注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

圧倒的なスケール!カオヤイのレストラン【ミッドウインター(MIDWINTER)】がすごい!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【ミッドウインター(MIDWINTER)】

です!

こちらカオヤイの初日の夜に訪れたレストランなのですが、まあとにかくとんでもないスケールでして。

多分今まで訪れたレストランの中で一番大きかったのではないかと。

いや、大きさだけじゃなく料理も美味しかったので、そのあたりも含めしっかりと紹介しますね!

【ミッドウインター(MIDWINTER)】への行き方

場所はもちろんカオヤイなんですけど、それ以上の詳しい説明はできません。そもそもこのレストランに訪れることも知らなかったし、土地勘もないし。ってことで、詳しくはグーグルマップで確認してくださいね。

お店の外観はこんな感じ。って、こちらは駐車場側の入口でした。
この写真だとまだ大きさが分からないですよね。

レストランの地図。だいたいこんな地図があること自体おかしいですよね。どれだけでかいんだって話です。

ようやく入口に近づいてきました。

ということで地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら入口にあるレセプションです。ここで予約をしている旨を告げます。
そうそう、こちらのお店ですがとても人気のため、特に週末は予約必須です。予約がないとかなり待つみたいですよ。

我々は予約をしていたのですんなりとテーブル席へと案内されました。

・・・というのは間違いで、自分たちの席を目指して広いレストラン内を彷徨うことになります。

僕達のテーブルはまだまだ奥にあるようです。

途中にはスイーツやソーセージ、ハムなどを買えるお店があったりします。

そして僕達の席まであと少し。それにしても広い!

そしてようやく席に着くことができました。生バンドが演奏する場所に近い!

で、こちらがメニューです。

まずはフードメニューから。

メニューはタイ語と英語表記、そして一部料理は写真付きです。

気になる料理ですが、パスタやピザ、ステーキといった西洋料理中心ですが、タイ料理もありました。
値段は全体的にちょっと高めかな。

一方こちらはドリンクメニュー。

  

ソフトドリンクからビールやカクテルまで色々ありました。

  

そして店員さんに勧められたのがこちらのプロモーション。スペアリブやポークナックル、ソーセージなんかが載ったプレートを注文するとビールも安くなるとのこと。

テーブルからハムが吊るされているのが遠くに見えることもあり、きっと美味しいんだろうなと。

ただ1つ問題が。それは、

今回のメンバー4人のうち、2人がベジタリアンだということ。
肉や魚介類を食べられるのは妻と僕だけ。そしてお酒を飲むのは僕一人。

そんなメンツでこういったレストランに来ていいのか?楽しめるのか?

そんな事を思いながらも、僕は肉を喰らって酒が飲めれば幸せなのでマイペンライ。

というわけでヒューガルデンをかっくらいます。グラスが大きい!グラスが大きいということはたくさん飲める!
たくさん飲めるということは、そう、幸せ!

そしてビールのお供についてきたガーリックトースト。正直これとビールだけで1時間半過ごせる気がします。

と、ビールでテンションが上がってきたところで注文した料理が運ばれてきました。
ちなみにこれから登場する料理は1つも僕の意見が反映されていません。

妻や妻の友人と食事や旅行する際は、僕はいつも何を食べるかどこへ行くか全く分かってません。
ただ出てきたものを食べ、着いたところで遊ぶだけです。

そんなことはどうでもよいんです。料理を紹介します。まずはこちら。

「Midwinter Pizza」です。値段は595バーツ(約2,082.5)円です。

ピザを頼んだというのは聞いていたのですが、それでやってきたのがこちらでした。
これはピザなのか?ピザと呼んでいいのか?でも店の名前も付いている名物料理らしいです。

中に生ハムが入ってますが、肉を食べない妻の友人が頼んでます。
そして僕の皿の上に彼女たちから次々と生ハムのプレゼントがありました。もうその生ハムだけで飲めます。

続いてはこちら。シーフードが載ったペペロンチーノです。値段は425バーツ(約1,487.5円)です。

もちろんパスタの上に載ってるシーフードは妻と僕とで山分けしました。

そしてこちらは豚料理色々のプラッター。妻と僕しか肉を食べないというのに一番大きなサイズを頼んでしまい、ビール2杯が付いて1,600バーツ(約5,600円)でした。

運ばれてきた時の感想は、もちろん『美味しそう!』が一番だったのですが、それと同じくらい、『これ食べきれるのか?』という言葉が頭の中をよぎりました。

そしてさらに料理が運ばれてきます。こちらは海老が載ったリゾットです。値段は625バーツ(約2,187.5円)です。

この辺りから生バンドの歌と演奏が始まり、気分はますます上がってきました。

そしてビールは2杯目へとすすんでいきます。こちらはヒューガルデンのピーチ味。
オリジナルとピーチ味が1杯ずつ付いてきたのですが、正直オリジナルを2杯飲みたかったです。ピーチは美味しいけど甘い!

