人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

ラップラオの【Kyojin Hangout & Japanese Curry】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Kyojin Hangout & Japanese Curry】

です!

店名だけ見るとカレー屋さんかなって思うかもしれませんが、これがまあなかなか面白いお店でして。

ここで説明するよりも見てもらった方が早いので、さっそく紹介しちゃいます!

【Kyojin Hangout & Japanese Curry】への行き方

お店の場所ですが、「Nak Niwat」通りにあります。

って、絶対どこか分からないですよね。僕も初めてこの通りの名前を知りました。

一応住所で言うとラップラオなんですけど、きっと皆さんがイメージするラップラオからは離れています。
なので最寄り駅もラップラオ駅ではないし、そもそも最寄り駅はありません。

敢えて目印になるような場所を挙げると、ショッピングモールの「セントラルフェスティバル・イーストヴィレ」が近くにあるくらいです。

お店の外観はこんな感じです。

こちらの看板が目印です。でも巨人というよりも天狗だと思うんですけどね。

こちらが入口です。

また店の入口にメニューが置いてあるので、ちょっと不安だなって人はここでメニューをチェックしましょう。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。純和風の居酒屋っぽい雰囲気ですね。そして思ったよりも広いです。

こちらがメニューです。

メニューはタイ語と日本語表記ですが、ただ日本語の表記が微妙におかしいです。

まずこちらのカレーはまだ普通。問題ないです。

見た目はカツカレーですが、どうして目玉焼きセットなんでしょう?

そしてこちらが豚バラセット?先ほどの目玉焼きセットとテレコになっているのかな。

海老の運命とは・・・。

下の丼に関してはまともみたいです。右下の「特別な」は謎ですけどね。

またメニューのあちこちによく分からない擬音が使われているのもちょっとおかしいです。
例えば「ガツ」とか「びく~~~っ」とか。

どう考えてもざるそばに「ガチ」がおかしいでしょ。

メニューにツッコみを入れつつ注文を済ませしばし待ちます。

ドリンクは炭酸水を選びました。値段は38バーツ(約133円)です。

そして待つこと数分、注文した料理が運ばれてきました!

まずはこちら。ざるそばです。値段は148バーツ(約518円)です。

ざるそばというよりもざるラーメンといった感じの麺です。

薬味はわさびと葱と大根おろしです。麺つゆは少し酸味がありました。

そしてもう1品。とんかつオムライスカレーです。値段は228バーツ(約798円)です。

オムライスというよりご飯の上にオムレツが載ったカツカレーですね。

カツも厚みこそないものの大きさはなかなかのもの。

福神漬けも付いてくるのはポイント高し。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味い!

まず、ざるラーメンもといざるそばですが、こちらはまあまあかな。

麺はもう少しコシがあった方が好みだし、つゆもそこそこといったところ。あと値段にしては麺の量も少なめで、飲んだ〆くらいで食べるにはちょうどよいかもしれません。

でもこちらはあくまでおまけで注文したようなもので、あくまでもメインはカレーです。

で、そのカレーですが、こちらも悪くはなかったです。

もう聞き飽きたよって思うかもしれませんが、こちらもルーはぬるめ。熱々だったらもっと評価は高いんだなあ。

で、ご飯の上に載っているオムレツがフワフワ。そしてすごくきれいな形なんです。

あまりにきれいすぎるので、こういうオムレツが業務用として売られていて、湯煎とかレンジで温めるだけみたいなやつなのかと疑ってしまうくらい。

もしお店の人が焼いているなら見事です。

あとカツも普通に美味しいかな。こちらも特に文句はないです。

ということで、以上2品をあっという間に完食です。

お会計は414バーツ(約1,449円)でした。

意外なことに税・サービス料込の料金でした。これはランチタイムだったから取らなかったのか、そもそも取らないのかは分かりませんが、とにかく税・サービス料込の料金でした。

最後に・・・。

メニューはツッコみどころが多いものの、料理の種類も多いですし、味に関してもタイローカルのお店で出す日本食としては悪くないのではないかと思います。

日本食がたくさんあるエリアに住んでいる人がわざわざ訪れるほどではないですが、近くに住んでいる人は行ってみてもいいのではないでしょうか。

それにしてもバンコクはあちこちで日本食が食べられますよね。そして面白いお店がたくさんありますね。
これからもこういったタイローカルの日本料理店を開拓していきたいと思います。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Kyojin Hangout & Japanese Curry
場所:67 Nak Niwat Rd, Khwaeng Lat Phrao, Lat Phrao, Bangkok 10230
電話番号:098-261-8162
営業時間:11:00-15:00/17:00-22:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/kyojinizakaya/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です