注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

こんなところにラーメン屋が!?タリンチャンの【Ramen Haruto】へ行ってきた!

どうも、スクンビットに行けば美味しいラーメン屋がいくらでもあるのに、何故かラーメン屋を探しチャオプラヤー川を超えてしまう、きーきあっです。こんなところにあるはずもないのに。(©山崎まさよし)

いや、日系のラーメン屋さんが美味しいのはある意味当たり前でそこに感動はないわけで。(本当は感動するほど美味しいラーメン屋はいくつもあるけど)

でも、タイローカルの美味しいラーメン屋さんを見つけた時の喜びといったら、何物にも代えがたいものがありまして。

というわけで今回紹介するのは、

【Ramen Haruto】

です!

いつものようにグーグルマップ上を彷徨っていたところ、偶然見つけたお店です。

グーグルマップに載っているラーメンの写真を見ても美味しそうだったのでさっそく行ってきたわけですが、それがたどり着くまでに色々ありまして・・・。

そのトラブルも含め、とくとご覧あれ!

【Ramen Haruto】への行き方

元々グーグルマップで見かけたのはこちらだったんですよ。

で、グーグルマップを頼りにこの場所まで行ってみたところ、

民家しかない!

完全なる住宅街で、どう考えてもラーメン屋さんどころか店なんてあるわけがないんです。

で、電話しましたよ、お宅はいったいどこにあるのかと。

そうしたら何か大きな通り沿いだと言ってるんですよね。で、店の名前もグーグルマップに載っている【Haruto ramen】じゃなくRamen Haruto】だと言うじゃないですか。

正しい名前でグーグルで検索したら出てくるからと言われ、電話を切った後に改めて検索してみましたよ。

そうしたらちゃんとありました。あったけど、今いる場所から更にバンコクを離れることになるじゃないですか。
でもここまで来たら引くに引けなくなり、行ってきましたけどね。

で、そのお店の場所ですが、MRTファイ・チャイ駅がある交差点から、プランノック・カンチャナピセーク通りを4.5kmほど西に進んだところにあります。

って、何言ってるか全然分からないですよね。僕も初めて行った場所だしよくわかってないですよ。
とりあえずグーグルマップで確認してみてくださいな。

お店の外観はこんな感じです。苦労してたどり着いたので、本当にあってホッとした気持ちでいっぱいでした。

また大通り沿いにはこちらの看板が出ているので、目印にどうぞ。

地図も載せておきますね。こちらが正しい地図ですから間違えないように!

注文しよう!

こちら店内の様子。外観からも分かるように、非常にコンパクトなお店です。
2人掛けのテーブル席が3卓と、あとはカウンター席です。

メニューは壁に大きく貼ってあります。ラーメンの種類は5種類、あとは餃子とカニカマ、そしてトッピングとドリンクです。

バンコク郊外とはいえ、値段はリーズナブル!そしてどれも美味しそう!

最初に食べるのはどれが正解なんだろうかと悩みつつ、注文を済ませ待つこと数分。
今回注文したのはこちら。黒ニンニク味噌豚骨ラーメンです。値段は135バーツです。

名前の通り、黒いスープに具は大きなチャーシューが3枚と味玉、そしてメンマとネギです。

麺はこんな感じです。

そして餃子も注文しました。4個入りで49バーツでした。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

スープはちょっと独特の風味の味噌味ですが、でも味は悪くないです。
そして麺の茹で過ぎなんてことはないし、あとはチャーシューが美味しい!

ただ惜しむらくは、スープが熱々じゃないこと。ぬるいまではいきませんが、その一歩手前くらいです。
これがスープが熱々だったらもっと評価が上がるのになあと思いながら、それでもあっという間に完食です。

あ、そうそう、餃子も美味しかったです。ただ最初からタレがかかっていて、それがちょっとピリ辛なので、辛いのが苦手な人はキツいかも。ですので辛さに弱い人はその旨を伝えた方がよろしいかと。

さて、ラーメンは完食しましたが、まだお腹には余裕があります。というかこんな遠くまで来て1杯でやめるのは何かもったいない。
ということで、2杯目のラーメンを注文しました。

そんなタイミングでお店の人から冷奴のサービスが。何故ラーメンと餃子を食べ終わったこのタイミングで?デザート?
ってか、何故に冷奴?

