人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

フランダースの犬の舞台!アントワープの【ノートルダム大聖堂】へ行ってきた!【オランダ&ベルギー旅行2019⑧】

どうも、きーきあっです。

昨日よりベルギー旅行ネタが続いていますが、今回はそのベルギー旅行の中でも僕的にメインイベントだと思っていた観光スポットを紹介します。

行ってきたのは、

【ノートルダム大聖堂】

です!

ブリュッセルから少し離れたアントワープという街にあるこちらの大聖堂に何故行ってきたかというと、子供の頃に観ていたとあるアニメ(原作は児童文学)の舞台だったからです。

そのアニメはというと・・・

フランダースの犬!

僕が子供の頃に観たアニメ。そして物心ついてから一番最初に観て泣いたアニメ。
そんなアニメの舞台だと知った時に、ここは絶対に行ってみたいと妻にお願いしました。

ちなみに妻はフランダースの犬を全く知りませんでした。ですので何故こんなに僕が行きたがるのがを全く理解できない様子でしたが、僕のあまりの熱意に若干引きつつもOKしてくれました。

さて、そんな温度差が全然違う夫婦が行った【ノートルダム大聖堂】はどうだったのでしょうか?



【ノートルダム大聖堂】への行き方

【ノートルダム大聖堂】のあるアントワープはブリュッセルから鉄道で1時間弱のところにあります。
という事でブリュッセル中央駅へと向かいます。

こちらが切符です。今回は事前に予約しプリントアウトしておきました。

改札にこのバーコード部分を当てホームに入ります。

アントワープ行きの列車を待ちます。

という事で待つことしばし、目的地へ向かう列車がやってきました。

車両に「1」とか「2」と書いてありますが、こちらは等数です。
今回予約したのは2等車ですので、「2」と書かれた車両に乗り込みます。

車内の様子はこんな感じです。

車内からの眺め。

そしていよいよアントワープ中央駅に到着です。
間違えてアントワープと名の付く手前の駅で降りてしまったのは内緒です。

アントワープ中央駅。めちゃくちゃ綺麗です。

アントワープ中央駅から目的地までは徒歩20分くらいです。
トラムやバスでも行けますが、きれいな街並みを見ながらのんびり歩くのも気持ちいいですよ。

そしてのんびり歩くこと20分、到着しました!

地図も載せておきますね。

中の様子

さっそく中に入ってみましょう!
と思ったら、オープンするのは12時からでした。

仕方ないので周りを歩いてみたところ、フランダースの犬の主人公、ネロとパトラッシュの石碑がありました。
これは最後のシーンですね。ああ、懐かしい。

この石碑の説明書きが。撮り忘れましたが日本語バージョンもありました。

それでもまだ時間があるのでさらに周辺を散策。こちらマルクト広場。
改装中なのか建物の写真が貼ってあります。

近くには観覧車もあったりして。

開館時間が来たので戻ってみたところ、入館を待つ人たちが並んでいました。

入館料は6ユーロ(約750円)です。

中はこんな感じです。

色々な言語のガイドブックがありましたが、日本語だけ品切れ。どれだけ日本人が来ているんだって話です。
実際僕が行った時も日本人観光客グループが何組か来てました。

そして大聖堂の中にはたくさんの絵画が飾られています。

ステンドグラスも。

天井にも。

そしてお目当てはなんといってもルーベンスの絵画。
フランダースの犬の主人公ネロが憧れた画家です。

そしてネロがずっと観たかった絵がこちらです。

僕が子供の頃に観て涙を流した感動の名シーン、ネロのセリフをこの絵画の前で再現しようと思ったのですが、あまりの迫力、美しさにそんな事をやっている場合じゃないと思ってしまいました。
フランダースの犬を全く知らなかった妻も、これらの絵を観てやはり素晴らしいと感じたようです。



まとめ

当初はただただフランダースの犬きっかけで行ってみたのですが、実際観た大聖堂やルーベンスの絵は素晴らしかったです!

フランダースの犬が好きだった人も、フランダースを知らない人もぜひベルギーを訪れた際には行ってみてほしいところです!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>






 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です