人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

中華料理が楽しめるルーフトップバー!?バンコク旧市街の【Gaginang 家己人】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Gaginang 家己人】

です!

こちらは妻が見つけたお店で、何でも中華料理が食べられるルーフトップバーとのこと。

本当はこの日別のタイレストランへ行く予定だったのですが、こちらの店に行きたいというので、我が家の力関係上タイレストランはお預けになりました。

というわけでさっそく紹介しちゃいます!

【Gaginang 家己人】への行き方

お店はバンコク旧市街、ラマ8世通りから細い路地を入ったところにあります。

ちょっと分かりづらい場所にあるので、グーグルマップで詳しい場所は確認してみてくださいね。

お店の外観はこんな感じです。こちらのビルの4階にあります。

こちらがビルの入口です。

エレベーターはないので、頑張って階段で4階まで行きましょう。

階段の途中にはこんなものもあります。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。そこまで広くはないですが、テーブル席やソファ席など色々なタイプの席がありました。

こちらがメニューです。

メニューはタイ語と英語、そして中国語表記。一部の料理は写真付きです。

全体的に値段は安めですが、料理の種類はそこまで多くなく、食事というよりつまみ系が多いかな。
また、中華とは全然関係ないけどフレンチフライやカーリーフライといったスナック系もありました。

ここからは注文した料理を紹介していきます。

まずはこちら。「Crispy Fish Cracker」です。値段は80バーツ(約280円)です。

ワンタンの皮を揚げたもの?と思ったら、微妙に魚のすり身らしき具が入ってました。

続いてはこちら。「Chongging Fried Chcken」です。
辛く味付けした唐揚げといったところ。値段は210バーツ(約735円)です。

こちらは「Hong Kong Roasted Pork」です。焼き豚ですね。値段は160バーツ(約560円)です。

そしてもう1品。「Hong Kong Fried Noodle」です。値段は180バーツ(約630円)です。

本当ならここでお酒でも飲みたいところですが、バイクで来ているので冷たいお茶を注文。
値段は60バーツ(約210円)です。

ちなみにクラフトビールも色々な種類がありました。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

うーん、まあまあかな。

どの料理も悪くはないけど、これは美味しい!とまでは言えない味でした。

唐揚げとか焼きそばとかチャーシューとか、割と無難なものを頼んだのですが、心に刺さる料理がなかったのが正直なところです。

ちなみに妻も同じような感想でした。

ということで、ルーフトップバーからの眺めをご覧ください。

暗くなるとこんな感じになります。

バンコクのルーフトップバーからの眺めというと、夜景とかチャオプラヤー川なんかが一般的ですが、たまにはこんな眺めもいいんじゃないでしょうか。

ということでお会計。料理4品と冷たいお茶2杯で750バーツ(約2,625円)でした。
税・サービス料込の料金でした。

最後に・・・。

2軒目以降として利用するなら良いかなと思いますが、食事を目当てで行くと微妙かも。
もしかしたら今回頼んだ料理以外に美味しいものがあるのかもしれないけど、この日食べた料理の中にはこれ!というのもはなかったかな。

隠れ家的な場所と雰囲気、中華料理が食べられるルーフトップバーというコンセプトは良いのに、非常に惜しい感じ。

店の雰囲気も良いんですよ、本当に。だからこそ惜しいなあという思いでいっぱいでした。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Gaginang 家己人
場所:71/4 Phra Sumen Rd, Ban Phan Thom, Phra Nakhon, Bangkok 10200
電話番号:081-668-4224
営業時間:木~日 15:00-23:00
定休日:月~水
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です