そんな不思議な気持ちでラーメンが出来上がるのを待つこと数分、2杯目のラーメンがやってきました!
注文したのは塩ラーメンです。値段は119バーツでした。

塩ラーメンには鶏チャーシューが載っていました。おお、芸が細かい!

麺はこんな感じです。

ちなみに何故塩ラーメンにしたかというと、店の前にこの幟が出ていたからです。
幟を見ると先月オープンしたばかりなのが分かります。

さて、こちらの塩ラーメンですが・・・

美味ーーい!

おお、先ほどの味噌ラーメンも悪くなかったけど、こちらの塩ラーメンの方が断然美味しい!
スープも鶏チャーシューも美味しいし、ラーメンとしての完成度も高いです。

そしてこちらのラーメンはスープが熱々!特にお店の人に伝えたわけじゃないのに。ということは先ほどのはたまたまなのかな?

2杯目だというのに、1杯目のようなスピードであっという間に完食です。

食べ終わったところでお店の人に感想を聞かれたので、1杯目のスープはちょっとぬるかったことと、日本人は(主語が大きくてすみません)熱々のスープの方が好きだよって伝えておきました。

でも2杯目のラーメンはめっちゃ美味しかったし、ちゃんとスープが熱々だったことも伝えてあります。

ちなみにこちらのお店はタイ人女性が1人でやってます。しかも英語も話せます。
って、だったら電話で場所を聞いた時に頑張って拙いタイ語で話す必要なかったじゃん。

というわけで、ここでお店の人に気になることを色々聞いてみました。以下Q&A方式でお届けします。

どうしてこの店名にしたの?

季節の「春」という言葉が好きだから。でも春という名前の店はたくさんあるのでハルトにしたのよ。

 

グーグルマップに同じような名前の店があるけど。最初そこに行っちゃったんだよね。

そうなのよ。何故だか全然違う場所に表示されてるから、グーグルにクレームをいれなきゃ。

 

お店の営業時間は?昨日電話したら(実は前日も先ほどの場所に行って店が見当たらず電話したんです)休みって言ってたけど、火曜日が定休日なの?

基本休みなしでやってるわ。昨日はたまたまお母さんを病院に連れて行ったから休みにしただけなの。ごめんなさいね。

 

ということで、色々スッキリしたところでお会計。ペットボトルの水10バーツと氷入りグラス2バーツを含め、315バーツでした。
ラーメン2杯と餃子を食べてこの値段ですから、やっぱり安いなあ。

ということで、お店のお姉さんにまた来ますねーと伝え、店を後にしました。あ、何故サービスで冷奴を出すのか聞き忘れた!

最後に・・・。

店に向かっている途中に、何故平日の仕事帰りにラーメンを食べるためにこんな遠くまで来てるんだろうと思いましたが、でもここまでやってきた甲斐はありました。

もちろん、日系の美味しいお店と比べるとそりゃあアレですけど、でもこの値段でこのクオリティーなら文句はないです。
特に塩ラーメンはおすすめなので、まずはこちらから試してみるとよろしいのではないでしょうか。

それとラーメンの量ですが、決して少ない訳じゃないです。普通です。僕は特別な訓練を受けているので2杯食べましたが、普通に1杯でも物足りなさはないはず。

ということで、ラーメンマニアを自称する人なら、話のタネにここまで遠征してくるのもアリかと。

僕もここまできたら残りの3種類も制覇したいと思います。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Ramen Haruto
場所:Prannok – Kanchanaphisek Rd, Bangphom, Taling Chan, Bangkok 10170
電話番号:095-564-6229
営業時間:10:00-21:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/ramenharuto

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です