人気記事:全てのタイ・リーグファンに捧ぐ!今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2020

バンコクで一番暑さを忘れさせてくれる冷やし中華はどれか1週間かけて食べ比べてみた!(後編)

どうも、きーきあっです。

今回は昨日の続き、題して

バンコクで一番暑さを忘れさせてくれる冷やし中華はどれか1週間かけて食べ比べてみた!(後編)

をお届けします!

企画の内容や前半の様子はこちらの記事をどうぞ!

どうも、きーきあっです。世間はまだコロナウィルスの影響で完全には以前のような状態に戻っていないものの、飲食店に関しては検温などはあるものの、通常営業に戻りつつあります。で、そんな状況を祝して、久しぶりにあの企画をやってみることにしました!題して、...

 

後編は5日目から最終日の7日目までの様子をお伝えします。
そして、1週間食べ比べた結果、どこの冷やし中華が一番気に入ったのかを発表しますのでお楽しみに!

5日目その1 桃太郎飯店(タニヤ)

5日目に訪れたのは、タニヤ通りにある

【桃太郎飯店】

です!

偶然にも前回やった企画、

バンコクのオムライスはどこが1番僕好みなのか、1週間かけて調べてみた!

でも5日目に訪れたのがこちらの店でした。その時の様子はこちらの記事をどうぞ!

どうも、きーきあっです。今回は前日の続き、題してバンコクのオムライスはどこが1番僕好みなのか、1週間かけて調べてみた!(後編)をお届けします。企画の内容や前半の内容はこちらの記事をどうぞ! 後編は4日目から最終日の7日目までの様子をお伝えします。...

 

そんなお店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

暑い中おしぼりのサービスは本当に助かります。

もちろんお目当てはメニューの中のこちらです。

Lサイズもありますが、今回のルールは普通サイズを頼むということになっているのでパス。
というか、既に4日も連続で食べ続けているのでLサイズにする気はないんですけど。

そして待つこと数分、やってきました!

頼んだのはもちろん冷やし中華。普通サイズで200バーツ(約700円)です。

見た目はオーソドックスな感じです。

麺はこんな感じです。

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

具のラインナップも今まで食べた冷やし中華の平均値というか、一般的というか、そしてタレも王道の味といった感じです。

全てがうまくまとまっている感じ。

普通に美味しいというと、なんか褒め言葉には聞こえないですが、本当普通に美味しい。

そして麺の量が多くボリュームもあります。
普通サイズでこれなんだから、Lサイズっていったい・・・。

ということで、しっかりと完食です。

そして【桃太郎飯店】の冷やし中華の具ですが、

  • メンマ
  • きゅうり
  • カニカマ
  • チャーシュー
  • わかめ
  • 錦糸卵
  • 紅生姜

の7種類でした。具の種類は今までで一番多かったですね。

5日目その2 内田家(タニヤ)

この日は2軒行ってきました。そう、昼も夜も冷やし中華ってやつです。どんだけ涼を求めるんだって話です。

ということで行ってきたのはタニヤ通りにある

【内田家】

です!

【内田家】といえば、家系ラーメンと豚骨ラーメンが食べられるお店ですが、冷やし中華は初めて食べます。
そんなお店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

こちら店内の様子。

未だにソーシャルディスタンスが徹底されています。

お目当てはもちろんこちら。

ということで待つこと数分、注文した料理が運ばれてきました!

もちろん注文したのは冷やし中華。189バーツ(約661.5円)です。

チャーシューではなく鶏肉を使っているのが特徴的。そしてナルトが5日目にして初登場!

麺はこんな感じです。

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

タレがごま油の風味が強く、ちょっと個性的ですがこれはこれでアリです。美味しいです。
麺も美味しいし、鶏肉をはじめ全体的にあっさり目なテイストに仕上がってます。

ということであっという間に完食です。

そして【内田家】の冷やし中華の具ですが、

  • なると
  • きゅうり
  • 錦糸卵
  • メンマ
  • 紅生姜
  • 蒸し鶏

の6種類でした。

6日目その1 らあめん亭(スリウォン)

いよいよゴールが見えてきた6日目。訪れたのはスリウォンにある

【らあめん亭】

です!

