人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

庭に滝が!クロントゥーイのおしゃれカフェレストラン【Baan Suan Sathorn(บ้านสวนสาทร คราฟแอนด์คาเฟ่)】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

バンコクはずっと店内での飲食が禁止されていたのですが、5月17日から条件付きで解禁されました。

とはいえ、なかなか店内での飲食をする気は起きず引き続き持ち帰り&デリバリーをしていました。

で、ようやくですよ!

お店で食事をするのはまだやめようと言っていたのは妻だったのですが、そんな妻からご飯を食べに行こうという提案がありました。
昨年も持ち帰り生活我慢の限界だったのでしょうね。

というわけで今回紹介するのは、

【Baan Suan Sathorn(บ้านสวนสาทร คราฟแอนด์คาเฟ่)】

です!

妻からはタイ料理もあればピザもあるというくらいしか事前情報がなく、普通のカフェレストランっぽいイメージを持っていたのですが、実際に行ってみたところ色々凄くて。

ということでさっそく紹介しちゃいます!

【Baan Suan Sathorn(บ้านสวนสาทร คราฟแอนด์คาเฟ่)】への行き方

場所ですがクロントゥーイ地区、ラマ4世通りから細い路地を入ったところにあります。

ソイの名前は「Si Akson」、MRTクロントゥーイ駅から歩いて9~10分くらいです。

広い駐車場がありますので、車やバイクで行っても問題なしです。

入口はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

中に入ると・・・

敷地の中に入り駐車場にバイクを停めるとまず目に入るのがこちら。

こちらがお店なのかと思ったら、個室のような感じで利用するようで、ここではなかったんです。

また反対側にも建物があり、そちらはカフェのようでしたが、こちらもまだオープンしていませんでした。

じゃあいったいお店はどこにあるんだよって思ったら、店員さんからこの奥を進むように言われました。

奥に進んでいくと目に入ってきたのは滝!え?食事しに来たんだよね?

池もあったりします。

スケールの大きさに驚きながら、ようやくお店へ到着しました。

重厚なドアを開け、ついに店の中へ!

注文しよう!

こちら店内の様子。広々とした店内は、テーブルの間隔も空いておりコロナ対策もバッチリ。

店員さんに伺ったところ、今年の4月にオープンしたばかりとのことでした。

こちらメニューです。左がドリンク、右がフードメニューです。

メニューはタイ語と英語、そして写真付きです。

メニューはタイ料理からピザやパスタ、ステーキまで種類は豊富です。
値段は若干高めですが、まあこのお店の雰囲気ですしね。

ドリンクメニューは写真を撮り忘れてしまったのですが、コーヒーから映え系のドリンクまでこちらも種類は豊富。

唯一撮ってあったのはビールとワインという・・・。
もちろん今はまだ店内での飲酒は禁止です。

注文を済ませ待つこと数分、料理が運ばれてきました。
まずはこちら。妻が選んだ白身魚のグリル、ポルチーニソースです。値段は420バーツ(約1,470円)です。

盛り付けもきれいですし、付け合わせの野菜もたくさん。

ポルチーニのソースも美味しそう!

続いてはこちら。僕が選んだゲーンソムです。値段は250バーツ(約875円)です。

ゲーンソム大好きな僕としては、メニューにあれば頼んでしまいます。
見た目はかなり美味しそうです。

中に入っている海老も大きい!

ご飯は別で20バーツ(約70円)です。

そしてもう1品。スアロンハイです。
スアロンハイとは直訳するとタイ語で「虎が泣く」という意味で、イサーン風牛肉のステーキといったところです。

値段は210バーツ(約735円)です。

こちらもなかなか美味しそう!普通にステーキみたいです。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まずゲーンソムですが、辛さもそこまでではなく、微妙な酸味とのバランスもちょうどよいです。
また中に入っているチャオムという香草が入っているオムレツも美味しいし、そして海老も見た目の通りプリップリです。

ゲーンソム好きとして色々なお店で食べてますが、これはなかなか美味しいです。

続いてスアロンハイ。肉は程よい柔らかさと噛み応えです。
肉自体に少し辛めの味が付いているので、別添えのソースをかけなくても十分いけます。

210バーツという値段だったのでどうなんだろうと思ったら、期待以上の美味しさでした。

そして白身魚のグリル。妻が美味しいというので僕も一口貰いましたが、確かに美味しいです。
ポルチーニのソースもよかったですよ。

ということで妻と2人でしっかりと完食です。

お会計は税7%が加算され、990バーツ(約3,465円)でした。

最後に・・・。

事前情報の「タイ料理もピザも食べられる」という言葉だと、どうなんだろうという気持ちで行ってみたものの、お店の雰囲気もよかったし、料理も美味しかったし、素敵なお店でしたよ。

今回は食事メインでしたが、ドリンクメニューも豊富でしたので、ドリンクのみの利用も全然アリだと思います。

ちょっと値段は高めかもしれませんが、でもそれだけの価値が料理の味にも店の雰囲気にもあるなと。

MRTの駅からも歩いて行ける距離ですし、このご時世だから外食を強くお勧めしづらいですがぜひ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Baan Suan Sathorn(บ้านสวนสาทร คราฟแอนด์คาเฟ่)
場所:60 Chuea Phloeng 2 Alley, Thung Maha Mek, Sathon, Bangkok 10120
電話番号:081-395-2222
営業時間:8:30-21:00
定休日:なし
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です