注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

バンセンの和菓子カフェ【Open House Café(オープンハウスカフェ)】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Open House Café(オープンハウスカフェ)】

です!

昨日紹介した【Four dining grill and bar】でのランチ後、妻がもう1軒行きたいお店があるというので行ってきたのですが、こちらもまたなかなか面白いお店でした。

まさかこんなところで和菓子が食べられるとはということに驚き、そしてその和菓子を食べているのがタイ人の若者というのにも驚きました。

というわけで早速紹介しちゃいます!

あ、【Four dining grill and bar】についてはこちらの記事をどうぞ!

どうも、きーきあっです。シラチャで1泊した帰り、バンセンに寄ってお昼ご飯を食べようということになりまして。バンセンといえば海。海といえばシーフード。ということでてっきりシーフードを食べるのだと思っていました。しかし妻に聞いたところ、ステーキを食べる...

 



【Open House Café(オープンハウスカフェ)】への行き方

お店はバンセンサーイ2通り沿い、バンセンビーチから1kmほどのところにあります。

なにぶんバンセンに来たのは2度目ということで土地勘もないため、こんなざっくりした説明しかできません。
詳しくはグーグルマップを確認してくださいね。

お店の外観はこんな感じです。

通り沿いにはこんな看板が出ているので、こちらを目印にどうぞ。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

店内はタイ人の若者でほぼ満席。そのため店内の写真撮影は控えました。
とりあえず自分たちが確保したテーブル席だけ撮ってみました。

こちらは隣のテーブル。座ってなかったのでこっそり撮らせてもらいました。

2階にも席があります。こちらもお客さんがたくさんいそうな感じだったので行かなかったけども。

まずはこちらで注文と会計を済ませましょう。

こちらがメニューです。え?本当にこれが食べられるのってくらいバラエティーに富んでます。
ちゃんとイラスト付きなのがポイント高し。そうだよなー、名前だけじゃイメージ沸かないもんなあ。

他にドリンクメニューもあったのですが、写真を撮り忘れてしまいました。
もちろんドリンクもあるのでご心配なく。

とりあえず注文を済ませしばし待ちます。注文したものは後で席まで運んできてくれます。

そして待つこと数分、次々と注文したものが運ばれてきました。

まずはこちら。わらび餅です。値段は95バーツ(約332.5円)です。

妻はきな粉が大好きなので、わらび餅があるとほぼ100%の確率で注文してます。

お次は豆乳プリンです。値段はこちらも95バーツ(約332.5円)です。

そしてこちらは僕が選んだ桜八ッ橋です。値段は同じく95バーツ(約332.5円)です。
こちらは休日のみ注文可能だそうです。

そういえば八ッ橋を食べるのは何年ぶりだろう。

こちらは水信玄餅。値段は85バーツ(約297.5円)です。

そしてもう1品。いちご大福です。サイズは5段階あったのですが、真ん中のLサイズを選んで値段は100バーツ(約350円)でした。

Lサイズでも結構な大きさなんですけど、これでXLだったらどれだけ大きいのかと。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

あのですね、こんな言い方が正しいのか分からないのですが、どれもちゃんとしてるんですよ。
これが日本で出てきても何の違和感もないと思います。

バンコクでも驚きなのに、バンセンでこれだけのクオリティの和菓子が食べられるのってすごいなあ。

本当どれも美味しかったんですけど、特に気に入ったのはいちご大福かなあ。桜八ッ橋も捨てがたい。八ッ橋を食べるのは久しぶりなだけに、余計に胃袋に染みました。八ッ橋好きなんですよねー。

僕だけじゃなく、妻や叔父さんも美味しいと言いながら食べてました。

ということで、さっきステーキやらパスタやらをたくさん食べたばかりなのに、5種類の和菓子をあっという間に完食です。



最後に・・・。

いや、本当に思っていた以上にしっかり和菓子で、どれも美味しかったです。
日本人の僕が食べても、何の違和感もなく本当にちゃんとしていました。

お店も和菓子もインスタ映え、写真映えするというのもありますが、タイ人のお客さんでいっぱいでしたし、皆和菓子を食べているのは何か見ていて微笑ましいというか日本人として嬉しいというか。

そういえばチェンマイに行った時も和菓子カフェがあって、そこもタイ人の若者でいっぱいだったなあ。

日本のスイーツ事情はよくわからないけど、若者に限って言えば、日本人並みにもしくは日本人以上にタイ人は和菓子を食べているんじゃないかって思ってしまうくらい、タイでは和菓子というか和スイーツが人気なんですよね。

ということでシラチャ旅を締めくくったのはまさかの和菓子、しかもバンセンということで意外な展開になりましたが、でもいい〆になりました。

バンセンと和菓子ってなかなかイメージが結びつきませんが、バンセンに行った際はぜひ寄ってみてほしいです。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Open House Café(オープンハウスカフェ)
場所:Bang Saen Sai 2 Soi 24 Rd, Tambon Saen Suk, Chon Buri District, Chon Buri 20130
電話番号:092-839-8282
営業時間:10:00-18:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/Openhousecafe.bangsaen/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です