そんな甘いビールを飲んでいる時にさらに追加注文で運ばれてきたのがこちら。
ペペロンチーノです。こちらは295バーツ(約1,032.5円)でした。

注文時にベーコンを別にしてほしいとお願いしてやってきたのがこちら。
だったらベーコン抜きでもいいんじゃないかって思う僕に、ほら、ツマミだとばかりにこのベーコンをくれました。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

パスタもリゾットも本格的なイタリアンレストランの味ってわけではないけど、それでも十分美味しいです。
店の雰囲気そして旅行気分がさらに美味しく感じさせている気がしないでもないけど、でもそんな楽しい気分を台無しにするような味ではないことは間違いないです。

そしてスペアリブやポークナックルなどが載っているプラッターも美味しかったですよ。これはビールがすすみました!

あと気になるピザ風の例のアレ。これが美味しいんです!さすが店の名前が付いているだけのことはある。

ということで結構料理を頼みましたが、4人でしっかりと完食です。

大きなグラスのビールを2杯とプラッターを7割以上僕が食べたこともあり、この時点で僕はかなりお腹いっぱいだったのですが、妻たちはデザートを何にするかで盛り上がってます。

そして注文したのがこちら。レモンメレンゲタルトです。値段は121バーツ(約423.5円)です。

そしてもう1品。「Midwinter Cooler」という、アイスクリームの盛り合わせです。値段は245バーツ(約857.5円)です。

左から、グリーンマンゴー、ストロベリー、タマリンド、そしてパイナップルです。
それとアイスクリームの上に見えるのが、左は唐辛子ソース、右は砂糖と唐辛子を混ぜたやつです。

そうです、屋台でフルーツを買うと付いてくるアレです!

で、左2つのアイスクリームには唐辛子ソースを、右2つのアイスクリームには砂糖&唐辛子を付けて食べるのだと店員さんから説明を受け食べてみたのですが、これがびっくりするくらい美味しい!

特にグリーンマンゴーのアイスに唐辛子ソースを付けて食べると、本当に屋台のフルーツを食べている感じがします。

正直最後のこのアイスクリームで店の評価が1ランク上がったくらい、めちゃくちゃ気に入りました。

他の3人もこのアイスは絶賛してましたよ。

あ、すっかり忘れてましたが、レモンメレンゲタルトも美味しかったです。僕はこの手のメレンゲ系のタルトってそんなに好みじゃないのですが、レモンの爽やかさもあって、このタルトは好きです。これは美味しかった!

アイスクリームまでしっかりと食べたところでお会計。

3人が注文したソフトドリンクと税7%が加算され、4,430バーツ(約15,505円)でした。

1品1品の値段がそこそこしたし、それに結構料理を注文した割には思ったより安かったなあというのがレシートを見た感想でした。

店を出る前にトイレに行ったのですが、その帰りにレストラン側を眺めたところです。暗くなったら余計に素敵感が増しますね。

屋外の席。左側にステージがあるのですが、ステージでライブがある日はこちらの席も全て埋まってしまうのだとか。

改めてレストランの中へ。バーカウンターもあります。

あらシャレオツ。

そしてこちらが店の正面入口です。

その入口の前にはちょっとしたマーケットがありました。

洋服や雑貨、そして野菜なんかも売ってました。

とっても気になったのが、真ん中の緑の野菜。これ、何だかわかります?

答えはなんとアボカド!こんな長いアボカドもあるんですね。

試食をしたら思いのほか美味しかったので、買ってしまいました。
値段は1kg(4本)で100バーツ(約350円)でした。安い!

帰宅後さっそく食べましたが美味しかったですよ。この値段で買えるのはいいなあ。バンコクでも売ってないかな。

最後に・・・。

これだけの規模のお店がいっぱいになるのも納得するくらい、素敵なお店でした。

カオヤイという場所も含め、非日常的な雰囲気が良かったです。もちろん店の雰囲気だけじゃなく、料理も美味しかったですし。

料理の値段は決して安くないというか、観光地価格という気がしないでもないけど、それでも満足度は高いです。
いや、旅行だからこそ、こういう場所でパーッと食べたり飲んだりするのが楽しんですよね。

というわけで、カオヤイ旅行で訪れるレストランの候補に入れてみてはいかがでしょうか。
あ、週末は予約を忘れずに!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:ミッドウインター(MIDWINTER)
場所:88 88 หมู่ที่ 10 Thanaratch Rd, Nong Nam Daeng, Pak Chong District, Nakhon Ratchasima 30130
電話番号:082-452-8888
営業時間:日~木 10:00-22:00 金・土 10:00-23:00
定休日:なし
URL:https://www.midwinterofficial.com/en/
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です