人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

17歳のバリスタ!?フアランポーン駅近くのカフェ【ใต้บ้าน TAIBAN BKK】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【ใต้บ้าน TAIBAN BKK】

です!

こちらはコーヒーがウリのカフェなのですが、それは何かというとお店のバリスタがなんと17歳の男の子!

何でも13歳からコーヒーの勉強を始めたとのことで、そんな彼の淹れるコーヒーが話題なのだとか。

・・・と書きましたが、実は今回コーヒーを飲んでいません。

でも料理が美味しかったので、今回はそちらを紹介します!

【ใต้บ้าน TAIBAN BKK】への行き方

お店はフアランポーン駅近く、ラマ4世通りから細い路地を入ったところにあります。
MRTフアランポーン駅から歩いて2~3分と、余裕の徒歩圏内です。

お店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。それほど広くはなくテーブル席が4~5席ほどです。

ちなみに隣はホテルだそうです。

こちらがメニューです。

コーヒーはここに書いてある以外にもあるそうで、注文する時はバリスタに相談してくれということでした。

こちらはお店の名前が付いた麺料理ですが、牛肉入りのフォーなのだとか。

またそれ以外にもガパオライスなど色々あります。

朝食メニューもありますよ。

コーヒーはどうしようかなって思っていたのですが、バリスタの男の子が自転車に乗ってどこかへ行ってしまったので、飲み物は水を注文。値段は10バーツ(約35円)でした。

そして待つこと数分、注文した料理が運ばれてきました。

まずはこちら妻が頼んだカオクルックガピです。値段は90バーツ(約315円)です。

妻はこの料理が好きでこのブログでも良く出てきますが、カオクルックガピはタイのちらし寿司的な料理です。ご飯と具をしっかりと混ぜてから食べます。

スープも付いてきます。

一方僕はというと、牛肉のガパオライスを選びました。トッピングで目玉焼きを載せて値段は135バーツ(約472.5円)です。

これは美味しそう!そして見るからに辛そう!

こちらもスープが付いてきます。

そしてもう1品。「Taiban Noodle」です。値段は200バーツ(約700円)です。

牛肉入りのフォーということでしたが、確かに牛肉がたくさん入ってます。

ハーブ類もちゃんと付いてきますよ。

タレです。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まずガパオライスですが、中に入っている牛肉も美味しいし味付けもバッチリです。結構辛いですがちゃんと旨味もあります。

妻のカオクルックガピも一口もらいましたが、これも美味しかったですよ。
カオクルックガピの妻も満足してました。

そしてフォー。こちらも美味しい!スープも旨味たっぷりですし、具の牛肉も美味しい!玉ねぎが入っているのがちょっと珍しいかな。

ということで3品を妻と2人でしっかりと完食です。

お会計は435バーツ(約1,522.5円)、税・サービス料込の料金でした。

最後に・・・。

お店のウリであるコーヒーが飲めなかったのは残念ですが、また足を運ぶ理由が出来たと思えばいいかな。

で、それを補って余りあるほど料理が美味しかったです。店の雰囲気は普通のカフェなんですけど、どの料理も美味しくてびっくりしました。

他にもカノムジーンとかクワイジャップユアンとか気になる料理もあったし、これはまた訪れないと。

コーヒーを飲んでないのでそこまでは言えないけど、コーヒー好きは一度訪れる価値はあるんじゃないかなと。

そしてコーヒーが苦手な人でも、タイ料理が好きなら足を運んでみてほしいお店です。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:ใต้บ้าน TAIBAN BKK
場所:476/5 Rama IV Rd, Rong Muang, Pathum Wan, Bangkok 10330
電話番号:099-616-9095
営業時間:火~日 9:00-17:00
定休日:月
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です