注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

バンコク旧市街にある【Khanom Krok Shell Chuan Chim Khun Noi Ban Mo】のカノムクロックがすごい!

どうも、きーきあっです。

皆さん、カノムクロックって知ってます?

カノムクロックはココナッツミルクをたこ焼き器のような鉄板で焼いたタイのお菓子です。

街を歩いているとカノムクロックの屋台が出ていたりしますので、見た事がある方も多いのでは。

で、そんなカノムクロックですが、お前は好きかと聞かれると正直それほどでもと答えてしまいます。

嫌いじゃないですよ、嫌いじゃ。でもおそらくここ数年食べてないと思います。

そんな中で今回紹介するのは、

【Khanom Krok Shell Chuan Chim Khun Noi Ban Mo】

です!

先日妻が、めちゃくちゃ凄いカノムクロックを出す屋台があるという情報をくれました。

カノムクロックに思い入れがない僕にとっては、全くもって有益でない情報でしたが、半ば強引に連れていかれました。

この時はカノムクロックを買いにわざわざ土曜日の夕方に出かけるなんて、と思っていたのですが・・・。

【Khanom Krok Shell Chuan Chim Khun Noi Ban Mo】への行き方

場所ですが、ざっくり言うとバンコク旧市街、もう少し細かく言うと花市場としてお馴染みパーク・クローン市場の近くです。

MRTサムヨット駅から歩いて6~7分、サナームチャイ駅からだと歩いて8~9分と、どちらも余裕の徒歩圏内です。

お店の外観はこんな感じです。っていつもは書きますが、こちらは屋台なんです。
ということでこちらの赤い屋根を目指して来てください。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

で、屋台まで近づいてみると、周りには何人もお客さんが待ってました。
さすが人気のお店。

こちらがカノムクロックを作るために必要な鉄板です。たこ焼き器みたいですよね。

こちらの屋台は七輪で焼きます。そのため香りがいいんです。

そして何よりの特徴が、材料はココナッツミルクとパームシュガーのみなんです。
中にはコーンとかネギとかを入れるところもありますが、こちらは何も入れません。

これは昔ながらのスタイルだそうで、何とこちらの屋台はお祖母さんの代から100年続くのだとか。

さらにさらに、こちらは油をひきません。謎の粉?を鉄板に振ってからココナッツミルクを投入していきます。

途中でこちらの蓋をしていきます。

実は事前に電話で予約注文をしており、お店に着いたら受け取るだけだったのですが、まだ出来上がっていないということで作っているところ眺めていました。

焼いては箱に詰め、そしてまたココナッツミルクを鉄板に流しては焼くを繰り返します。

そして僕達が注文した分が出来上がったので受け取ります。

今回4箱買って、そのまま妻の実家へ持っていきました。
こちらがそのカノムクロックです。Sサイズは1箱30バーツ(約105円)、Lサイズは40バーツ(約140円)とのこと。

箱を開けて中を見てみましょう。

普通の屋台で売っているものより、ところどころ黒いのは七輪で焼いているからです。
でもこれが逆に香ばしさを出しているんです。

Lサイズだと12個くらい入っているんじゃないかな。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーーい!

何これ!?今まで食べてきたカノムクロックと全然違う!

と、一口食べてそう思いました。

まずココナッツミルクの香り、そして炭の香りがたまらないです。
そして甘さも程よく、これならいくつでも食べられます。

最初に書いた通り、僕は元々そんなにカノムクロックは好きじゃないから、適当に1個2個食べてお茶を濁そうって思っていたんですが、もう1個、あと1個と手が止まりません。

気が付けば妻と義母、そして叔父さんと一緒に3箱をあっという間に完食です。

残り1箱は僕達が持って帰るのかと思ったら、この場にいない義妹に食べさせるから置いて帰るとのこと。
まあ、そうだよなあ。それがいいよなあ。

でも本音を言えば、その1箱は持って帰って、あとで家でゆっくり食べたいなって思いながら、妻の実家を後にしました。

最後に・・・。

カノムクロックが好きな人はもちろん、僕のようにそれほど好きじゃない人、それとカノムクロックを一度も食べたことがない人、つまりみんなに食べてほしいです。

カノムクロックが好きな人でも間違いなく今まで食べた中で一番美味しいと思うはずですし、好きじゃない人もこれなら好きと言うはずです。

それと初めて食べる人も間違いなく美味しいと思うはずですが、これが普通だと思ってしまわないかが心配です。
絶対違いますから!これが特別ですから!

と、全力でおすすめしたいのですが、ちょっとだけ問題というか難しい点があります。

それは営業時間が17時半~22時半だということと、日曜日が定休日だということ。

それと非常に人気なのでかなり待つということ。これはお客さんがたくさん訪れるのもそうですが、夫婦2人が2つの鉄板で焼いていくので、出来上がるのに時間がかかるんですよね。

週末だと1時間待つなんて話もあるので、根気強く待ちましょう。

ただ、今回の僕達のように事前に電話で注文するという手もあります。でも当然ながらタイ語オンリーなので、ちょっとハードルは高いですけどね。タイ語が話せる方は電話注文にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

と、色々難しい点もありますが、その困難を乗り越えても食べる価値はあるので、ぜひ皆さん一度はチャレンジを!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Khanom Krok Shell Chuan Chim Khun Noi Ban Mo
場所:PFWX+G23 ถนนบ้านหม้อ Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon, กรุงเทพมหานคร 10200
電話番号:084-222-6200
営業時間:月~土 17:30-22:30
定休日:日
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です