注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

好きな魚を選べる!ラーチャティーウィーのフィッシュフライ専門店【Fishmonger】が超絶おすすめ!

どうも、きーきあっです。

突然ですが、僕は大人になるまで魚のフライが好きではありませんでした。

白身魚のフライ、アジフライ、イワシのフライなどなど。元々刺身や寿司以外の魚料理が好きじゃなかったというのもあるのですが、とにかくその手の料理が好きではなくて。

ですので、当然ながらフィレオフィッシュなんてものは眼中にありませんでした。

それが大人になり、少しずつ好き嫌いがなくなってきて、いつの間にか魚のフライも食べられるようになりました。そしてフィレオフィッシュも。

というわけでそんな僕が今回紹介するのは、

【Fishmonger】

です!

魚屋さんという意味のこちらのお店、なんとフィッシュフライ専門店なんです。

フィッシュフライとざっくり言いましたが、フィッシュアンドチップスとフィッシュバーガーのウリのお店です。

バンコク在住の食いしん坊にはお馴染みのグルメブロガー、くいしんぼっちさんのブログを見てずっと気になっていたんですよね。
その記事はこちら。

フィッシュ&チップスと言えば、イギリスのソウルフード。 コーンスターチとビールで作られた衣を使ったフィッシュフライ。 衣を作るのにビールを使うなんて、なんとも酒飲みのイギリスらしい料理よね〜。 そんなフィッシュ&チップスの美味しいお店ができた!と聞き...

 

そして先日ようやく行くことができたのですが、これがまあ美味しいのなんのって。

ということでさっそく紹介しちゃいます!

【Fishmonger】への行き方

お店はBTSラーチャティーウィー駅から歩いて8~9分ほどのところにあるのですが、これがなかなか分かりづらいところにあります。
僕はバイクで行ったのでバンタットン通り側から入ったのですが、めちゃくちゃ細い路地だったので途中でバイクを置いて途中から歩いて行きました。

バンタットン通りから入るとすぐ右手にこんな看板が出ているので、まずはこちらを目指しましょう。

ただ、本当にここにあるのかなって不安になるくらい、何もなさげな路地です。

そして路地は更に細くなり、ますます不安になります。

ちなみに僕はこの路地を見てバイクで行くのを諦めたのですが、実はバイクでも行けたんです。
駐輪場もありました。ただ本当に道が狭いですけどね。

しかしその路地を抜けた瞬間、信じられないくらいシャレオツな空間が現れます。

今回のお目当ての店以外にも、オシャレなカフェやショップが並んでいました。

そしてこちらがお店の外観です。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

まずはこちらのカウンターで注文と会計を済ませましょう。

こちらがメニューです。

注文方法はとっても簡単。

①フィッシュアンドチップスかフィッシュバーガー、または焼き魚のサラダ(なんか日本語で書くと意味不明な料理だな)のどれかを選ぶ
②魚の種類を選ぶ
③セットメニューやその他の単品メニュー、ドリンクなどを選ぶ

これだけです。

そして何といってもこの店のウリは、たくさんの種類の中から魚を選べることです。
上のメニューにも数種類の魚が載ってますが、それ以外にもこちらのボードにその日取れた魚の名前がずらっと載ってます。

この中から好きな魚を選んで、それをフィッシュフライ(または焼き魚)にしてくれるのです。

ちなみに魚の名前の後に書いてあるアルファベットは、

T・・・tender(柔らかい)
F・・・firm(身が引き締まった)
M・・・ミディアム(その中間)

という意味だそうです。

なんて偉そうに書きましたが、実際これだけの魚の名前が並ぶと悩んでしまいます。
というか、知らない名前ばかりだし。

それでも頑張って注文と会計を済ませしばし待ちます。なお、会計時に現金は使えず、QR決済かクレジットカード払いになりますのでご注意を。

会計を済んだらこちらの機械を渡されます。そうです、料理が出来上がると音と振動でお知らせしてくれるアレです。

イートインスペースは店内に3席ほどありますが、目の前がレジカウンターでお客さんがひっきりなしにやってくるとちょっと落ち着きません。

ですので、屋外(といっても屋根があるので雨が降っても安心です)の席をおすすめします。

なんて言いつつ、僕はここに座ってしまったんですけどね。

店内の壁にも魚が描かれています。そりゃそうか。

待つこと数分、まずやってきたのがこちら。

メインと一緒に頼んだセットです。フレンチフライとコークゼロを選んで値段は60バーツです。

フレンチフライはかなりの量です。これは嬉しい!

そしてついにやってきました!

注文したのはフィッシュバーガー。そして魚は「Leather Jacket」を選んで値段は260バーツでした。(あとはセットで+60バーツ)

どの魚にしようか悩んだ挙句、名前のインパクトで選んだレザージャケット。
あとで調べたら、カワハギだそうです。なるほど。

それにしても驚くのが、このフィッシュフライの大きさですよ。

はみ出すどころか、フィッシュフライの上にちょこんとバンズが載っているかのよう。

あと、バンズがクロワッサンを挟んでるみたいだなとも思ったり。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーーい!

なんだこりゃー!外側の衣のザクっとした食感とホロホロと柔らかい身のギャップに萌えます。

カワハギなんて刺身とか煮付けでしか食べたことがなかったけど、フライでもこんなに美味しいのね。

そしてタルタルソースもバッチリとフィッシュフライにマッチ。そりゃそうか。
でもこのタルタルソースも美味しくて、フレンチフライにもケチャップじゃなくタルタルソースを付けてほしかったなあって思うくらいでした。

あと、バンズも柔らかく風味も良いです。ただ、あくまで主役はフィッシュフライだというのをわきまえているかのような存在感。

いや、逆にフィッシュフライのインパクトが強すぎて、バンズが置いていかれてる感もあります。

それに大きさもアンバランスなので、どうしても食べている途中で崩れてしまうため、後半はナイフとフォークで食べました。
そうすると余計にフィッシュバーガー感が薄まる気もします。

それでも美味しい事に変わりはなく、しっかりと完食です。

そうそう、セットで付いてきたフレンチフライも、太めで僕好みでした。

最後に・・・。

いやー、めちゃくちゃ美味しかったです。

今まで食べてきた中で、フィッシュフライがこんなに美味しいフィッシュバーガーは初めてかもってくらいに美味しかったです。

もちろん選んだ魚によっても味や食感が変わるとは思いますが、それでも美味しいことには変わらないはず。

食べやすさからいったら、身が引き締まった魚の方がフィッシュバーガーに合うのかもしれないなとも思いますが、でも個人的にはこのくらいのホロホロという身の柔らかさが好みだったので、もう大満足でした。

くいしんぼっちさんがブログで書いていたように、こんなに美味しいフィッシュフライだったら、フィッシュアンドチップスで食べた方がおすすめかもしれません。

ただ僕は自称炭水化物の鬼というくらいに炭水化物LOVEなので、フィッシュバーガーも推しておきたい。

あと、フィッシュアンドチップスはビールでいきたいというのもあって、この店にビールが置いていないのもフィッシュバーガーを選んだ理由だったりもします。

でもどちらにしても美味しいことには違いないので、魚好きはぜひ!

自信を持っておすすめします!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Fishmonger
場所:535, 32 Soi Rong Rian King Phet, Khwaeng Thanon Phetchaburi, Ratchathewi, Bangkok 10400
電話番号:092-337-1115
営業時間:水~月 11:30-20:00
定休日:火
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100077382399717

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です