お知らせ:ブログのリニューアルをしました。

ジョージタウンにあるレストラン【Kebaya (ケバヤ)】は超絶おすすめ!【2017-2018 ペナン島旅行記⑨】

いよいよペナン旅行記も本日で最終回です。

今回紹介するのは、最終日のディナーで訪れたレストラン、

Kebaya (ケバヤ)】

です!

最後を飾るにふさわしい、本当に素敵なレストランでした。

【Kebaya (ケバヤ)】へのアクセス

場所はジョージタウンの中にある、【Seven Terraces】というホテルに併設されています。

地図も載せておきますね。

店内の様子

こちらのお店は事前に妻が調べていて、バンコクから予め予約をしていきました。

当日、店に着いて予約をしていることを告げましたが、僕たちの名前がない。でも妻は確かに予約をしたはず。

どういうことだろうと思ったら、なんと、

日付を1日間違えていた!

僕たちが訪れたのは1月4日。予約を入れていたのは1月3日。

確かに予約メールを確認したら、1月3日に予約を入れてします。

つまり、1日予約をすっぽかした上で、予約がない日にやってきた。

これは100%僕たちが悪い。

すると、20時までだったら、テーブルが空いているので食事ができますよとのこと。

悪意はないにしても、前日予約をすっぽかしている僕たちに、なんて神対応!

お詫びとお礼を言い、テーブルに着きました。

という訳でこちら店内の様子。

なんとオシャレ。

店の雰囲気だけで、料理の味も期待できるなあと感じます。

こちらがメニューです。

こちらのお店は、前菜、メイン、野菜料理、デザートの4品のコースになっていて、それぞれメニューの中から好きな料理を選択できます。

こちらが前菜のメニュー。

 

こちらは「PROTEIN」というカテゴリーですが、要はメイン料理ですね。

野菜料理はこちらから選びます。

デザート。

こちらはドリンクメニューです。

ペナンのクラフトビールもあります。

その他ワインやウイスキー、それにソフトドリンクもあります。

妻も僕もそれぞれ自分の頼みたい料理とドリンクを注文し、注文完了です。

食器もオシャレですね。

ところでこちらのお店は、いわゆる「ニョニャ料理」を出すお店です。

ノニャ料理とは、見た目が中華料理で味が香辛料やスパイスが効いた、中華料理とマレー料理がミックスされたような料理です。

注文したものが運ばれてきました。

こちらは妻が注文したアップルジュース。14.84リンギット(約416円)です。

 

こちらは僕が注文したペナンのクラフトビール。名前は「Penang Red Door」というそうです。値段は31.8リンギット(約891円)です。

滞在最終日にして、ペナンのクラフトビールを初めて飲みました。

こちらは僕が注文した前菜。「Miangkham Salmonroe」です。

葉っぱの上にイクラや色々な香辛料や香草がのっていて、葉っぱにくるんで食べます。

って、タイで食べられるミヤンカムじゃんか!って後で気づきました。

一方こちらは妻が注文した「Otak-Otak」という料理。ニョニャ料理の代表的なメニューの1つだそうです。

こちらはココナッツミルク風味のカレーとパイ生地のようなものと一緒に食べました。

そしてメイン料理。妻はソフトシェルクラブを揚げたものを選択しました。

これが1人前としては結構な量でした。

こちらは僕が選択したラム肉の煮込みです。

そして野菜料理。僕が選んだのは、「CHER CHAI」という料理。

旬野菜の炒め物だそうです。

一方妻が選んだ野菜料理。「SAMBAL GORENG」という料理です。

ヤングコーンとさやいんげんを唐辛子とココナッツミルクで炒めたものです。

このタイミングでウェイターさんがご飯をよそってくれます。ご飯はおかわりできますよ!

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーーい!

いや、本当にどれも美味しい!

メインのラムもよく煮込まれていて、骨からスーッと離れるし、味はしみ込んでいるし、その他の料理も味付けが絶妙だし、素晴らしかったです。

ということであっという間に完食です。

って、まだ終わりません。

注文したデザートがやってきました。

僕が選んだのは「Chocolate Fondant」です。

隣のアイスと一緒に食べると、もうたまりません。

そして妻が選択したのは温かいココナッツミルクの中に丸い団子が入ったやつです。

いかにも妻が好きそうなメニューで絶対これを選ぶだろうと思ったら案の定。中の団子も美味しかったです。

食後にコーヒーや紅茶はいかがですか?と聞かれたので注文したコーヒー。

コースに含まれているかと思ったら別料金でした。値段は10.6リンギット(約297円)でした。

美味しかったからいいけど。

こちらは妻が頼んだ紅茶。嫁がやたら美味しいと言っていたので、後で調べたらキャメロンハイランド産の有名な会社の紅茶でした。

お値段は14.84リンギット(約416円)でした。

コーヒーと紅茶まで飲んでもうすっかり満腹。

約束の20時にも近くなってきたのでお会計をしました。

そうそう、コースの値段は1人127.2リンギット(約3,562円)です。4品での値段だから決して高くないですよ。

で、ドリンクの値段も入れて合計は326.5リンギット(約9,142円)でした。

普段の食事からすると、ちょっと奮発したかなって思いますが、その価値は十分ありましたよ!

まとめ

お店の雰囲気、接客、料理の味、どれも素晴らしかったです!

最終日の夜にここに来れてよかったなあと思うのと同時に、もう1日滞在していたらその場で翌日の予約をして、今回選ばなかった料理を試したかったなあと思ってしまいました。

もしまたペナンに来る機会があれば絶対に来たいし、ペナンに行く人には強くおすすめしたいお店でした。

なお予約は必須ですよ。

ということで、予約日を間違えるというトラブル(というよりミス)はあったものの、大満足のディナーでペナン旅行を締めくくりました。

ちなみに最終日は朝から大雨でホテルから出られず、チェックアウトから空港に行くまでどこにも行けませんでした・・・。

本当は気になっていたカフェへ行きたかったんですけど、残念。

以上、きーきあっがお伝えしました。

それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Kebaya (ケバヤ)
場所:Stewart Ln, Georgetown, 10200 George Town, Penang, マレーシア
電話番号:+011 140 333 10
営業時間:18:00からと20:00からの2セッションのみ
定休日:なし
URL:https://www.georgetownheritage.com/kebaya-dining-room/
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です