注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

何だこのクレープは!?サムヤーン市場近くのクレープショップ【Oum’s.great.crepe】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Oum’s.great.crepe】

です!

こちらは昨日紹介した【Baan Daeng】に行った後に、なんか甘いものが食べたいねってことで訪れたお店です。

あ、【Baan Daeng】の記事はこちらからどうぞ!

どうも、きーきあっです。今回紹介するのは、【Baan Daeng】です!実はこちらのお店、民主記念塔の前にあるタイレストラン【Methavalai Sorndaeng】の姉妹店なのだとか。【Methavalai Sorndaeng】といえば伝統ある昔ながらのレストランなのですが、果たしてこちらの...

 

ところで皆さん、タイのクレープって食べたことあります?

食べたことがない人は、ぜひ一度食べてみてください。おそらく皆さんが想像する斜め上のクレープがやってきますよ。

って、これから紹介するので既にネタバレしちゃうんですけどね。

ということでさっそく紹介しちゃいます!

【Oum’s.great.crepe】への行き方

場所はサムヤーン市場の近くに突如現れた(別に突如じゃないけども)【BLOCK28】という商業施設にあります。
MRTサムヤーン駅またはフアランポーン駅どちらからも歩いて10分ちょいです。

お店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。なんかかわいらしい雰囲気で妻はともかく僕は完全に場違いな感じ。

イートインスペースはこんな感じの大きなテーブルと、あとはテーブル席が1席、そしてカウンター席とソファ。

まずは入口付近のカウンターで注文と会計を済ませましょう。

こちらがメニューです。

クレープにそれぞれ名前が書いてあるのですが、どんなクレープなのか想像がつくものと、全く想像つかないものと色々ありました。

お好み焼きは何となくイメージが沸くけど、ジャパニーズカルボナーラとは!?

こちらドリンクメニュー。ドリンクは他にもありました。

とりあえず注文と会計を済ませしばし待ちます。

そうそう、支払いですが、基本はクレジットカードかQR決済です。
現金でも払えないことはないそうですが、ただお釣りはないとのことでした。

クレープを作っているところも見られます。

待つこと10分ちょっと、注文したクレープが出来上がりました。

もしかしたら日本(というか一般的な)のクレープかとちょっと期待しましたが、やってきたのはやっぱりタイスタイル。
そう、巨大!そしてパリパリ!

まずこちらは僕が頼んだ「ティラミス・クリスプ」です。値段は135バーツです。

まあティラミスっぽさはあるといえばあるかな。

一方こちらは妻が選んだ「The Truffle」です。値段は120バーツです。

トリュフ大好きな妻だから、もしかしたら頼むのかなとも思ったら、本当に選んでました。
そんなクレープの中にはハムが!薄切りのハムが!

ってか、食後のデザートにクレープを食べようと言っておいて、ハムが入っているクレープを選ぶか!?

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

うん、悪くはないかな。

いや、いいんですよ全然。そもそも味について細かくどうこういうものじゃないって思っているんで。

そして僕が日本で食べてきたクレープと比べるのも野暮だし、別物だと思わないといけないことも。

それを踏まえた上で言うなら、ティラミスをチョイスしたのはちょっと中途半端だったなあと。

ちょっと置きにいってしまったなあと食べながら反省しました。

それだったらお好み焼きとかジャパニーズ・カルボナーラにいっておけばよかった。

一方妻が選んだトリュフ。ハムが入っているしトリュフソースだしで、もはやデザートではないのですが、食後のデザートじゃなくおやつだったらアリかなあ。

そしてクレープの大きさよ。普段だったら大きかったりボリュームがあることは喜ぶべきことなのですが、先ほどタイ料理を食べ終え、そこそこ満腹な我々には、なぜその大きさでやってくるのかと恨めしい気持ちでしかありませんでした。

しかもご丁寧に具もたくさん入ってますし。生地はパリパリで食べ応えしかないし。

それでも最後の力を振り絞り、妻と2人でしっかりと完食です。

最後に・・・。

食後に何か甘いものでも食べようかなって軽い気持ちでいくと、とんでもないことになります。
しかも1人1つ注文すると、目の前に大きなクレープが人数分置かれるので(当たり前)、軽く食べたい人は2人でシェアくらいがちょうどよいかも。

改めてもう1度強調しますが、日本のクレープとは別物ですから、それを踏まえた上で食べてみましょう。

そうすると、意外と面白いというか、意外とこれはアリなんじゃないかと思いますよ。

ということで気になる人はぜひ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Oum’s.great.crepe
場所:923 ซอย จุฬาฯ 5 Wang Mai, Pathum Wan, Bangkok 10330
電話番号:061-463-8000
営業時間:10:00-19:30
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/baandaengrestaurant

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です