人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

セントラルワールドにオープンした韓国料理店【セマウル食堂 Saemaeul Sikdang (새마을식당)】へ行ってきた!

10月ですよ、奥さん!

どうも、きーきあっです。

早いもので今日から10月。今年もあと3か月になりました。
コロナのせいで旅行もサッカー観戦もできず、そしてお店でお酒を飲むこともできません。

早く以前のような生活が戻ってきてほしい、そう思う毎日です。あと体重も前に戻ってほしいです。←それは自業自得

さて、今回紹介するのは、

【セマウル食堂 Saemaeul Sikdang (새마을식당)】

です!

こちら韓国発の韓国料理チェーン店で、日本にも出店し人気なのだとか。
少し前にバンコクに1号店がオープンし早くも人気になっています。

僕も実は今回訪れた1週間前に1度お店へ足を運んでいるんです。

でもその時はその日食べられる分の整理券を配り終えていて、食べることができませんでした。
お店の場所があるセントラルワールドの営業開始時間からまだ1時間経ってない時点でですよ。

で、その1週間後に見事リベンジを果たし、食べることができたのでした。
それでも相当並んで待ちましたけどね。

さて、そんな人気店の味はいかほどだったのでしょうか・・・。

【セマウル食堂 Saemaeul Sikdang (새마을식당)】への行き方

お店はBTSチットロム駅とサイアム駅からスカイウォーク直結のショッピングモール、セントラルワールドの7階にあります。

【スシロー】や【海底撈火鍋(ハイディラオ)】なんかの近くにあります。
どちらも人気店で、このエリアは人がごった返しているのですぐに分かると思いますよ。

で、お店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

いつもならここで店内の様子をお伝えするのですが、超人気店なのでそんな簡単にはお店の中に入れません。

この日は土曜日。セントラルワールドの営業開始時間である10時に到着し、そこから7階へと上がったところ、既にこの行列。
ちなみにこの行列は食べるためのものではなく、整理券を受け取るためのものです。

そんな中で待つこと40分、ようやく整理券をゲットしました。

整理券にはQRコードが付いており、こちらで登録すると順番が来た時にLINEで知らせてくれます。
もし自分の番号が呼ばれてから5分経つと、番号は無効になってしまうのでご注意を。

そうそう、オンラインでも予約ができるのですが、オンライン予約分は席数の25%だそうなので、もしオンライン予約ができなくても、直接お店へ行き整理券を受け取れば食べられますので諦めないで!

