人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

人気の料理を食べながらバスで旧市街観光!【Thai Bus Food Tour(タイバスフードツアー)】はぜひおすすめしたい!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Thai Bus Food Tour(タイバスフードツアー)】

です!

なんだそれ?っていう人のために簡単に説明しますと、タイの旧市街を2階建てバスで巡るツアーです。
って、それだけだと単なる観光バスツアーじゃんってツッコミたくなりますが、もちろんそれだけじゃありません。

このツアーのウリは、バスの車内で食事ができるということ!
しかもミシュラングルメ、有名なお店の料理が食べられるんです。

そんな魅力的なツアーなので僕も気になってはいたのですが、妻の旅行代理店でもこのツアーを取り扱うことになり、そのお陰で招待いただいたのです。

って、招待してもらったのは僕ではなく妻の旅行代理店。
そして招待枠は2名分。妻のオフィスのスタッフは妻を入れて3名。
僕の枠どころか1名足りません。

ということで2名分は自腹を切って、4名で参加してきました!←支払ったのは妻ですけど

これが期待通り、いや期待を上回る楽しさ!

ぜひ皆さんに行ってほしい!
そしてこのブログを読んでいる皆さんに特別なプロモーションがありますので、最後まで読んでくださいね!
最後だけ読まず、全部読むように。

【Thai Bus Food Tour(タイバスフードツアー)】への参加方法

1.予約方法

こちらのツアーはもちろん予約必須!しかも人気のツアーなので早めの予約をおすすめします。
予約方法はというと、旅行代理店を通じて予約するか、公式Webサイトからの直接予約です。

公式Webサイトから予約をする場合はLINEで手続きを行います。
詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.thaibusfoodtour.com/

2.タイバスフードツアーの種類

こちらのバスツアーですが、全部で4種類あります。
廻るコースはどれも同じですが、時間帯が違うのと料理が若干異なるようです。
ちなみにこんな感じ。

  1. ランチ        11:30-13:00 1,690バーツ(約5,915円)
  2. アフタヌーンティー  14:00-15:30 1,490バーツ(約5,215円)
  3. ディナー       17:30-19:00 1,890バーツ(約6,615円)
  4. ナイトライフ     19:30-21:00 1,890バーツ(約6,615円)

ネットで見ると4番のナイトライフに参加している方が多いようですが、僕たちは3番のディナーに参加してきました。
妻曰く、

「夕方と夜の景色を両方楽しめるから絶対この時間がいいのよ!」

ということだったので、素直に従いました。お金を出してくれたのも妻だし。

3.ツアーの集合場所

さて当日。ツアーの集合場所ですが、チャオプラヤー川沿いのリバーシティという商業施設です。
こちらにオフィスがあるので、まずは受付を済ませましょう。

こちらリバーシティ。
BTSサパーンタクシン駅隣接のサトーン船着き場からチャオプラヤーエクスプレスという水上バスで行くか、MRTフアランポーン駅から徒歩15分ほど歩くか、もしくはタクシーで行くことになるかですね。

こちらがオフィス。TOPSというスーパーマーケットとサブウェイの並びにあります。

受付カウンターもバスの形になっているところがかわいいですね。

少しですが椅子もあるので、早く着いてしまったらこちらで待つこともできます。

先ほど説明したコースが書いてあるカードをもらいました。

地図も載せておきますね。

さあ、バスに乗り込もう!

こちらが今回乗るバスです。おお!って感動するくらい素敵です。

座席は2階だけを使い、全部で24席のみ。
ちなみに席は全席指定です。

席に着いた時には既にテーブルがセッティングされていました。

バスでの移動中にドリンクがこぼれないような工夫もあり、さすがだなと。

車内はWi-Fiフリー!そしてテーブル脇にはUSBで充電もできるサービスぶり。

コース料金は食事のみでドリンクは含まれていません。
ビールなど飲みたい方は別途注文しましょう。お水は無料です。

席に着いたところで冷たいおしぼりのサービス。

そしてウェルカムドリンク。こちら柑橘系のジュースでした。

さて、バスが動き始めたところで料理が運ばれてきます。
まずはこちらの前菜から。ライスクラッカーの

タマリンドがベースのソースがかかっていました。
天秤の器に入っているのもかわいいですね。味も美味しかったです!

