人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

ジョホールバルの歓喜の興奮を再び!ジョホールバルに行ったらサッカーファンは【Johor Japan Football Gallery】へ行くべき!

どうも、きーきあっです。

先日からブログに書いているとおり、ジョホールバルに行ってきました。
ジョホールバルとはマレーシア南部にあるマレーシア第2の都市です。

なーんて説明はどうでもよく、サッカー好きな日本人にとって、ジョホールバルという響きは特別な場所ですよね。
そう、サッカーの日本代表が初めてワールドカップ出場を決めたのがここジョホールバル。
その時の試合は、

「ジョホールバルの歓喜」

と呼ばれています。

「ジョホールバルの歓喜」も21年前の出来事ですが、今でもあの試合のことは鮮明に覚えているという人もいるはず。
そんな日本代表にとって最も思い出深い試合を思い出せる場所があるんです。
それは、

【Johor Japan Football Gallery】

です!

実は【Johor Japan Football Gallery】の存在は全く知らず、サッカー観戦のためにスタジアムを訪れたところ、目に付いたのでした。

しかしその日は閉館していて、翌朝改めて行ってみたのでした。
いやー、行ってみてよかったです!



【Johor Japan Football Gallery】への行き方

場所ですが、ジョホール・ダルル・タクジムFCのホームスタジアム、【タン・スリ・ダト・ハジ・ハッサン・ユーヌス・スタジアム】の中にあります。

ジョホール・ダルル・タクジムFCはマレーシア・スーパーリーグ(マレーシアの1部リーグ)の超強豪チームです。
ちなみに昨シーズンまでリーグ5連覇を果たしていて、今シーズンも首位をキープし6連覇が現実的となっています。
つまり、国内ではほぼ敵なし状態。

そんなジョホールFCですが、僕が観戦したACL第5節で鹿島アントラーズに1-0で勝っています。
決して番狂わせではなく、本当に力を付けてきているチームなんです。

さて、それはさておきミュージアムを早速紹介します。こちらです!スタジアムの正面入口の右手側、スタジアムショップの隣にあります。

地図も載せておきますね。

気になる中の様子は?

中に入ってみるとすぐ左手にギャラリーのようなスペースが。
ここがお目当ての場所のようです。

入館料及び営業時間はこんな感じです。
試合日を含む前後3日を除く日は、ギャラリーの入館料でスタジアムの中にも入れるんです!
残念ながら僕は試合翌日に訪れたので、スタジアムの中には入れませんでしたが。

こちらがチケットです。値段は30リンギット(約795円)でした。

ジョホールバルの歓喜までの経緯が書かれたボードがありました。
確かに苦しい、そして劇的な展開でしたよね。

イラン戦のスターティングメンバー。懐かしい顔ぶれです。

カズ。カズ。カズ。

井原も懐かしいですが、アリ・ダエイも懐かしいですね。

その他写真や寄せ書きの色紙、また色々なグッズなど貴重なものがたくさんありました!

それほど広いスペースではないですが、その分密度が濃いというか、見どころはたくさんありました。
さらに奥に進むと、ジョホールFCのミュージアムもありました。

僕は5年前に1度ジョホールFCの試合を観てから好きになったので、こちらのミュージアムもテンションが上がりました。

そして出口にはショップが。
前日にTシャツなど色々買っているのですが、なにせテンションが上がっているのでマグカップを追加で購入してしまいました。

ギャラリーのスタッフにバンコクからジョホールFCの応援に駆けつけたことを告げると、次回訪れた際に無料でスタジアムの中を案内してくれると言われ、チケットの半券のようなものを貰いました。
これはまた訪れないと!



まとめ

あの日の試合はもう何度も観ましたし、「ジョホールバルの歓喜」に関する記事や書籍を色々読みましたが、こうやって写真などで振り返ると、またあの時の感動が蘇ってきます。
しかも、実際試合が行われた場所ですからね。

という事で、ジョホールバルを訪れた際には、是非このギャラリーに来てみてください!
サッカーファンは絶対に行くべき!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
施設名:Johor Japan Football Gallery
場所:Stadium Tan Sri Dato’ Hj Hassan Yunos, Larkin, 80350 Johor Bahru, Johor, マレーシア
電話番号:
営業時間:9:30-17:30(試合開催日は16:30まで)
定休日:なし ※スタジアム見学は試合開催日を含む前後3日は休みとなります
URL:
Facebook:

<広告>









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です