人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

バンコク旧市街のレストラン【บ้านวรรณโกวิท(Wannakovit House)】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

タイ人女性を妻に持つ身として、せっかくならタイ人しか知らないローカルチックなお店を紹介したいと思っていたりするのですが、たまにとんでもなくローカルな店へ妻に連れて行ってもらうことがあります。
多少ローカルなくらいなら、

『お、これはブログで紹介したら反響が大きいんじゃないかな』

なんてほくそ笑んだりもするのですが、たまにローカルすぎて、

『これ、紹介しても誰も行かないんじゃないかなー』

なんて心配になる店もあります。

今回はどちらかというと後者です。心してご覧くださいませ。
という事で今回紹介するのは、

【บ้านวรรณโกวิท(Wannakovit House)】

です!

ちょっとローカルだけどなかなか素敵なお店でしたよ!



【บ้านวรรณโกวิท(Wannakovit House)】への行き方

場所はTanao通りから1本入ったDamnoen Klang Taiというソイの中にあります。
ちょっとわかりづらいので、後で載せるグーグルマップをご参照くださいませ。

こちら入口。一見普通の民家のように見えますが、この奥にある一軒家がレストランなんです。

こちらがそのお店です。というか大きな家ですね。

地図も載せておきますね。

店内の様子

中に入る時には靴を脱ぎます。そして入ったところがこちら。
人の家にお邪魔した感が強いです。

大きな円卓もあるので、大人数でもOK。

古い邸宅をレストランにしています。

こちらがメニューです。

ローカル感いっぱいなんですが、タイ語だけじゃなく英語表記もあります。
写真も載ってます。

メニューはそれほど多くなかったかな。しかも僕が来店した時には何品か売り切れの料理がありました。

こちら僕が注文したアンチャン(バタフライピー)のドリンク。値段は40バーツ(約140円)です。

妻が注文したタマリンドジュースも同じく40バーツ(約140円)でした。

注文した料理を紹介しますね。
まずはこちら。ライスクラッカーをディップで食べるやつ。値段は90バーツ(約315円)です。
ディップはココナッツミルクベースで意外にも甘かったです。

そしてこちらはカオ・クルック・ガピ。タイ式混ぜご飯。値段は90バーツ(約315円)です。

そしてもう1品。豚肉のグリーンカレー。ロティで食べます。値段は130バーツ(約455円)でした。

グリーンカレーはビーフとポークから選べます。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

なんだろう、素朴なんだけど丁寧な味。決して高級感溢れるわけじゃないんだけど、上品な味。
メニュー的にも決して高級料理というメニューじゃないけど、じんわりくる美味しさです。

決して通ぶっているわけじゃないんだけど、タイに住んで色々なお店でタイ料理を食べたからこそわかる、このお店の料理の美味しさというか、良さが何となくわかります。

テンションが上がるような美味しさではなく、うーんと考え込むような美味しさです。
妻と一緒になんだか美味しいねーって言いながらあっという間に完食です。

お会計は390バーツ(約1,365円)でした。税・サービス料はかかりませんでした。



まとめ

ローカルな場所にあるからということではなく、料理の感じからいって、タイ料理を食べ慣れていない方より色々なタイ料理を食べている方に行ってほしいお店です。
料理はシンプルですが、お店自体は素敵ですよ。なんか由緒ある家という感じで。
決して派手ではないですが、なんか心に染みる料理でした。

という事で、ディープなタイ料理好きはぜひ!
あ、そうそう、この店営業時間が短いんです!

11時から15時までですって!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:บ้านวรรณโกวิท(Wannakovit House)
場所:64 Thanon Tanao, Khwaeng Wat Bowon Niwet, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200
電話番号:081-922-6611
営業時間:11:00-15:00
定休日:月
URL:
Facebook:

<広告>









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です