹介する

【AFFスズキカップ】

です!

【AFFスズキカップ】は2年に1度開催され、そして今年はその開催年です。
2年前は僕も準決勝を観戦しました。その時の様子はこちらからどうぞ。

どうも、きーきあっです。12月8日(木)にバンコクのラジャマンガラ国立競技場で行われた、【AFF スズキカップ2016】の準決勝、タイ対ミャンマー戦を観戦してきました。// AFFスズキカップって?そもそも【AFFスズキカップ】って?という方のために、簡単に説明しま...

 

2018年11月8日に開幕戦が行われるので、ちょうどあと1週間後に始まります。
スズキカップの試合はタイでも行われるので、今回はその大会の魅力と観戦方法を紹介します!

【AFFスズキカップ】とは?

まず、AFFスズキカップって何というところから説明します。
こちらをご覧ください。

東南アジアサッカー選手権(とうなんアジアサッカーせんしゅけん、英: ASEAN Football Championship)は、ASEANサッカー連盟(AFF)が主催する、ASEAN諸国のナショナルチームによるサッカーの国際大会である。
シンガポールのビール醸造会社・タイガービールの協賛を得て、1996年よりタイガーカップ(英: Tiger Cup)の名前で開催されてきたが、2007年大会よりタイガービールがスポンサーから降りたため、東南アジアサッカー選手権に変更となった。2008年大会よりスズキがスポンサーに付いたため、AFFスズキカップ(英: AFF Suzuki Cup)に大会名が変更された。(以上Wikipediaより引用)

という事で、東南アジア最強を決めるサッカーの大会な訳なんですけど、スポンサーが日本の自動車メーカーの【スズキ】なんです。

だからスズキカップ。わかりやすいですね。

【2018AFFスズキカップ】の概要

ここからは大会形式や出場国、スケジュールを紹介します。

1.大会形式

①グループステージ

・全10チームを5チームずつ2組に分け、総当たりで対戦する。
・各チームはホーム2試合、アウェー2試合を戦う。
・各組上位2チームが準決勝に進出する。

②準決勝及び決勝

・ホーム&アウェーで方式で対戦し、2試合の結果の勝者が勝ち上がる。

2.出場国

・タイ(前回優勝)
・インドネシア(前回準優勝)
・ベトナム
・ミャンマー
・マレーシア
・フィリピン
・シンガポール
・カンボジア
・ラオス
・東ティモール(予選からの出場)

以上の10チームは以下の通りに2つのグループに分かれています。

■グループA

・マレーシア
・ラオス
・ベトナム
・ミャンマー
・カンボジア

■グループB

・インドネシア
・タイ
・フィリピン
・シンガポール
・東ティモール

【2018AFFスズキカップ】をタイで観戦しよう!

1.試合のスケジュールをチェックしよう!

さて、試合の概要が分かったところで、せっかくタイでも試合が行われますので観戦しに行きましょう!
という事でまずはスケジュールから。

タイで行われるグループステージの試合は2試合+1試合。
いずれの試合もラジャマンガラスタジアムで行われます。行き方は後ほど。
日程は以下の通りです。

2018年11月9日(金)19:00(タイ時間) 東ティモール VS タイ
※こちらの試合は東ティモールのホーム試合となりますが、東ティモールのスタジアムの照明不備によりタイで行われます。

2018年11月17日(土)18:30(タイ時間) タイ VS インドネシア

2018年11月25日(日)19:00(タイ時間) タイ VS シンガポール

そして、グループステージを突破した場合、準決勝と決勝は以下の日程で行われます。

■準決勝

タイがグループステージを2位で突破した場合

2018年12月2日(日)時間未定 タイ VS グループAの1位チーム

タイがグループステージを1位で突破した場合

2018年12月5日(水)時間未定 タイ VS グループAの2位チーム 

■決勝戦

タイがグループステージを2位で突破した場合

2018年12月11日(火)時間未定 タイ VS ?

タイがグループステージを2位で突破した場合

2018年12月15日(土)時間未定 タイ VS ?

となります。
つまりグループステージを1位で突破し準決勝を勝ち上がると、決勝戦の2試合目をホームで土曜日に戦うという事です。

決勝戦もホーム&アウェーの2試合で戦うので、2戦目をホームで戦うと優勝が決まる瞬間が観られるという事になるので、何としても1位で突破してほしいです。

2.チケットを手配しよう!

スケジュールが分かったところで、次はチケットの手配方法です。
簡単に言うと2通りあります。

1.「Thai Ticket Major」で購入する

1つはタイのチケット販売をしている「Thai Ticket Major」で購入するという事です。
特に準決勝、決勝は前売りの段階で完売してしまう可能性もありますので、こちらで買うのがベターです。

購入方法はネットと窓口と2通りあります。
ネット購入の場合はこちらのURLからどうぞ。

http://www.thaiticketmajor.com/sport/index.php?la=en

と言いたいところなのですが、【2018AFFスズキカップ】のチケットに関しては、外国人はネットでの事前購入ができないようです。

僕も何度か試しましたがダメでした。
という事で、窓口へ直接行って購入しました。

チケットはこちらです。とりあえず17日のインドネシア戦と、25日のシンガポール戦を購入しました。
9日の東ティモール戦については行こうかどうか迷っていますが、多分行きそうな気がするな・・・。

チケットの値段ですが、1番高いメインスタンド指定席で600バーツ(約1,800円)、1番安いゴール裏で100バーツ(約300円)です。
1番高いメインスタンドの一部のみ指定席で、あとは自由席です。

ちなみに僕は2試合ともバックスタンド席のチケットを購入しました。値段は1枚200バーツ(約600円)でした。
※チケットメジャーの発券手数料として1枚20バーツ(約60円)かかります。またクレジットカードで支払う場合は手数料が10%かかるそうです。

2.スタジアムで当日購入する

直前まで行こうか悩んでいる、または日本などから旅行で来て当日に現地に着くという方は、スタジアムで直接購入するという手段もあります。

しかし、前売りの段階でチケットが完売するとせっかくスタジアムまで来ても買えないというリスクもあります。
まあその場合は最悪・・・いや、これ以上は言えません。正規の手段で買いましょう!

