人気記事:全てのタイ・リーグファンに捧ぐ!今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2020

セントラルワールドの【Chuan Kitchen(川餐館)】はシンガポール料理が楽しめます!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Chuan Kitchen(川餐館)】

です!

先日、セントラルワールドでお昼ご飯を食べようと思ったのですが、なかなか店が決まらずにぐるぐると彷徨い、そして見つけたお店です。

さて、いったい・・・。



【Chuan Kitchen(川餐館)】への行き方

お店ですが、セントラルワールドの6階、レストラン街の一角にあります。
ご存知だとは思いますが、BTSサイアム駅もしくはチットロム駅から連絡通路で行けます。

お店の外観はこんな感じです。

注文しよう!

こちら店内の様子。

そしてこちらがメニューです。

言い忘れましたが、シンガポール料理の店だそうで、肉骨茶やホッケンミー、チキンライスなどがありました。

こちらドリンクメニュー。

とりあえず注文を済ませしばし待ちます。
飲み物は炭酸水を選びました。値段は25バーツ(約87.5円)です。

そして待つこと数分、注文した料理が運ばれてきました。
まずはこちら。肉骨茶です。値段は200バーツ(約700円)です。

こちら肉骨茶。醤油ベースのスープです。

具は豚の骨付き肉やホルモン類、エノキダケなどです。

もちろんご飯も頼みました。値段は20バーツ(約70円)でした。

そしてどうしても食べてみたかったので、ホッケンミーも頼んじゃいました。
値段は180バーツ(約630円)です。

ホッケンミーとは簡単に言ってしまうと焼きそば。

ライムや唐辛子ペーストで味変しながら食べるのもOKです。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

まず肉骨茶ですが、前日遅くまでお酒を飲んでいたこともあり、疲れた胃に醤油ベースのスープが優しく染みわたります。
また、ホルモン系や骨付き肉がゴロゴロ入っていて、ご飯もすすみます。

肉骨茶といえば塩味ベースのスープの方が好きだったりするのですが、これはこれでアリです。

そしてホッケンミー。これは美味しかった!
味もそうですが、具の海老やイカがプリップリでした。

オリジナルの味もよかったですが、途中唐辛子ペーストで味変した辛いバージョンも美味しかったです。

今回は肉骨茶よりホッケンミーの方が好みだったかな。

ということで料理2品とご飯をしっかりと完食です。

お会計ですが、オープンしたばかりのようで60バーツ(約210円)ほど割引がされていました。
で、税・サービス料がそれぞれ加算され407バーツ(約1,424.5円)でした。



最後に・・・。

肉骨茶もホッケンミーも美味しかったですよ。
特にホッケンミーが好みの味でした。

メニューの種類は少なめだなあと思っていたら、ムアントンタニーの方にある本店には小籠包やラクサもあるそうで、こちらのお店でもメニューに加えてほしいなあ。

ソフトオープン的な感じでメニューが少ないだけで、もう少ししたら小籠包とかもメニューに加えてくれるのを心より願っています。
もしそうなったらまた行きたいと思います。

ということで、シンガポール料理に興味がある方、好きな方はお試しあれ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Chuan Kitchen(川餐館)
場所:セントラルワールド6階
電話番号:
営業時間:10:00-22:00
定休日:なし
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です