【らあめん亭】といえばバンコク在住日本人の心のオアシス、何を食べても美味しいお店です。

そんなお店の外観はこんな感じです。って、今回写真を撮り忘れてしまったので以前の写真を使い回してます。

地図も載せておきますね。

カウンター席から厨房を見たところ。

メニューを渡され、何を注文するか迷うフリをしますが、もちろん既に決まっております。

注文を済ませると、冷たいお茶と辛子が運ばれてきました。
こちらは辛子は自分で好きなだけ入れられるんですね。

そして待つこと数分、ついにやってきました。
注文したのは、「冷やしらあめん」、値段は220バーツ(約770円)です。

チャーシューや錦糸卵など定番の具の中に、絹さやと人参が入っているのに気づきました。
なんか珍しいな。

麺はこんな感じです。

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

麺も酸味の少し強めなタレも美味しいのですが、人参が変な存在感を出しているんですよね。
生の人参の細切りなので食感も固いし、なんか違和感があります。

彩りを気にして入れているのかもしれないですが、これはなくてもいいじゃないかなあ。

最後まで人参が気になりつつ、しっかりと完食です。

そして【らあめん亭】の冷やし中華の具ですが、

  • 人参
  • 絹さや
  • チャーシュー
  • きゅうり
  • カニカマ
  • メンマ
  • 椎茸
  • 錦糸卵
  • 紅生姜

と、過去最多の9種類でした。凄いなと思いますが、人参が・・・。

実はこの企画を始める前、なんとなく本命はこの店じゃないかなって思っていたのですが、果たして・・・。

6日目その2 担々麺(プロンポン)

ラストスパートということでこの日も2軒行ってきました。

ということで訪れたのはプロンポンにある

【担々麺】

です!

料理名じゃないですよ。店名なんですよ。
そんな【担々麺】はスクンビットソイ33/1、BTSプロンポン駅から徒歩3~4分ほどのところにあります。

お店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

こちら店内の様子。ガラガラのように見えますが、この後立て続けにお客さんが入ってきました。

こちらメニュー。本宮ひろ志を彷彿とさせるイラストの表紙。

もちろんこちらが目当てです。って上のサーモンラーメンってなんだ?

そして待つこと数分、やってきました。

冷やし中華160バーツ(約560円)です。

まず目についたのがこちら。ガリが載ってます。紅生姜じゃないんかいってツッコむのが正解。

麺はこんな感じです。

そして特徴的なのがスープ。今回初めてのゴマダレです。

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味い!

まずは何といってもタレです。

正直に言いますと、僕は冷やし中華はゴマダレ派なんです。
ただ今回の企画では醤油ダレで審査をするので、もしメニューに2種類あったとしても醤油ダレを選ぶようにしているんですけどね。

で、このゴマダレはどうかというと、まあ普通かなと。
外国で食べる冷やし中華っていう言葉がピッタリかな。って、わかりにくいですかね。

あと1つだけ言わせてもらうと、やっぱりガリは冷やし中華に合わないと思います。これはなくてもいいかな。

ということで、しっかり完食です。

そして【担々麺】の冷やし中華の具ですが、

  • カニカマ
  • チャーシュー
  • わかめ
  • 錦糸卵
  • きゅうり
  • メンマ
  • ガリ

の6種類でした。

やっぱりガリはなくてよかったかな。

7日目 博多一幸舎(トンロー)

ついに迎えた最終日!

大トリを務めるのは、トンローソイ13にある

【博多一幸舎】

です!

少し前に初めてこちらの店を訪れたのですが、その時にメニューを見て冷やし中華を見つけたんですよね。
その時に食べたラーメンが美味しかったので、きっと冷やし中華も美味しいだろうということで、最終日に訪れました。

そんなお店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

こちら店内の様子。

もちろん食べるのはこちらです。バラエティラーメンというジャンルの中にありました。

そして待つこと数分、ついにやってきました。

今回注文したのはもちろん冷やし中華。Sサイズで200バーツ(約700円)です。

Sサイズといっても量が少ないわけでなく、普通サイズといったところです。

ここまでの6日間で食べてきたものとは全く異なるビジュアルです。

麺はこんな感じです。

確かに美味しそうではあるけれども、何か足りないなと思ったら紅生姜が載っていませんでした。

これはちょっと残念ポイントかなあと思ったのですが、ふと気づきました。
テーブルの上にちゃんと置いてあるではないですか。しかも載せ放題!

ということで紅生姜を載せて再度撮影。うん、しっくりきます。

ちなみに辛子高菜も卓上にあるので、お好きな方はこんな感じでどうぞ。

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

チャーシューは細切りじゃなくラーメンで使われる薄いやつがドーンと載っていたり、具に茹でたもやしが載っていたりと、ちょっと普通の冷やし中華とは違う感じもしますが、これはかなり美味しいです!

麺もタレもそしてそんな具も含め、かなり気に入りました。

ただ1つだけ、ナルトがイマイチでした。食感がなんか違ったんですよね。なんだろう?

それ以外はきれいにまとまっている感じで本当美味しかったです。

ということで、しっかりと完食です。

そして【一幸舎】の冷やし中華の具ですが、

  • メンマ
  • 茹でもやし
  • 錦糸卵
  • チャーシュー(薄切りタイプ)
  • ナルト

の5種類(紅生姜はセルフなので含まず)でした。

結果発表!