そしてもう1品。ミヤンカムです。
通常ミヤンカムは葉っぱでくるんで食べるのですが、葉の代わりに蓮の花にのせてありました。
これ、ナコンパトムにある蓮の池で食べたなあ。

見た目も味も素敵な前菜に早速心を掴まれつつ、バスは旧市街へと進んでいきます。
こちらは夕方のフアランポーン駅。
ちなみにこのバス、景色がよく見えるよう窓が大きいんです。

そしてチャイナタウンのヤワラー通りへと入っていきます。

こちら正面から。相変わらずヤワラー通りは渋滞しています。

土曜日の夕方ということもあり、この日のヤワラー通りはすごい人!

これはなんだったっけな?

そして続いての料理が登場。こちらはクワイジャップという、マカロニのような麺が入った料理です。
胡椒の風味が結構強いですが、美味しかったです。

クワイジャップを食べている間に日も暮れてきていい感じになってきました。
こちらはワットサケート。

民主記念塔です。

続いてやってきたのはこちらのお店。
そう、パッタイの超有名店、ティップサマイです。

数十人の行列ができている中、このツアーの目玉の一つでもある、ある特典が。

それはティップサマイのパッタイが並ばずに食べられること!
バスが店の前で停車すると、店の人がバスまで運んでくれるのです。

薄焼き卵にくるまれたパッタイ。麺はこんな感じです。

こちらの袋には砕いた唐辛子や砂糖、砕いたピーナッツなんかが入っています。
全体的に甘めな味付けなので、お好みで唐辛子などをかけて食べましょう。

ちなみにティップサマイのパッタイですが、前に食べた時には正直そこまで行列ができるほど美味しいかなあって思っていたのですが、久しぶりに食べたら美味しかったです。

パッタイを食べながらライトアップされたお寺を眺めます。

改めて民主記念塔。

パッタイを食べ終えると、次に運ばれてきたのがマッサマンカレー!

パッタイだけでも割と満足なのに、マッサマンカレーまで出てくるなんて。

鶏肉も大きいのがドーンと入っていて、なかなかのボリュームです。

そしてまた夜景。もう食べるのと夜景を見るのとで忙しいです。

巨大ブランコ。

マッサマンカレーを食べ終えたところで温かいお茶のサービス。
こちらはウーロン茶でした。

そして運ばれてきたのがデザート。カオニャオマムアンです。

ココナッツミルクで味付けされたもち米とマンゴーの組み合わせ。
僕の大好物です!

デザートを食べ終え、バスは出発場所であるリバーシティへと戻ってきました。
1時間30分の楽しいバスツアーでした。

最後に・・・。

いやー、楽しいバスツアーでした!
バスのシートも広く座り心地はいいし、窓が大きいから外の景色もよく見えるし、何より料理も美味しいです!

妻の言ったとおり、夕方の景色と夜景を両方楽しめるので、この時間帯を選んだのは正解かなと思いました。
来月僕の両親がタイにやってくるのですが、両親と一緒にこのバスツアーにまた参加しようと、さっそく予約しちゃいました。

さて、そんなバスツアーですが、最初に書いた通り妻の旅行代理店でも取り扱う事になりました。
通常は先ほど案内した価格で手配するのですが、このブログを読んでいる方だけに特別価格で提供します!

なんと、通常価格から10%オフ!

今回僕たちが参加したディナーは1,890バーツ(約6,615円)なので、10%オフだと1人あたり189バーツ(約661.5円)も安くなります!

これはお得!

こちらのプロモーションは2019年12月31日までの予約までとします。
有効期限はあくまで予約ベースなので、12月31日に予約をし、実際バスツアーに参加するのが2020年1月1日というのはセーフです。

予約や質問はこのブログのお問い合わせ欄(コメント欄じゃなくお問い合わせ欄でお願いしますね)か、もしくはツイッターのDMでお願いします。

観光で訪れる方はもちろん、在住者でも十分楽しめる内容なので、ぜひとも参加してみてください!

そうそう、今回僕が参加したのはディナーでしたが、タイブロガーのサクさんはナイトライフのツアーに参加されていました。
料理も若干異なるようですので、そちらの時間帯が気になる方はこちらの記事をどうぞ!

最近バンコクで人気のタイバスフードツアー(Thai Bus Food Tour)に参加してきました。 2階建て…

 

サクさんの記事を読むと、ナイトライフの時間帯も捨てがたいなあ・・・。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です