お知らせ:ブログのリニューアルをしました。

【速報】Zenfone 2 Laserに買い替えた!

こんばんは。日本にいる時はガラケーを使っていたきーきあっです。タイに住んでからも暫くはサムスンの600バーツくらいの小さい携帯を使っていたくらい、携帯には全くもってこだわりがないんです。ちなみにその携帯は周りから、エアコンのリモコンと言われバカにされていました(笑)

スマホとの出会い

もともと機械オンチだし、スマホ?別にいらないよ。携帯は電話できればいいんだよなんてずっと思っていたんです。

でも、ふとしたはずみでスマホを買って使ってみたところ、
「何これ?すげー便利じゃん!」
と、感激し、道具を使う事を覚えたチンパンジーのようにスマホを使い始めたのです。そんなくらいですから、LINEなんてものも使い始めたのはつい2年くらい前だし、Twitterなんて先月くらいからやり始めた原始人です。
ちなみに初代スマホはSONYのエクスペリアでした。初めてのスマホだったし、高いのなんていらないと、一番安い3,000バーツ弱のものを使っていました。

初めてのスマホとの別れ。そして2台目との出会い

最初はそのスマホでも別に問題なかったのですが、やはり最安値。他のスマホと比べると、画面の動きが明らかに重いし、Wi-Fiの感度も悪い。初めの頃は満足していた僕も、贅沢になってきたのか、そのあたりを不満に感じ始めたのです。これはそろそろ買い替え時かな。新しいスマホを買おうかななんて話を、彼女や職場の仲間に話していたのです。

そんな昨年の12月、出勤途中に、なんとバスの中に携帯を忘れてきてしまうという失態を犯し、失くしてしまったのです。

しかも彼女の名義で携帯を借りており、ポストペイド契約なので悪用されたら通話料金がかかってしまいます。僕は慌てて会社から彼女に連絡し、事情を説明しました。彼女はすぐ携帯会社に連絡し、停めてくれました。更にその日の夜、仕事を終えて家に帰ると、テーブルの上には小さな箱が。

なんと彼女が僕に新しいスマホを買ってくれたのです。その箱の横には手紙があり、一足早いクリスマスプレゼントだよと書いてあったのです。

携帯を失くし、新しい携帯を彼女に買ってもらう。周りからはダメ男、ヒモ野郎との有り難いお言葉をいただきました。また、中には
「彼女に買ってもらうために、わざと携帯を失くしたのでは?」
なんて、こちらがドキッとするような指摘をする人もいました。ウソです。ドキッとなんてしてません。でも、確かに散々周りに買い替えると言っていた矢先に失くしたので、そう思われても仕方ありません。

そんな中で手に入れた2代目スマホはLGの携帯でした。初代と比べて抜群に画面の切り替えも、電波の入りもよく、やっぱりこれだよな、これがスマホだよなと、分かったような顔で、新しいスマホを使っていたのでした。

2台目との別れ

そんな彼女に買ってもらった大事な携帯ですが、先月ディスプレイにヒビが入ってしまったのです。心当たりがなく、気がついたらヒビが入っていました。
幸い画面の端の方だったので使う上で影響はないのですが、それでも彼女に見せると、修理に出した方がいいよと言われ、MBKに持っていくことにしました。

しかし、僕の持っているLGのスマホは、ディスプレイの部品がないと、あちこちの店で断られてしまいます。彼女はそれなら新しいスマホを買った方がいいよとアドバイスしてくれます。でもせっかく彼女に買ってもらった大事なスマホです。しかもまだ半年も経っていません。彼女に申し訳ないので、

「いや大丈夫、たかがディスプレイをやられただけだ!」(アムロ・レイ風に)
と、僕はまだ使う宣言をしたのです。ちなみにそのスマホはこちらです。

きーきあっIMG_5085-20160606 きーきあっIMG_5086-20160606

3台目よこんばんは

そんな僕のいじらしい!?言葉を聞いた彼女は、なんとこう言ったのです。

「じゃあ、少し早い誕生日プレゼントで買ってあげる!」

なんということでしょう!(今度はビフォーアフター風に)
半年前に少し早いクリスマスプレゼントとしてスマホを買ってくれた彼女が、今度は少し早い誕生日プレゼントとして、またもスマホを買ってくれるなんて。確かに僕の誕生日は7月ですが、流石に2台目も買ってもらうなんて、申し訳ないです。僕も一度は断りました。自分で買うよと。でも彼女は私が買うと主張します。

そこまで言われたら僕も、
「え、いいの?なんだか悪いなあ。」
とお言葉に甘えることにしました。最低です。ええ、ヒモ野郎ですとも。

そんな訳で、サイアムパラゴンへスマホを買いに行きました。僕が選んだスマホはこちらです。

きーきあっIMG_5087-20160606

ASUS(エイスースと呼ぶようですよ)のスマホ、【Zenfone2 Laser】です。ASUSは台湾のメーカーのようです。
実は買ってもらうことが決まってから色々と調べたのですが、買ってもらうのに図々しくない価格帯(そもそも買ってもらうことが十分図々しいですが)で、どれが良いかとチェックしていたら、こちらのスマホにたどり着いたのです。

ちなみにお値段は6,990バーツ(約21,000円)。いや、十分図々しいですね。やっぱりヒモ野郎と呼んでください。彼女に、
「これがいいんだけど・・・」
と言うと、
「OK!」
と二つ返事で了承してくれました。

彼女がお会計を済ませ、店員にSIMの入れ替えと簡単な設定をしてもらい、3代目(3台目)スマホこと【Zenfone 2 Laser】は僕のものになったのでした。

しかしこれだけでは終わりません。前回の失敗を糧に、MBKへ行きモニターのガラス加工をしてもらったのです。これでスマホの画面が割れる心配もなくなりました。このお値段は200バーツ(約600円)。あ、これは自分で払いましたよ。

彼女と別れてから、家に帰るまでの間に、LINEやTwitterをインストールし、今まで使っていた状態に戻しました。

で、【Zenfone 2 Laser】はどうなのよ?

まださっき帰ってきたばかりでほとんどいじくっていませんが、やっぱりいいです!2台目のLGよりも一回り大きいのですが、使いやすさはこちらの方が断然上。サクサク動きます。細かなスペックなんかは、ど素人の僕が説明しても訳が分からないし、そもそもそんな解説なんかはできませんが、とりあえず、

イイ!

とだけ言っておきます。(なんじゃそりゃ)

どうやらASUSは【Zenfone 3】を日本でも発売するようですが、僕は今日手に入れたこの【Zenfone 2 Laser】を、彼女に感謝しつつ大事に使っていきますよ。今度こそ失くしたり壊したりしないようにします。

最後に新旧のスマホを並んだ記念写真を載せて、終わりにしたいと思います。

きーきあっIMG_5084-20160606

それではまたまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です