ということで、1週間冷やし中華を食べ続ける企画も無事にやり遂げることができました。

今回は7日間で10店舗の冷やし中華を食べました。これは我ながら頑張ったなあと。

過去にやったオムライスとかミックスフライなんかと比べると、量がそんなに多いわけでもないし、さっぱりした味なので余裕かなと思っていたのですが、逆に飽きというか物足りなさを感じながら食べました。

それでも色々なお店の冷やし中華を食べ比べ、店によって使う具が色々でその点はとても面白いなあと感じました。

そんなわけで、結果の前にこれまで食べたお店で使われていた冷やし中華の具についてまとめてみました。題して、

バンコクの冷やし中華で使われている具ランキング!

結果は以下の通りです!

1位・・・きゅうり 9
2位・・・チャーシュー 8
3位・・・紅生姜、錦糸卵 7
4位・・・メンマ 6
5位・・・カニカマ 4
6位・・・わかめ 3
7位・・・ゆで卵、ハム、トマト、しいたけ、なると 2
8位・・・もやし、蒸し鶏、海苔、人参、絹さや、くらげ、ガリ、味玉、ハチカマ 1

1位はきゅうりでした。10皿中9皿にきゅうりが入っていたということで、冷やし中華の具には欠かせない存在ということですね。
意外に健闘したのはメンマかな。あまり冷やし中華にメンマというイメージがなかったので、この結果はちょっと驚き。
あと、カニカマが5位に入っているのはタイにあるお店だからなのかな。

以上のような結果になりましたが、これが日本だったらまた違う結果になるのかとても興味深いです。誰か調べてください。

そしてもう1つ、冷やし中華の具の種類について、お店別のランキングも出してみました。
結果はこちら。

1位・・・らあめん亭 9種類
2位・・・8番らーめん、桃太郎飯店 7種類
3位・・・らあめん一番、さんや、もっこりラーメン、内田家、担々麺 6種類
4位・・・知多らーめん ゆたか亭、一幸舎 5種類

ちなみに平均を出してみると6.3種類でした。そんな中で9種類のらあめん亭は素晴らしい!
そして98バーツ(約343円)という低価格の8番らーめんが7種類というのもすごいですね。

と、誰が求めているんだという数値を出したところで、お待ちかねの結果発表です。

今回食べた10皿の中で、僕の心の響いた3皿の冷やし中華を発表します!

まずは第3位から。3位に選んだのは・・・

【8番らーめん】

です!

まず何といっても98バーツという低価格!それなのに具だくさん!
もちろん味だって美味しい!

圧倒的なコストパフォーマンスということで3位に選びました。

そんな8番らーめんの冷やし中華(メニューでは冷麺)はこちらです!

続いては第2位。2位に選んだのは・・・

【一幸舎】

です!

これは正直評価が分かれるというか、2位に選んでいいのかなあと迷いました。

というのも一般的にイメージする冷やし中華とはちょっと違うからなんですよね。

それでも2位に選んだのはその味。これは本当に美味しかった!

そんな一幸舎の冷やし中華はこちらです!

さて、いよいよ残すは第1位。今回食べた10皿の中で栄えある1位に選んだのは・・・

【らあめん一番】

です!

こちらは2位の一幸舎とは対照的に、王道中の王道といった、冷やし中華といえばこんな感じという1皿でした。
味もどこか懐かしく、そして美味しい冷やし中華でした。

それともう1つ、プロンポンの駅前という立地なのに150バーツ(約525円)という価格。
コストパフォーマンスという点から見ても、素晴らしいなあと思いました。

そんならあめん一番の冷やし中華はこちらです!このシンプルさがいい!

と、一応企画の性質上ベスト3を挙げましたが、それ以外のお店も、具やタレなど色々拘りや工夫をしていて、とても素晴らしいなあと思いました。

何よりバンコクで冷やし中華が食べられるお店がこんなにあるというのが凄いですよね。
そのお陰でこんな企画ができるのですから、本当に感謝です。

最後に・・・。

と、誰に頼まれたわけでもないのに1週間冷やし中華を食べ続けるという、相変わらずの企画をやってみました。

毎回そうなのですが、この手の企画は皆さんからの応援やお褒めの(バカバカしいも褒め言葉に含む)言葉をいただくことで、続けることができます。

今回もツイッターを中心に温かいメッセージやたくさんの「いいね!」をいただきありがとうございました。

これに懲りず、また他の人がやらない(正確に言うとやりたいと思わない)、そしてちょっと興味があるなあという企画をやっていきたいと思いますので、ご声援のほどよろしくお願いします。

とりあえず1週間やりきって今思うことは、

温かい麺料理が食べたい!

です。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です