注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

サムヤーンのステーキレストラン【Tan Kun】がセントラルワールドにオープンしていた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Tan Kun】

です!

こちらはサムヤーンにあるステーキレストランなのですが、熟成肉を手頃な値段で食べられるお店なんですよね。
以前僕も訪れ、美味しかったのをよく覚えています。その時の記事はこちらからどうぞ!

どうも、きーきあっです。最近ステーキとか焼肉とかを食べる機会が多くて、本当肉食系男子だなあと。←意味が違うということで今回紹介するのは、【Tan Kun】です!ステーキが安く食べられるお店だという情報を聞きつけ、さっそく行ってきました!【Tan Kun】への行き...

 

で、そんな【Tan Kun】をセントラルワールドに行った時に少し前に見つけまして。

先日妻とセントラルワールドに買い物に行った際、お腹が空いたねという話になった時にこのお店のことを思い出し行ってみることにしました。

ということでさっそく紹介しちゃいます!

【Tan Kun】への行き方

お店はセントラルワールドの7階、スシローやハイディラオなどが並ぶエリアの一角にあります。

お店の外観はこんな感じです。

こちらの看板が目印です。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

スシローなどの飲食店に囲まれた中央にお店があります。

中央には他にもお店がありますが、簡易的なテーブルを出しているお店が多い中、こちらはしっかりとした店構えです。

こちらがメニューです。お店の人に聞いたところサムヤーンのお店とは若干料理の種類が異なるとのこと。

メニューはタイ語と英語表記。

ステーキや丼系は肉の焼き加減、トッピングの玉子(生卵、目玉焼き、スクランブルエッグ)などを選ぶことができます。

その他期間限定メニューや今日のおすすめなんかもありました。

注文を済ませ待つこと数分、料理が運ばれてきました!

まずはこちら。僕が注文したハラミ丼です。
値段は270バーツ(約945円)です。

肉も美味しそう!
また、トッピングの玉子は目玉焼きにしてもらいました。

こちらの少し辛いタレでいただきます。

一方妻が選んだのは店の名前が付いた「Tan Kun Beef Rice Bowl」です。
値段は280バーツ(約980円)です。

玉子は生卵を選んでました。

そしてこちらはキャベツ炒め。値段は110バーツ(約385円)です。

そしてもう1品。牛脂を使った炒飯です。値段は70バーツ(約245円)です。

こちらの料理は妻がしれっと注文していて、僕はこれを頼んでいたのを知りませんでした。
既に2人分の丼がきてましたし、運ばれてきた時には、注文間違いかと思いました。

すごくお腹が空いていたし食べてみたかったとのことですが、丼にチャーハンって。まあこういうの嫌いじゃないけど。
それにしても最近妻の注文の仕方というか、料理のチョイスが僕に似てきてちょっと心配。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

妻が頼んだ丼も僕が頼んだやつも、どちらも肉の旨味を感じさせてくれます。
この価格で食べられる肉としては十分満足できるクオリティーです。

箸休め的な意味で頼んだキャベツ炒めも美味しく、これだけでご飯がすすみそうな味付けです。

そしてチャーハン。こちらも少しジャンクな味で美味しいです。

チャーハンをおかずにステーキが載った丼を食べるという、デブまっしぐらな食べ方をしながら妻と2人であっという間に完食です。

お会計はペットボトルの水30バーツ(約105円)とサービス料10%が加算され、847バーツ(約2,964.5円)でした。

サムヤーンの本店で食べた時は税・サービス料込の料金だったけど、こちらはサービス料がかかるのね。

最後に・・・。

お店の構えはオープンな感じで、かつスシローなど周りのお店の順番を待つお客さんが目に付くので、落ち着いて食事をするという雰囲気ではないけど、サクッと食べるなら問題ないと思います。

ゆっくりと落ち着いて食べたい人はサムヤーンのお店へどうぞ!

ということでやっぱりここのお肉は美味しいなって再認識できてよかったなあと。
今度改めてサムヤーンのお店に行こうと思いました。

そんなわけで肉好きはぜひお試しあれ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:TanKun ท่านขุน Central World
場所:セントラルワールド7階
電話番号:090-626-5363
営業時間:10:00-22:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/TanKunBangkok/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です