ただ、今回の【2018AFFスズキカップ】、タイ代表はチャナティップをはじめJリーグなどに所属している選手を招集していない事もあって、もしかすると例年のようにスタジアムが満員になるという可能性は低いかもしれません。

それでも決勝戦になれば話は別だとは思うので、出来るだけ早いタイミングでの購入をお勧めします。
あ、決勝に進む前提みたいに話していますけど、それはさておきまして・・・。

3.ラジャマンガラスタジアムへの行き方

チケットを手に入れたら、次はスタジアムへの行き方を説明します。

タイで行われる試合は全て、ラジャマンガラスタジアムが会場となります。
ラジャマンガラスタジアムは、バンコクのラムカムヘン通りという通り沿いにあります。

行き方としては、

・タクシー
・エアポートリンク・ラムカムヘン駅(もしくはフアマーク駅)からバイクタクシーorタクシー
・バス
・水上バス

といった方法があります。

1番無難なのはタクシーです。ただ、ラムカムヘン通りは非常に渋滞するので、時間に余裕をもって行った方がいいです。また渋滞が多いので、タクシーの運転手も行くのを渋ったりします。要は乗車拒否です。
断られた場合は、すぐに次のタクシーを探しましょう。

エアポートリンクでラムカムヘン駅やフアマーク駅まで行き、そこからバイクタクシーに乗るのが1番早いかもしれません。
ただバイクタクシーは事故のリスクもあり、また値段交渉も必要なので、タイに初めて来た方にはあまりお勧めできないです。
ちなみに値段はだいたい80バーツ(約240円)くらいを目安に交渉すればよいかと思います。

バスはこの中で1番安く行ける手段だと思います。
ただ、タイのバスには行先が書いておらず、またたくさんのバスが走っているので、分かりづらいのが難点です。
でも、スタジアムまで行くバスの番号を覚えてしまえば簡単。スタジアムのすぐそばまで行きますので便利です。

例えばサイアムやプロンポン、トンローなどのエリアからなら、40番のバスで、BTSプラカノン駅周辺からなら、先ほどの番号に加え22番や71番などもスタジアムまで行きます。
ちなみに僕は当日多分バスで行くと思います。

あと、よくスタジアムまでの行き方を紹介する中で、センセーブ運河を走る水上バスをお勧めするのを見かけますが、個人的にはそこまでお勧めしません。

理由は乗り降りも難度が高めだったりしますし、あと早い時間で運航が終わるので、帰りは別の方法で帰らなくてはいけないという事。そうなると行き帰り同じ方法で行くのが無難かなあと思うので。

ただ、タイらしい交通機関ではあるので、この機会に乗ってみたいという方はよいと思います。

こちらがそのラジャマンガラスタジアムです。

 

これは前回のスズキカップの時の写真ですが、当日はこんな感じでたくさん屋台が出ると思います。

試合前には屋台でB級グルメを楽しむのもおすすめです!

こちらはバックスタンドからの眺めです。前回もバックスタンドで観戦していました。

どの交通手段を利用するにしても、ラムカムヘン通りは常に渋滞しがちなので、出来るだけ早めにスタジアム周辺に着いて、周りの屋台やカフェなどで時間を潰すことをお勧めします。

そして、帰りですが、これは行き以上に大変かも。というのも渋滞に加え、観戦を終えた人たちが一斉に帰るからです。

帰りについても行きと同じ交通手段で帰る事になるかと思いますが、タクシーやバイクタクシーは争奪戦になります。
その争奪戦に参加せず、周辺のお店で食事などして時間を潰してから帰るのも良いかと思います。
タクシーは夜遅くでも走っているので、帰りの交通手段がなくなることはないです。

そうそう、スタジアムの地図も載せておきますね。

 

まとめ

と、こんな感じで観戦ガイドをまとめてみました。
実際に観戦される方の参考になれば幸いです。

これから実際に観戦してみて、また補足や変更などあればこの記事を更新していきます。

そうそう、今大会の予想もしておこうかな。

本来なら2連覇中のタイが3連覇する!と言いたいところなのですが、先ほども少し書いたとおり今回はチャナティップやティーラシン、ティーラトンといったJリーグでプレーする選手、またベルギー2部リーグに所属するGKのカウィンも招集されていません。

そんな事もあって、タイも絶対的な強さではないと思います。
でも、タイに住んでタイ代表を応援する立場としては、タイの3連覇を予想します!←予想というか願望じゃん

せっかくなので、もう少し細かく予想を。

グループA 1位 ベトナム 2位 ミャンマー

グループB 1位 タイ 2位インドネシア

決勝戦 タイ VS ベトナム

こんな感じかな。当たったら誰か何かください。

あと、ダークホース的な存在として東ティモールを挙げたいと思います。
なんか不気味。初戦でタイが対戦するのですが、ここでいきなりコケたりしたら、東ティモールは勢いに乗る気がするし、タイの3連覇も危うくなるかと。

という事で、来年1月にはAFCアジアカップも控えていますが、その前にこのスズキカップにも注目してください!
そして、この時期にタイや東南アジアに行かれるサッカーファンの方は、現地で観戦してみてください!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です