人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

シーロム通りの【Al Saray】レバノン料理&インド料理が食べられる店!美味しくておすすめ!

どうも、きーきあっです。

僕はインド料理が好きなのですが、妻は基本的に脂っこい料理が好きではありません。
という事でインド料理もあまり好きではないんです。

そんなはずなのに、先日妻から

「インド料理を食べに行こう!行きたいお店があるんだけど。」

と言われた時には正直ビックリしました。

という訳で今回紹介するのはそんなお店、

【Al Saray】

です!

妻から店名を聞いて調べてみたところ、レバノン料理とインド料理を出すお店でした。
正直言いまして、これを知った時に

『あまり期待できなそうだなあ』

って思ってしまったんですよね。

僕自身の考えとして、複数のジャンルの料理を出すお店に美味しいお店はないというのがありまして。
例えばイタリア料理とタイ料理を出すレストランとか。

日本だって、うどんとラーメンを両方出す店があったら、そこのラーメンに期待できるかっていうと期待できないと思うんですよ。やっぱり専門店じゃないとって。

そんな期待薄で訪れた今回の店ですが、結論から言うとその期待は大きく裏切られました。
もちろん良い意味で。

むしろ声を大にして、おすすめです!と言いたいくらい美味しかったです!



【Al Saray】への行き方

場所はシーロム通り沿い、タニヤ通りの近くです。
BTSサラデーン駅から歩いてすぐの場所にあるので、アクセス的にも超便利。

だからこそ余計に、

『あ、立地で客を呼ぶタイプの店ね』

って思ってしまい、余計に期待ができなくなってしまったんですけどね。←偏見極まりない

で、こちらがそのお店です。

この看板が目印です。

地図も載せておきますね。

店内の様子

こちら店内の様子。けっこうオシャレな感じです。
店自体は縦に細長く、それほど広くないですが、2階にも席がある様子です。
ちなみに1階は満席で、僕たちが訪れた後も続々2階へとお客さんが上がっていきました。

こちらがメニューです。

注文を済ませると運ばれてくるお通し的なやつ。

3種類のソース付き。左からバジル、ガーリック風味のマヨネーズ風、マンゴー風味?でした。

そしてまずやってきたのがこちら。フムスです。値段は140バーツ(約490円)です。

そしてバターナン。値段は25バーツ(約87.5円)です。

こちらはガーリックナン。同じく25バーツ(約87.5円)でした。

そしてカレーはバターチキンをチョイス。値段は280バーツ(約980円)です。

久しぶりのバターチキンカレー。大好きです。

そしてもう1品。タンドリーラムです。値段は350バーツ(約1,225円)です。

ラム、大好きなんですよ。

 

付け合わせはフライドポテトとサラダっぽいやつ。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まずバターチキンカレーですが、これがもう!めっちゃ上品な味で一口食べてみて、「おお!」って唸ってしまいました。

インドカレーで上品な味と書くと、なんか物足りない感がするかもしれませんが決してそんな事はなく。
これは本当に美味しいなあってしみじみ思ってしまう深い味でした。

そしてタンドリーチキンならぬタンドリーラム。ラムが好きな方なら絶対に食べるべき。
それほどラムが好きではない妻も美味しいと言っていたので、ラムが得意じゃない方でも大丈夫だと思いますが、ラム好きには是非とも食べてほしいです。

フムスがちょっと、いや結構しょっぱかったのですが、それを差し引いても料理のクオリティーが高い!
インド料理好きな僕はもちろんのこと、それほどインド料理が好きではないはずの妻も、ここのバターチキンカレーは絶賛していました。

という事であっという間に完食です。

お会計は税・サービス料がそれぞれ加算され1,006.34バーツ(約3,522.19円)です。
税・サービス料がかかっていても、それほど高く感じなかったなあ。



まとめ

食べる前から色々あった偏見を、料理の美味しさで見事に吹き飛ばされてしまいました。
偏見は良くないなあと食べながら反省していました。

今回頼んだ料理がめちゃくちゃ美味しかったので、これは他の料理、他のカレーも試してみたいです。
そして今度はフムス以外のレバノン料理にもチャレンジしてみたいなあと。

久しぶりにおすすめできるインド料理の店を見つけた感があります。
インド料理好きは一度試してみてほしいお店ですね。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Al Saray
場所:BTSサラデーン駅すぐ
電話番号:02-234-4988
営業時間:11:00-0:00
定休日:なし
URL:https://www.alsarayrestaurant.com/
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です