店の前のモニターで案内できる番号、そして待っているお客さんの数が表示されます。

そして整理券を受け取ってから40分、それから更に2時間待ってようやく店内へ案内されました。

店内はそこそこ席数がありましたが、当然ながら店内は満席。

普通のテーブル席とこんな感じの円卓のような席があり、僕達はこちらの円卓席へと案内されました。

このようなダクトがあるので、煙や匂いが出ません。

そしてこちらがメニューです。

お店の人におすすめメニューを聞きながら注文を済ませしばし待ちます。

そしてまずやってきたのはこちら。そう、韓国料理ではお馴染みのパンチャンです。

キムチをはじめ、色々な料理がテーブルの上に置かれます。
こちらはもちろん無料でしかもお替わり自由。

このわかめスープも無料で付いてきます。

こちら調味料など。

続いて料理も運ばれてきました。

こちらはヨルタンプルコギです。値段は290バーツ(約1,015円)です。
薄くスライスした豚肉にピリ辛のソースがかかっています。

お店のおすすめメニューとのこと。

肉は全て店員さんが焼いてくれます。こちらはただひたすら食べるのみ。

焼き上がった肉はこのように皿に載せてくれます。

こちらはサムギョプサル。同じくタレがかかっているバージョンです。
値段は250バーツ(約875円)です。こちらも店員さんおすすめメニューでした。

続いてはこちら。7分豚キムチチゲです。値段は280バーツ(約980円)です。

こちらもお店の名物メニューというかおすすめメニューなのだとか。

直訳すると「7分待つキムチチゲ」的な名前なのですが、7分煮込まれた状態で出てくるのか、それとも出てきてから7分待つのかは不明です。

こちらも店員さんが鍋の中の豚肉やキムチをハサミで細かく刻んでくれます。

出来上がりはこんな感じです。

また、こちらの料理にはご飯と韓国海苔が付いてきます。

こんな感じで刻んだ韓国海苔をご飯の上に載せ、先ほどのキムチチゲと一緒に食べるのだとか。

続いてはこちら。冷麺だと思って注文したら、麺が素麺のようでした。
値段は200バーツ(約700円)です。

お肉と一緒にまとめて注文したため、割と前半でやってきてしまいました。
後で頼めばよかったなあ。

それはさておき、スープは少しシャーベット状になっていて、また真ん中には麺とその上にネギや唐辛子などが載っています。

麺はこんな感じです。冷麺のような麺ではなく、まさに素麺でした。
韓国でも素麺って食べるのね。

こちらは追加注文した豚の首の部分の肉。コームーヤーンで使われる部位ですね。
1枚単位で注文するようで、値段は250バーツ(約875円)でした。

こちらもこのように店員さんが焼いていきます。

焼き上がったら他の肉同様食べやすい大きさに切ってくれます。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

今回食べた3種類の肉は、肉質や味付けはいずれもよかったと思います。美味しかったですよ、普通に。
何より店員さんが焼いてくれるので、こちらは食べるのに集中できて楽ですし。

そしてお店の名物メニュー7分豚キムチチゲですが、7分待つことで普通のチゲと何が違うのかは正直良くわかりませんでした。

他のお店で食べるチゲと比べてここが美味しい!とか、ここが違うっていうほどの個性は僕は見つけられなかったかな。
中に入っているキムチや豚肉を細かく刻んでくれることで食べやすくはなりますが、食べごたえはなくなる感じです。

冷麺ならぬ素麺ですが、こちらは麺だけでなくスープも普通の冷麺とは異なっていました。

というのも、普通韓国の冷麺って牛骨なんかでスープを作るのですが、こちらの店は魚介のスープでした。
煮干し?でダシをとったの?ってくらい、魚の風味が強いです。

なかなか個性的ですが、個人的には美味しかったし、これはアリかなあと思います。

ということで、以上5品を妻と2人でしっかりと完食です。

お会計ですが、ペットボトルの水30バーツ(約105円)が2本、あとは税・サービス料がそれぞれ加算され、1,566バーツ(約5,481円)でした。

最後に・・・。

料理も肉も普通に美味しかったし、店員さんの接客も良かったけど、満足度が高いかといったら、果たしてどうだろうってところです。

ただこれには理由があって、それは自分でも分かっています。それは何かというと、

  • 合計で2時間40分待った
  • 前日にスクンビットプラザ(韓国のコリアンタウン)で美味しい韓国料理を食べてしまった

というものです。

そのため、何となく自分の中で高いハードル設定をしてしまったのかもしれません。

値段も安いと聞いていましたが、メニューの値段を見ると確かに安いかなと思ったものの、税・サービス料がそれぞれかかるので、最終的にはそこまで安いという感覚はなかったなあと。

もし韓国料理が好きで、バンコクにお気に入りの韓国料理店がある人ならば、そこに行けばいいと思いますし、それでも気になる人はもう少し落ち着いてから、並ばずに入れるようになってから行った方がよいかなって思います。

僕としては1度行って満足した感があり、暫くはいいかなって思います。

ということで、気になる方はどうぞ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:セマウル食堂 Saemaeul Sikdang (새마을식당)
場所:セントラルワールド7階
電話番号:092-567-4585
営業時間:11:00~19:30 ※店内飲酒禁止期間中の特別営業時間
定休日:なし
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です